街の大衆食堂や学生食堂のカレーをイメージしたニュータッチ「懐かしの」シリーズの商品

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 懐かしのカレーラーメン」。昨年12月4日発売の商品です。ニュータッチの「懐かしの」シリーズの商品です。懐かしのカレーラーメンということですが、カレーラーメンにあまり「懐かしい」というイメージが私の中ではないので、どんな味なのか逆に楽しみです。メーカーサイトには「街の大衆食堂や学生食堂のカレーをイメージした」と書かれているので、懐かしの「カレーラーメン」ではなくて懐かしの「カレー」ということなのでしょうか。北海道の苫小牧や室蘭のご当地ラーメンであるカレーラーメンはかなりこってりしていますが、おそらくもっとあっさりめの味なんだと勝手に想像しています。



商品概要

品名:ニュータッチ 懐かしのカレーラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2017年12月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ粉末スープ・かやく)
定価:税別140円
取得価格:税別95円(西友)

栄養成分表

1食83g(めん65g)あたり
エネルギー:378kcal
たん白質:6.7g
脂質:14.4g
炭水化物:55.5g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.4g スープ1.5g)



鶏と野菜の味がよく出たあっさりカレー味スープ

スープは「野菜の甘みとチキンの旨みが効いた昔ながらのカレー味のラーメンスープ」とのこと。あっさりめのカレー味のスープです。スパイス感がないわけではないですが、鶏のだしが強く出たスープで、野菜の甘みも感じられ、やわらかい味のカレースープに仕上がっています。この味が「昔ながらのカレー味」なのかはちょっとよくわからなかったですが、確かに本格的というよりも家庭的といったイメージに近いと思います。私の場合だと、懐かしいカレーといえば鶏よりも豚なんですが、世間的には鶏にも懐かしさを感じるのでしょうか。辛さはほとんどなく、辛いものが苦手な人でも十分に食べられる味でした。激辛好きの人だと物足りなさを感じると思いますが、「懐かしのカレーラーメン」と聞いて激辛を求めることはまずないですよね。

中細油揚げ麺でカレースープとのバランスがとれている

麺は「ツルツルとした舌ざわりとしっかりとしたコシを兼ね備えたフライ麺」とのこと。中細の油揚げ麺です。ニュータッチの他の商品でも使われている汎用的な麺かと思われます。油揚げ麺臭を感じる麺ですが、今回弱いとはいえカレー味のスープなので、油揚げ麺臭はスープによってかなり消されていたので目立っていませんでした。スープと麺のバランスはなかなか良かったです。少しソフトな食感の麺なので、やわらかい今回のスープと相性が良く感じられました。安っぽさは否めないものの、実際安価な商品なのでこれで良いと思います。

蒸し鶏肉が風味豊かで意外に本格感がある

具は、「蒸し鶏肉、コーン、ニンジン、グリーンピース」とのこと。蒸し鶏肉は量はそれほど多くないものの、食感と味は非常に良くできています。特に口に入れた時にふわっと感じる鶏の風味がちょっと本格感あります。安価商品で具には大きな期待を寄せていなかったので、ちょっとびっくりするデキでした。あと面白い具はグリーンピース。これも量は少ないです。ミックスベジタブルのグリーンピースを思い浮かべて食べるとかなりかたいです。スープに沈めておいて後半戦で食べるのが良いかと思います。コーンやニンジンも含め量は価格なりなものの、彩りは豊かな具の構成でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「懐かしのカレーラーメン」の正体は、鶏と野菜の味がよく出たあっさりカレー味スープでした。本格的なカレーだったリ濃いカレーだったりはしませんが、鶏と野菜のやわらかい味が家庭的な味を思わせるものでした。スパイス感も辛さもあまりなかったものの、安価性品なので本格感を求める必要はないかと思います。具は少ないですが蒸し鶏肉の意外な風味の強さと、グリーンピースが面白い、価格なりではあるけどおいしい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加