「博多水炊き風」スープと「太モチカドメン」のスーパーカップ

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ1.5倍 ご当地鍋博多編 水炊き風塩ラーメン」。前回に引き続き、「スーパーカップ」シリーズの新商品です。前回の「ご当地鍋」は「札幌編」でしたが今回は「博多編」で、「水炊き風塩ラーメン」です。博多で食べたわけではないですが、以前に博多水炊きの店で鍋を囲ったことがあり、そのおいしさに目玉が飛び出して行方不明になったことがあります。探すのに苦労しました。新開発された「鍋で煮込んだような太くてモチモチの“カドメン”」を使用しており、スープとこの太い麺のマッチングがおいしさの鍵となるかと思います。どんな一杯に仕上がっているのでしょうか。



商品概要

品名:スーパーカップ1.5倍 ご当地鍋博多編 水炊き風塩ラーメン
メーカー:エースコック
発売日:2017年12月4日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末スープ・かやく)
定価:税別200円
取得価格:税込116円(イオン)

栄養成分表

1食106g(めん90g)あたり
エネルギー:446kcal(めん・かやく382kcal スープ64kcal)
たん白質:9.0g
脂質:13.5g
炭水化物:72.1g
ナトリウム:2.7g(めん・かやく1.0g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:223mg



太い鶏だしと柚子胡椒のパンチが特徴のスープ

スープは「博多地鶏のガラから抽出したエキスを使用した水炊き風塩ラーメンスープ」で、「ほのかにゆず胡椒の風味を加えることで、本格的な水炊きらしさを演出し」たとのこと。太い鶏のだしが特徴のスープです。鶏特有の甘さとまったり感があり、自然なとろみもまた鶏らしさを演出しています。これに柚子胡椒が入ることで香りとパンチも加わり、鶏の太さとパンチ力のあるスープに仕上がっていました。前回の「かに鍋風」に比べると鍋らしい味になっているのではないでしょうか。また、ラーメンのスープとしても、すっかり定着した鶏白湯スープの亜種として何ら違和感なくおいしいです。「札幌編」のスープ同様、「博多編」もかなりおいしいスープで、柚子胡椒を効かせてくるあたりはちょっとスーパーカップのイメージとは違う芸の細かさを感じました。

「太モチカドメン」と鶏の太いスープの相性は悪くなかった

麺は「しっかりとした弾力があり、口の中で存在感のある太モチのカドメン」とのこと。太い油揚げ麺です。前回の「札幌編」と同じく、いつもの「カドメン」よりひと回り太い麺となっています。噛み応えも「カドメン」らしくかなりガッシリとしており、存在感がとても強い麺です。これだけ太くて主張の強い麺ですが、スープに鶏の太さと柚子胡椒のパンチがあるため、バランスは悪くは感じませんでした。「かに鍋風」のようにかにの「風味」が目玉となるスープだと主張が強すぎて風味をかき消す厳しい麺だと思うものの、今回のスープは柚子胡椒の柚子を除くと「風味」ものではないので、麺の存在感の強さが致命的にはなっていないです。もうちょっと麺がおとなしい方がもっとバランスが良くなる気はしますが、スープの味もきちんと感じられる悪くない相性でした。ただやっぱりこの噛み応えだと、「鍋で煮込んだような」麺とするのはちょっと無理があると思います。

「スーパーカップ」シリーズらしく、それほど充実していない具

具は「キャベツと程良く味付けした鶏肉そぼろ、彩りの良いねぎ、ふんわりとした食感の卵を入れ」たとのこと。キャベツが多少たくさん入っていますが、全体的には具の貧弱なスーパーカップらしさを踏襲しています。前回「札幌編」の「かに風かまぼこ」のような存在感ある具は入っていませんでした。鶏肉そぼろのデキがかなり安っぽいのが気になります。また卵は本来なら色味的に目立っても良さそうですが、今回はスープが白色で、他の味(色)のスープの中に入るのと比べて目立ちませんでんした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
今回、「札幌編」に続いて「博多編」を食べましたが、太い鶏のだしと柚子胡椒のパンチの効いたスープは飲み応えのあるおいしさで、新開発の「太モチカドメン」との相性も悪くなかったです。スープは鶏と柚子胡椒の味なのでそれなりに鍋らしさはあるものの、麺には「鍋で煮込んだような」雰囲気はなく、鍋を再現したラーメンとしては少し微妙なのかなと思います。鶏白湯ラーメンの変わり種としては十分においしく、「札幌編」同様に満足できる一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加