吉岡里帆さん考案のラー油の入った鴨だしそば

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば」。前回に引き続き、吉岡里帆さん考案の「日清のどん兵衛」シリーズ新商品です。今回は「ラー油香る鴨だしねぎ」ということで、前回のうどんよりはガツンとした味を期待できそうです。見た感じそんな奇抜な味でもなさそうだし、普通においしそうですよね。レギュラー商品で「鴨だしそば」があるので余計そう感じるのかもしれません。「鴨だしそば」との違いにも注目しながら食べてみたいと思います。



商品概要

品名:日清のどん兵衛 ラー油香る鴨だしねぎ太そば
メーカー:日清食品
発売日:2017年11月20日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(液体つゆ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込105円(イオン)

栄養成分表

1食99g(めん66g)あたり
エネルギー:388kcal(めん・かやく327kcal スープ61kcal)
たん白質:10.1g
脂質:17.3g
炭水化物:47.9g
食塩相当量:6.5g(めん・かやく1.6g スープ4.9g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:117mg



鴨脂とラー油が調和してやさしく効いているつゆ

つゆは「ラー油の香りを感じる、鴨の脂のうまみがきいた甘辛つゆ」とのこと。少し甘さのあるしょうゆの強めのつゆで、鴨脂がしっかり効いています。レギュラー商品の「鴨だしそば」と比較すると、相対的に鴨脂は弱いように思います。その分、ラー油を感じることができますが、それほど強く効いているわけではなく、辛さもピリ辛以下。ほんのり香る程度でした。もうちょっとガツンとラー油が効いていると思ってたんですけどね。かなりやさしい味に仕上がっていました。「鴨だしそば」のように鴨が強いわけでもなく、ラー油も強いわけでもなく、ちょっと中途半端な味の印象を持ちましたが、今回のうどんとそばの2品はそういうやさしい味、今回なら鴨脂とラー油の調和がコンセプトなんでしょう。

つゆの押しが強くないため、そばの味をいつもより強く感じる

麺は「どん兵衛ならではの、すすり心地のよいまっすぐな太そば」とのこと。どん兵衛らしいストレートに近い形状の油揚げ麺そばです。「太そば」と書いているのでいつもの麺より太いと思われますが、あまり太いようには感じませんでした。つゆの押しがそれほど強くないため、麺のそばの風味をしっかり感じることができ、これがなかなか良いです。油揚げ麺なのにきちんとおそばの香りを楽しめるのは良いですね。いつものどん兵衛のつゆよりやわらかい味なのが奏功していました。いつもに比べて少し麺が勝ち気味のバランスでしたがおいしかったです。

彩りが豊かな具の構成

具は「下仁田系ねぎ、鴨つくね、揚げ玉」とのこと。「鴨だしそば」と同じ具の構成で、ネギのカットが大きい上にたくさん入っていて食べ応えがあります。甘みがあっておいしいので、たくさん入っているのはうれしいですね。鴨つくねも5個くらい入っていて、きちんと鴨肉の味を楽しめるデキになっています。食感も良いです。揚げ玉はそれほど量は入っていないものの、口に入った時の香ばしさが良いですね。前回食べたうどんと比べて今回の具はきちんとボリュームがあって良かったと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「ラー油香る鴨だしねぎ」という名前を見て結構ガッツリくる味なのかなと思って食べましたが、「鴨だしそば」に比べると鴨脂が弱く、またラー油の効きも強くないため、前回食べたうどんと同様、やさしい味に仕上がっていた印象でした。つゆの押しが弱いため麺のそばの風味がしっかり感じられたのは良い部分でした。「鴨だしそば」やその他どん兵衛の商品に比べて大きなセールスポイントがない感じがしましたが、鴨脂とラー油の均整の取れたおいしい一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加