「平昌2018冬季オリンピック日本代表選手団応援 旨辛トリオ」のカップヌードル

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味」。定番「カップヌードル」シリーズの新商品で、「平昌2018冬季オリンピック日本代表選手団応援 旨辛トリオ」の3品のうちの1品。2018年1月22日(月)発売の商品なので、ちょっとだけフライングのレポとなります。韓国で開催されるオリンピックということで、「オリンピックトリオ」の3品はいずれも韓国料理の味をカップ麺で再現したものとなっています。今回のカップヌードルは純豆腐(スンドゥブ)味。日清のスープ「純豆腐」の豆腐が入っていると面白いんですが、どうなんでしょうか。



商品概要

品名:カップヌードル 旨辛チーズスンドゥブ味
メーカー:日清食品
発売日:2018年1月22日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

栄養成分表

1食77g(めん60g)あたり
エネルギー:367kcal(めん・かやく303kcal スープ64kcal)
たん白質:7.9g
脂質:17.0g
炭水化物:45.5g
食塩相当量:4.2g(めん・かやく1.6g スープ2.6g)
ビタミンB1:0.83mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:107mg



チーズのまろやかさが際立ったスンドゥブ味のスープ

スープは「海鮮だしをベースにチーズのコクを加えた旨辛でまろやかな味わい」とのこと。海鮮味ベースのスープで、唐辛子の辛さはほどほど、ピリ辛程度かと思います。少しだけ辛い海鮮味のスープにチーズがたくさん加わることにより、まろやかな味に仕上がります。スンドゥブとしてはニンニクとかごま油の味が希薄なためあまり本格感はないですが、チーズの強いスンドゥブは日清ならではのアレンジで、これはこれでかなりおいしいです。うまくカップ麺らしい味に落とし込んでいて、チーズが酸味よりもまろやかさが前に来ることにより、唐辛子や海鮮味ととてもよくマッチしていました。スンドゥブと聞くともっと辛いイメージがありますが、購買層の広いカップヌードルにあわせ、しっかりおいしくありつつも、ある程度誰でも食べられる味に作ってきているのはお見事でした。チーズが印象的なスープでおいしかったです。

いつものカップヌードルの麺らしくスープとの相性は良い

麺は「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。いつものカップヌードルの麺よりひとまわり太く感じましたが、湯戻し時間の多少のズレだけで太さがだいぶ変わってしまう麺のため、実際のところは同じ麺かもしれません。さすが万能麺だけあり、今回のスープとも相性はとても良かったです。スープの味を前面に押し出しつつ、多少のジャンク感やスナックっぽさを醸し出していて、良いバランス。いつものカップヌードルの麺の役割をしっかり果たしていました。この麺があるからこそ、カップヌードルはどんな味でもカップヌードルなんですよね。

たくさんの豆腐と卵、チーズはお湯を入れるとスープに溶け出す

具は「チェダーチーズ風キューブ、たまご、豆腐、ネギ」とのこと。「純豆腐」の主役である豆腐ですが、日清のスープ「純豆腐」で使われているような大きくてほろほろ崩れるあの豆腐ではなく、普通にカップ麺で使われている豆腐で、カットはカップ麺としては少し大きめでした。スープの「純豆腐」で使われている豆腐が入っていたらすごいことだと思っていましたが、そうではなかったです残念。でも豆腐はかなりたくさん入っていて食べ応えがあります。豆腐を食べている実感を間違いなく持てます。チェダーチーズもたくさん入っていましたが、お湯を入れると溶け出してしまい、具としてはほとんど存在を感じませんでした。スープのチーズ味として活きています。甘いたまごも良い仕事をしており、まろやかなチーズとかなり相性が良かったです。カップヌードルは具の豊富さも売りのひとつですが、今回の一杯も豆腐や卵でなかなか具だくさんです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
海鮮ベースのスンドゥブスープとまろやかなチーズの相性がバツグンで、かなりおいしいスープでした。私は正直言うと、チーズの入ったカップ麺はあまり好きではないのですが、今回のスープは文句なし。チーズが入っている方が明らかにおいしいと思います。辛さがないので韓国料理のスンドゥブチゲのような本格感は得られないものの、このチーズのまろやか味は必食ものです。また、豆腐がかなりたくさん入っていて食べ応えあるのも良かったです。間違いなく良品。おすすめです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加