1992年の「日清ラ王」復刻版を現行の「日清ラ王 背脂コク醤油」と食べ比べ

今回のカップ麺は、日清食品の「日清ラ王 復刻版しょうゆ」。「日清ラ王」シリーズの新商品です。「日清ラ王」が最初に発売された1992年当時の味を再現したとのこと。当時は生タイプ麺でしたが、今回はその生タイプ麺をノンフライ麺で再現したとのことで完コピではないですが、それでも当時の味を再び食べられるのはうれしいことです。とは言っても、当時話題になっていた「日清ラ王」を食べて、幼い時の味覚ながら正直私はあまりおいしいと感じませんでした。生タイプ麺が私の舌には合わず、麺が伸びているように感じたのと、麺の水っぽさでスープがうすく感じたのをハッキリ覚えています。今回の復刻版は果たしてどんな味なのか、せっかくなので現行の「日清ラ王 背脂コク醤油」と食べ比べながらレポしていきたいと思います。


左が「日清ラ王 復刻版しょうゆ」で右が「日清ラ王 背脂コク醤油」。

商品概要

品名:日清ラ王 復刻版しょうゆ
メーカー:日清食品
発売日:2018年1月8日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・粉末スープ・かやく)
定価:税別220円
取得価格:税込237円(イオン)

栄養成分表

1食91g(めん65g)あたり
エネルギー:286kcal(めん・かやく262kcal スープ24kcal)
たん白質:7.6g
脂質:4.7g
炭水化物:53.2g
食塩相当量:5.9g(めん・かやく1.5g スープ4.4g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.27mg
カルシウム:133mg

麺の違い


日清ラ王 復刻版しょうゆ」の麺。生タイプ麺をノンフライ麺で再現したという麺は、縮れが強くて透明感があります。


こちら「日清ラ王 背脂コク醤油」の麺。ストレート形状で太め。復刻版と現行品ではだいぶ形状が違うことがわかります。

両者だいぶ異なる見た目


日清ラ王 復刻版しょうゆ」の完成写真。細かい具がたくさん入っていて賑やかです。わかめまで入っているとは。


こちらは「日清ラ王 背脂コク醤油」。「復刻版」に比べるとだいぶすっきりしていますね。

いろんな味がしているがどれも強くなくあっさりしているスープ

スープは「鶏ガラと豚骨をベースに香味野菜のうまみとガーリック、ペッパーをきかせたしょうゆ味」で、「発売当時の味わいに仕上げ」たとのこと。鶏ガラベースのかなりあっさりめのしょうゆ味のスープです。あっさりはしていますが味は雑然としており、野菜や胡椒の味、ガーリックの風味などいろんな味を感じ、最近の淡麗系しょうゆラーメンのようなすっきりした味ではないです。どれかの味が特に強いというわけではなく、どの味にもパンチを感じません。こういう味は、なつかしさとともに、逆に最近のラーメンにはない新鮮さを感じます。昔デパートの上の方にあった大食堂みたいなところで食べたラーメンに似ている感じがします。それに対して現行品の「日清ラ王 背脂コク醤油」は、ハッキリした鶏ガラに背脂の風味、香り強めのしょうゆが効いていて、復刻版に比べてすっきりしていながら、それぞれの味にパンチがあってエッジの効いた味です。当然といえば当然ですが、現行品の方が今風の味でおいしいと感じます。ただ、1992年当時の味と今の味を比べて、味の変遷を体感できるのはとても面白いと感じました。特に現在の味の方が味のエッジの効き方がかなり強いのが、時代の潮流というか、大きな流れなのかなと思います。私のような(断じて)若い味覚を持っていると現行品の方が食べやすいですが、特に年配の方を中心に、昔の味の方が良いと思う人も少なくないと思います。色んな味がするけどどれも強くなくてあっさりな復刻版、シンプルだけどエッジが効いていて強い味の現行版といった感じでしょうか。総合商社と専門商社だとちょっと違うかな。でもそんな感じです。

1992年当時の生タイプ麺を再現した中細ノンフライ麺

麺は「20番の切刃で切り出した3層ノンフライの縮れ麺」で、「発売当時の生タイプ麺の食感をノンフライ麺で再現した、つるみともちもち感が特長」とのこと。中細で縮れのあるノンフライ麺です。昔ながらの多加水麺といった印象で、ちょっと軽くていかにも伸びやすそうな食感です。1992年当時の生タイプ麺もこんな感じだったなぁと思い出しました。現行麺のようなコシはなく、ちょっとふにゃふにゃな感じが、とてもよく再現できていると思います。それでも当時の生タイプ麺に比べて水っぽさを感じないため、当時よりだいぶおいしい麺だと思います。うまく表現できないですが、かなりクラシックな麺という印象です。それこそラーメン店ではない食堂で出てきそうな麺ですね。現行のもっとおいしい麺を作れる技術がある中で、こういう麺を再現する技術力って実はものすごいことなのではないかとちょっと思いました。一方の現行品「日清ラ王 背脂コク醤油」の麺は、比べてみるとひと回り太い上、コシが強く、形状もストレート。特に小麦感が全く異なっており、麺の猛烈な進化を感じます。スープと同じく、麺も時代の変遷を感じられて興味深いです。当然現行麺の方が遥かにおいしいのですが、復刻版の麺に懐かしさを感じてとても良かったです。

種類が多いが主役のいない具の構成

具は「もやし、ネギ、コーン、チャーシュー、わかめ」で、「発売当時の具材構成を再現し」たとのこと。スープ同様、具も雑然としていますね。どれかに集中するのではなくいろいろ入れてみた感じが古臭さを感じます。もやしとわかめが同時に入ったしょうゆラーメンというのは現在ではなかなかないのではないでしょうか。チャーシューは細切れであまり存在感ありません。一方の現行品「日清ラ王 背脂コク醤油」の具は、すっかり日清の定番となった大判乾燥チャーシューがどっしりと構え、他は焼のりとネギ。入っているものも違いますが、ここでも(例えが適切かわかりませんが)総合商社と専門商社の違いが見て取れます。現行品の方が大物が入っていてシンプル。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
正直、復刻版のみを食べるのなら、現在のカップ麺の味を食べ慣れていると、味にパンチがなくて物足りなく感じると思います。なので評価は★3としておきます。現行品は★4と★5の間くらいです。しかし、現行品と食べ比べると、時代の変遷による味の違いがはっきりわかり、とても興味深いです。いろんな味が感じられるもののどれも強くないあっさりスープから、シンプルな構成ながらそれぞれの味が強くてパンチのあるスープに変わっていっているのがとても面白かったです。なかなか2つのカップ麺を同時に食べるのはキツいかと思いますが、同時に食べ比べてこそ価値のある商品かと思います。同時に食べて体感できるノスタルジーがありました。もちろん、昔ながらのあっさり味が好きな人にとっては単体で食べても十分に価値があるでしょう。次回はみその復刻版に挑戦します。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加