昨年も発売されていた「スーパーカップ ブタキムうどん」

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 ブタキムうどん」。大盛カップ麺の定番「スーパーカップ」シリーズの新商品で、いつものラーメン版の「ブタキム」と同じように、コンビニ限定商品です。昨年も「ブタキムうどん」出ていたので、2年連続の登場となります。昨年の「ブタキムうどん」とは中身がは異なっているようで、麺もカドメンのうどんに変更になっています。今年の「ブタキムうどん」はどんな味なのか楽しみです。



商品概要

品名:スーパーカップ1.5倍 ブタキムうどん
メーカー:エースコック
発売日:2017年12月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食108g(めん90g)あたり
エネルギー:472kcal(めん・かやく380kcal スープ92kcal)
たん白質:9.7g
脂質:17.1g
炭水化物:69.9g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく0.9g スープ2.0g)
ビタミンB1:0.32mg
ビタミンB2:0.33mg
カルシウム:227mg



うどんらしく和風だしの強く効いた「ブタキム」スープ

スープは「ポークエキスをベースに、ガーリックや唐辛子、カツオの旨みを加えた、ピリッと辛味のある魚介豚骨醤油スープ」で、「別添の調味油を加えることで、豚とキムチを炒めたような風味が香り立ち、より一層食欲をそそ」るとのこと。ブタキムの味でありながら、うどんのつゆらしく和風だしの効いているスープです。どちらかと言うと和風だしのほうが強めで、ブタキムの味は和風だしのうどんつゆの中で彩りを加えている印象です。ラーメン版「ブタキム」のスープのような強いパンチはなく、基本的にはうどんのつゆの味で、辛さも控えめ。パンチの強かった昨年の「ブタキムうどん」のスープに比べるとちょっと大人しくなった感じがしました。もうちょっとブタキムらしさが前に出てきても良かったのかなと思います。

噛み応え十分のカドメンのうどん

麺は「しっかりした弾力があり、口の中で存在感のあるカドメンのうどん」とのこと。太い油揚げ麺のカドメンうどんです。昨年のものに比べて縮れが弱くなり、麺の噛み応えに力強さが増した感じがしますが、昨年の麺もかなり強い麺だったので、カドメンになったから劇的に良くなったという印象はありません。スープとのバランスはよく取れており、強い存在感のある油揚げ麺でも、今回のブタキム和風だしもうどんつゆとしては強いのでしっかりマッチしていました。スープと麺の相性は良いと思います。

キムチはそこそこの量だが豚肉は物足りない

具は「程良く味付けした豚肉、シャキシャキとした食感の良い白菜キムチ、かまぼこ、ねぎを入れ」たとのこと。かまぼこ以外は「ブタキム」に入っている具と概ね同じで、全体量はちょっと少ないですかね。昨年はきざみ揚げが入っていてうどん感がもっと強かったですが、今年は具については本家に寄せてきていました。キムチの量はそこそこあって、味もキムチそのものでした。しかし豚肉は少ないです。私の手にした個体だと大きい豚肉は1つしか入っておらず、「ブタキム」というには物足りなかったですね。「スーパーカップ」シリーズはどれも基本的に具は少ないのでしょうがないところですかね。PB商品など100円程度の大盛カップ麺に比べれば量は多いと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
和風だしを強く効かせた今年のスープは、昨年の「ブタキムうどん」に比べるとパンチが弱い印象です。辛さもピリ辛以下で、「ブタキム」要素はだいぶ減退したように思います。それでもキムチ風味のうどんのつゆとしてきちんとおいしかったですが、「ブタキム」と名のつく商品に求めるられる味はもっと激しいものなんじゃないかと感じました。カドメンに変更になった麺とスープのバランスはよく、「ブタキム」と考えなければきちんとまとまっている商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加