明太子の「かねふく」監修のカップ焼そば

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 かねふく監修 ピリ辛明太子味 焼そば」。明太子の「かねふく」監修による商品です。サンヨー食品からは定期的に「かねふく」監修のカップ麺が出ているのですが、このブログではそれほど紹介できておらず、とんこつラーメンと焼そばを1度ずつ、いずれもハンサム氏がレポしていました。今回久々の「かねふく」監修商品のレポとなります。この商品はおそらくスーパー主体に売られていてコンビニではなかなか手に入らないかもしれませんが、スーパーでは定価より安く手に入ります。たらこのカップ焼そばといえば「俺の塩」が有名ですよね。俺の塩おいしいのでこちらも楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 かねふく監修 ピリ辛明太子味 焼そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年11月27日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(特製粉末ソース・調味油)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食99g(めん85g)あたり
エネルギー:464kcal
たん白質:10.2g
脂質:20.9g
炭水化物:58.8g
ナトリウム:1.8g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:218mg



鉄板のたらこバター味のソース

ソースは「かねふく明太子を使用した、辛みのある明太子パウダーを使用」し、「明太子のうまみとピリッとした辛みがクセになる味わい」で、「バターの風味を付与し、ほんのり香るバター風味が明太子の味わいとよくあい、食欲をそそ」るとのこと。しお味ベースの焼そばソースです。たらこの味に加え、バターの風味を感じるのが大きな特徴となっています。たらこバターという鉄板な味にしたら、もうおいしいのは決まっていますよね。誰が食べてもおいしいと思うだろう味に仕上がっています。焼そばというよりパスタですね。辛さはほとんど感じないので、辛いのが苦手な人でも十分食べられる味だと思います。バターの味を弱めに効かせることで、あくまで主役は明太子だというのをきちんと表現できていました。

カップ焼そばとしては細い、縮れの強い油揚げ麺

麺は「表面に張りがあり、適度なコシとしなやかさが特徴」で、「ちぢれのついた細麺のため、ソースがよく絡」むとのこと。縮れのついた細い油揚げ麺です。カップ焼そばとしてはかなり細い部類の麺で、「俺の塩」の麺と細さや食感は近いのではないかと思います。ソースがそれほど強い味なわけではないものの、油揚げ麺臭が変に前に出てこないバランスになっており、ソースと麺の相性は良かったです。麺が細いので、カップ焼そばの麺としては一般的な量でもそれなりに食べ応えがあります。太いと一瞬でなくなりますからね。悪目立ちせずにきちんとソースを立てる良い麺だと思います。

少量の明太子そぼろとキャベツが入っている

具は「明太子味そぼろは、かねふく明太子を使用しており、口の中でうまみと辛みが広がり、ソースとの相性が抜群」で、「キャベツのシャキシャキとした食感が食欲をそそ」るとのこと。カップ焼そばらしく、入っている具は少量の明太子そぼろとキャベツのみで貧弱です。明太子そぼろはソースに使われている明太子ペーストとは別のもので、彩りとしては明太子使用を主張できているものの、味としてはそれほど寄与は大きくなかったです。明太子味のメインはソースの明太子パウダーでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
たらこバター味のソースで、これは鉄板味で文句なくおいしいです。「俺の塩」では使われていないバターを使っているというのがかゆいところに手が届く感じで良いと思います。ただ、それほど辛さが強いわけではなく、また、あまり「かねふく」明太子使用のメリットもないのかなという感じがしました。普通においしいたらこバター味。価格を考えるとこんなものだろうとは思いますが、「かねふく」の冠を背負う以上は何かワンパンチ欲しい商品でもありました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加