タテ型大盛商品の定番「本気盛」シリーズの新商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 濃厚豚骨魚介」。タテ型大盛商品の定番である「本気盛」シリーズの新商品です。今回の味は「濃厚豚骨魚介」。東洋水産のルールで、「豚骨醤油」だと「豚骨」メイン、「醤油豚骨」だと「醤油」メインというルールがあるみたいなので、今回の「豚骨魚介」ならば「豚骨」メインということでしょうか。本気盛の麺はかなり主張の強い麺なので、スープにも存在感の強さで麺とバランスをしっかり取ってもらいたいところですが、「魚介」の強さが有効だと思うので、豚骨だけではなく魚介にも期待したいところ。果たしてどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要

品名:マルちゃん 本気盛 濃厚豚骨魚介
メーカー:東洋水産
発売日:2017年12月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スープ)
定価:税別210円
取得価格:税込192円(イオン)

栄養成分表

1食114g(めん80g)あたり
エネルギー:483kcal(めん・かやく371kcal スープ112kcal)
たん白質:14.9g
脂質:19.9g
炭水化物:61.1g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく1.0g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.39mg
ビタミンB2:0.36mg
カルシウム:205mg



ガツンとくる魚介が特徴の「豚骨魚介」醤油味のスープ

スープは「ポークをベースに、かつお・さば・煮干しの旨味をバランスよく利かせた、濃厚でとろみのある豚骨魚介スープ」とのこと。とんこつベースのしょうゆ味のスープです。しょうゆは結構濃いめに効いており、「豚骨魚介」というよりは「豚骨魚介醤油」という味でした。とんこつはベースとしてしっかり豚の旨みを出しているものの、味の主張は控えめで、下支えに徹している印象です。スープの中で最も目立っていて主役として君臨していたのは魚介でした。ガツンとくる魚介味で、これはかなり食べ応えがあります。「本気盛」でイメージする強い味そのものといった味で、うまいですなぁ。しっかりとんこつが下支えとして効いているからこその、グラつかない魚介味という感じがしました。非常に濃いので、薄味嗜好の人はちょっとお湯多めでも良いのかもしれません。「豚骨魚介」よりも「魚介豚骨醤油」の方が商品名としてふさわしかったように思います。

濃いスープがうまく「本気盛」の太い油揚げ麺を制御している

麺は「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。太くて縮れの強い、やや平打ちの油揚げ麺です。いつもの「本気盛」シリーズの麺ですね。この麺はよっぽど濃くて主張の強いスープ相手でなければ一人で暴走してしまう存在感の強い麺ですが、今回の魚介としょうゆの濃いスープとはしっかりバランスが取れていました。特に魚介のパンチが強いため、麺自体の味が前に出てくることなくスープの味を楽しめました。太い油揚げ麺というのを正直そんなにおいしいと思ってないので、濃いスープによって存在感が目立たなくなるのは非常にありがたいです。このスープと麺の相性の良さは、シリーズ1、2を争うのではないかと思います。太い本気盛の油揚げ麺を制御するモデルケースでしょう。本当は麺を改めてもらいたいところですが。

濃くて甘い味付けの豚肉と、魚介としょうゆのスープと相性の良いメンマ

具は「味付豚肉、味付挽肉、メンマ、ねぎ」とのこと。豚肉は少しかための食感で、肉感があり、濃くて甘い味付けをすることで、濃いスープの中でも存在感が際立っていました。いかにも肉!という感じで、本気盛のイメージにぴったりだと思います。この豚肉に加えて挽肉も入っていてこれはこれでおいしいものの、挽肉の分も全部豚肉で良かったかなと思います。そしてメンマも結構量が入っていて、魚介としょうゆのスープと相性バッチリでした。この味のスープだとメンマは欠かせない感じがしたので、しっかり入っていてくれて良かったです。いつも具が豊富な「本気盛」シリーズにあっては、今回ボリュームがあるとは言えないものの、豚肉とメンマはとても素晴らしかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
魚介の強く効いたとんこつしょうゆ味のスープは、本気盛のイメージにピッタリの濃い味で、ガツンとくる魚介がたまらなくおいしかったです。スープが濃いことにより懸案の「本気盛」の主張の強い麺をうまく制御できており、スープと麺のバランスの良さも光りました。また、具の豚肉とメンマも良い仕事をしており、かなりデキの良い一杯に仕上がっています。これはオススメしたい商品です。薄味嗜好の人には向かない商品ですが、濃い味が大丈夫で魚介が大好きなら満足できる商品だと思います。最近の「本気盛」シリーズは以前よりずっとデキが良いと感じています。次の商品も楽しみですね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加