山形県鶴岡市にある冬季限定のラーメン店「中華そば処 琴平荘」

今回のカップ麺は、東洋水産の「中華そば処 琴平荘 中華そば」。ファミリーマート・サークルK・サンクス限定商品です。山形県鶴岡市にある旅館が毎年冬期間限定でオープンさせるラーメン店「中華そば処 琴平荘」の一杯を再現した商品です。お店のファンがかなり遠くからでも足を運ぶ知る人ぞ知る名店だそうです。都会ではなく周りにあまり建物もないような場所で大行列ができる様子はちょっと異様な空間のように見えます。それだけ多くの人を惹きつけるラーメンの雰囲気をカップ麺で手軽に食べられるのはありがたい話です。どんな味の一杯なのでしょうか。



商品概要

品名:中華そば処 琴平荘 中華そば
メーカー:東洋水産(ファミリーマート限定)
発売日:2017年11月28日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・かやく・焼のり)
定価:税込278円
取得価格:税込278円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食105g(めん65g)あたり
エネルギー:331kcal(めん・かやく258kcal スープ73kcal)
たん白質:11.2g
脂質:6.8g
炭水化物:56.3g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.8g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:154mg



鶏ガラに魚介の効いたあっさりしょうゆ味スープ

スープは「鶏をベースに魚介ダシを利かせた芳醇な醤油味スープ」とのこと。鶏ガラをベースに魚介を効かせたしょうゆ味のスープです。非常にあっさりしていますが、鶏と魚介、特にホタテとサバの味がしっかり効いています。表面に浮いている鶏油のふわっと香る風味もあり、かなり飲ませるスープに仕上がっていました。舌の横に少し苦味を感じる魚だしの味が後を引きます。ただ、琴平荘のスープの大絶賛されている評判を見てしまうと、そこまでの再現性はないのではないかと感じます。カップ麺としてはおいしいスープなのは間違いないものの、カップ麺で繊細なあっさり系スープの再現をするのには限界があり、使う素材の質で顕著に違いが出てしまうあっさりスープだと、強い味で何とかなってしまうこってりスープと比べて難しいように思われます。じわじわとくるおいしいスープではありますが、税込278円に見合うスープかは微妙な印象でした。

「マルちゃん 正麺カップ」で使われているような多加水ノンフライ麺

麺は、中太のノンフライ麺です。「マルちゃん 正麺カップ」シリーズで使われているような、多加水ノンフライ麺です。お店で使われている自家製麺もかなり加水の多い麺のようなので、カップ麺最強の東洋水産製多加水麺を合わせるのは必然と言えるでしょう。お店の麺を画像で見た感じだと、今回使われている麺と同じような太さに見えました。なので、きちんと再現している麺なのだと思われます。ただ、今回のスープに押しの強さが少ないため、麺ももう少し細くしてバランス取ったほうが良いのではないかと感じました。決して悪いバランスではないのですが、スープに比して少し麺が勝ち気味のように感じました。私の好みの部分も大きいものと思われます。

チャーシュー2枚&焼のり2枚でゴージャスな具の構成

具は、焼豚、メンマ、のり、ねぎ。チャーシューは2枚入っていてさすが高価格商品なだけあります。お店のチャーシューは肉!って感じの無骨でかなりおいしそうなものなのですが、今回のチャーシューは肉感に欠けていてちょっと安っぽかったです。日清食品の製品でたまに出てくる、おなじみの乾燥チャーシュー2枚入りみたいなインパクトはなかったです。焼のりも2枚入っています。チャーシュー2枚の上に焼のりも2枚というのはなかなかゴージャスですよね。しょうゆ味のスープとのりの相性もバッチリです。スープに浸した焼のりをごはんに巻いて食べたいです。炭水化物過多になるので最近はやらないですけどね。他、メンマやネギといったしょうゆラーメンに欠かせないキャストもしっかり揃えており、具は価格相応によくできていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
鶏ガラベースに魚介のしっかり効いたあっさりしょうゆ味のスープで、カップ麺としてはレベルの高い味であることは間違いないです。ただ、あっさり味スープのお店で供する臨場感をカップ麺で再現するのはなかなか難しいようで、税込278円に見合う味かは少し微妙なところだと感じました。正麺カップで使われているような高品質な多加水ノンフライ麺や、チャーシュー2枚&焼のり2枚の充実した具を含め、今回は価格相応と判断して★3としました。コスパを考えなければおいしい一杯です。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加