東ハトのスナック菓子「帰ってきた暴君ハバネロ」のラーメン

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「暴君ハバネロ ウマ辛ラーメン」。前回の焼そばに引き続きローソン限定商品で、東ハトのスナック菓子「帰ってきた暴君ハバネロ」をカップラーメンで再現した一杯です。前回食べた焼きそばに比べるとカップの大きさがだいぶ小さいのでインパクトがないように見えてしまいますが、こちらもしっかり食べてみたいと思います。もうひとつ「スープ春雨」も同時発売されています。焼そばはストレートに感じられる唐辛子の辛さが好感持てる一杯でしたが、こちらラーメンの方は果たしてどんな味となっているのでしょうか。



商品概要

品名:暴君ハバネロ ウマ辛ラーメン
メーカー:サンヨー食品(ローソン限定商品)
発売日:2017年12月5日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スパイス)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食95g(めん70g)あたり
エネルギー:411kcal(めん・かやく328kcal スープ83kcal)
たん白質:11.3g
脂質:14.5g
炭水化物:58.8g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.7g スープ1.5g)
ビタミンB1:3.42mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:232mg



唐辛子がストレートに感じられるスープ

スープは「暴君ハバネロの味わいをそのままに、ラーメンでアレンジ」し、「辛さのなかにも、チキンやポテトのうまみが感じられる味わいに仕上げ」たとのこと。鶏ベースのしお味のスープです。別添で「特製スパイス」が付いていますが、入れずにそのまま飲んでもピリ辛以上の辛さはあると感じました。しかしやっぱり主役は特製スパイス。これを入れることで辛さが大幅に増し、「暴君ハバネロ」らしくなります。スパイスを全部入れると辛さは一応激辛レベルにはなるものの、とんでもなく辛いというほどにはならず、焼そばと同じように常識的な辛さにとどまります。そしてこれもやはり焼そば同様、スープの他の味がそれほど強く前に出てこないため、唐辛子の辛さをストレートに感じられる味に仕上がっていました。「暴君ハバネロ」をイメージするならもっと辛くする方が良かったように思うものの、唐辛子を主役に据えるカップ麺としては悪くない、唐辛子の味をしっかり味わえる「暴君ハバネロ」らしいスープでした。

油揚げ麺臭が目立たずスープとのバランスは良い

麺は、赤く色のついている中細の油揚げ麺です。色は赤いものの、原材料に唐辛子等の記載がないため、単に赤く着色された麺かと思われます。色以外は一般的なヌードルタイプの麺で、カップヌードルに比べると少し厚みがあります。前回食べた焼そばでは油揚げ麺臭がかなり前に出てきてしまっていましたが、今回は麺自体にしっかり味付けが施されており、油揚げ麺臭はそれほど目立つわけではありませんでした。麺が強く前に出てこないため、唐辛子だけではなくスープのチキンの存在もきちんと感じられるバランスとなっていました。軽い食感でスナック菓子らしくて良いのではないかと思います。

卵とキャベツの甘さが辛いスープの中で際立つ

具は、キャベツ、鳥豚味付肉そぼろ、味付卵、ねぎ。キャベツと卵がなかなかたくさん入っていて、具は賑やかな印象を受けます。一本調子の辛みのスープなので、キャベツや卵の甘さが際立ちます。特に卵の甘さはスープととてもよくマッチしていました。ネギも結構たくさん入っていて、ネギの風味がアクセントになっていました。肉そぼろは他の具に比べるとそれほど目立ってはいなかったですね。赤いスープに卵の黄色とキャベツやネギの緑がよく映えていました。前回の焼そばと比べるとだいぶ具は充実していると思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「暴君ハバネロ」を冠する商品としては少し辛さが物足りない印象でしたが、ストレートに唐辛子の辛さを感じられるスープはなかなかおいしかったです。油揚げ麺の味が前に出てこないので、焼そばに比べてスープと麺のバランスは良く感じられました。卵やキャベツがたくさん入っている上、両者の甘みが辛いスープの中で映えており、よくまとまったおいしい一杯でした。もっと辛ければなお良かったんですけどね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加