「日清ラ王タテカップ」シリーズの王道しお味タンメン

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩」。「日清ラ王」シリーズの新商品で、今回新たに全国発売になった「日清ラ王タテカップ」の一品です。この前食べた「やさいタンメン醤油」は今回の全国展開を機に新発売された商品でしたが、今回の「やさいタンメン塩」と近いうち食べる予定の「やさいタンメン味噌」は継続商品となっています。このブログでは未食だったので食べてみたいと思います。「味噌」はたぶん週末にレポする予定です。タンメンといえばしお味というイメージがあるので、このシリーズ3品の中でセンターポジションに位置どる商品かと思われます。柳田選手ですね。私の中では森政権時代の秋山選手か天才前田選手ですが。



商品概要

品名:日清ラ王タテカップ やさいタンメン塩
メーカー:日清食品
発売日:2018年1月29日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(香味油)
定価:税別180円
取得価格:税込116円(イオン)

栄養成分表

1食61g(めん40g)あたり
エネルギー:234kcal(めん・かやく184kcal スープ50kcal)
たん白質:5.6g
脂質:6.0g
炭水化物:39.5g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.6g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:90mg



野菜の甘さがダイレクトに伝わるしお味のタンメンスープ

スープは「野菜の旨みが溶け込んだ、シンプルで飽きのこない味わいの塩スープ」に、「炒めた野菜の風味が際立つ香味油」が別添とのこと。野菜の甘みが強く出たしお味のスープです。この前食べた「醤油」と比べて、より野菜の甘みがダイレクトに伝わってくる感じがしました。タンメンらしくかなり甘いです。これにこのシリーズの売りである「香味油」の野菜を炒めた風味加わり、タンメン感がいっそう強くなります。この風味はかなり強く、お店で食べるアツアツのタンメンの臨場感をよく再現できていました。またこの香味油によって、カロリーの小ささの割にこってり感もあり、なかなかの優れものです。「醤油」に比べてタンメンとしてだいぶ自然な味で、さすがこのシリーズのセンターなだけあると思います。

湯戻し時間を長めにするとスープに馴染んでくる全粒粉入り中細ノンフライ麺

麺は「全粒粉入りの3層ストレートノンフライ麺」とのこと。「醤油」と同様、全粒粉入りが視認できる中細ノンフライ麺です。規定戻し時間の5分で食べ始めるとちょっとかための食感で、麺のデキは価格帯が違うので致し方ないところではあるものの本家「日清ラ王」には劣ります。ただ、ゆっくり食べていると後半戦はかなりしっとり感が増していき、生麺っぽくなってきます。湯戻し5分ではちょっと短い印象でした。麺が硬いうちはスープの中で少し存在が浮いている感じがしましたが、時間経過とともにしっとりしてくるとスープと馴染んできました。結構細いので湯戻しも短めで良いのかと思いきやそうでもないんですよね。湯戻し時間を長めにとるのをオススメします。

タンメンらしく野菜のみの具

具は「キャベツ、ニラ、コーン、パプリカ、チンゲンサイ」とのこと。「醤油」に入っていたネギがチンゲンサイに置き換わっています。また、キャベツの量が少なくなり、代わってコーンが多く入っていました。単なる個体差かもしれません。カップの大きさの割には野菜の量が豊富ですが、価格を考えるとそうでもありません。コーンやパプリカによって彩りがありましたが、キャベツが少なかったことでメインとなる存在がなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「醤油」に比べて今回の「塩」は野菜の甘みをダイレクトに感じられるスープで、香味油による炒めた野菜の風味が加わることにより、担々麺としての臨場感が強かったです。麺は湯戻し時間を長めに取ることでしっとり感が増してスープと馴染みますが、規定時間の5分で食べ始めるとやや硬めでスープの中で浮いている感じがしました。基本的にはタンメンらしい味でおいしい一杯ですが、税別180円という価格を考えれば麺の量が少なく、具ももう少し充実して欲しかったですね。あまりガッツリ食べるには向いていない商品です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加