とんこつしょうゆラーメンの有名店「ラーメン横綱」の再現商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ラーメン横綱 豚骨しょう油」。京都に本店を置き、関西や東海地区を中心に店舗展開するとんこつしょうゆラーメンのお店「ラーメン横綱」の再現商品です。今回はリニューアル商品となっていて、主な変更点が「正麺カップ」でも使われている麺になったことだそうです。このブログではどんぶり型の「ラーメン横綱」は6年半以上ぶりでかなり久々に食べることになるので、またあの太いとんこつを味わえるのか楽しみです。スープの力強さは健在なのでしょうか。



商品概要

品名:マルちゃん ラーメン横綱 豚骨しょう油
メーカー:東洋水産
発売日:2017年12月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく2袋)
定価:税別270円
取得価格:税込259円(イオン)

栄養成分表

1食115g(めん65g)あたり
エネルギー:376kcal(めん・かやく266kcal スープ110kcal)
たん白質:14.7g
脂質:9.7g
炭水化物:57.4g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.7g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.61mg
ビタミンB2:0.29mg
カルシウム:380mg



太いとんこつとしょうゆの強い風味が特徴のとんこつしょうゆスープ

スープは「ポークをベースに、野菜の旨味や香辛料をバランスよく利かせた、豚骨醤油味のスープ」とのこと。太いとんこつと強いしょうゆの風味が特徴のとんこつしょうゆスープです。とんこつの厚みは以前の6年半以上前にこのブログで食べた時と同様で、しょうゆの強い風味も相まって、かなり骨太の印象を受けます。スープをこってりだと感じる場合の多くは油が多いことが多いですが、このスープはとんこつの太さとしょうゆの強さでこってり感を出しています。油分はそんなに強くは感じません。少し甘さも感じ、これは鶏や野菜なのかなと思います。フロントに強いとんこつやしょうゆの風味、そして下支えとして鶏や野菜が効いており、よくできたスープだと思います。硬派なとんこつしょうゆスープですね。かなりおいしいです。

以前より自然な食感の多加水ノンフライ麺

麺は「生麺のようななめらかな口当たりと、やや硬めで歯切れの良い食感が特長の麺」とのこと。中太の多加水ノンフライ麺です。「正麺カップ」で使われている麺の白っぽい色バージョンかと思われます。以前食べた「ラーメン横綱」の麺は、もっと光っていてゴリゴリした、いかにも多加水麺という麺でしたが、今回の麺は自然な食感の麺になっています。今回の麺の方がだいぶ本格感があって良いのではないかと思います。実際のお店の麺はもっと細いようで、再現性はイマイチなのかと推察するものの、とんこつとしょうゆの強いスープとの相性はよく、スープと麺のバランスはバッチリでした。

FDのチャーシューは肉感があり食べ応え十分だが、脂分がなくジューシーさには欠ける

具は「FDチャーシューブロック、メンマ、ねぎ」とのこと。FDのチャーシューはさすがの肉感です。量も結構入っていて食べ応えがあります。ただ、脂分がない肉なので、ジューシーは欠く印象。フリーズドライは油との相性が悪いそうなので、こってり系カップ麺でチャーシューにFDを使うのはなかなか難しいのかもしれませんね。他にはメンマとネギが入っています。実際のお店では卓上にネギが置かれていて使い放題そうです。今回の商品でもネギは結構たくさん入っていて、力を入れている感じが伝わってきました。メンマはしょうゆ味との相性がバッチリです。メンマもっと大ぶりならうれしかったんですけどね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
以前の太いとんこつは今回も健在で、しょうゆの風味の強さも相まって、かなり濃厚なスープに仕上がっていました。こってり感が強いのに油分が少ないのも大きな特徴ではないかと思います。今回リニューアルポイントとなった麺は、以前よりも自然な食感の多加水麺に変更になっており、強いスープとの相性もかなり良かったです。定価税別270円ではおいそれと手を出しにくいですが、価格に見合うデキのおいしい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加