稀勢の里関でおなじみの「田子ノ浦部屋」監修の商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 田子ノ浦部屋監修 醤油ちゃんこラーメン」。稀勢の里でおなじみの「田子ノ浦部屋」監修の商品です。稀勢の里関が今場所初日に破れた時は、せっかくこの商品が今週出るのに大丈夫かと心配になりましたが、2日目からは勝っているのでちょっと安心。と思ってたら4日目負けて2勝2敗かぁ。怪我があって横綱昇進後はきちんと相撲がとれていない状況ですが、今場所は後半の巻き返しに期待しています。さて今回の商品、田子ノ浦部屋監修のシリーズですが、今回しょうゆとしおの2種類が同時発売。まずはしょうゆの方から食べてみたいと思います。



商品概要

品名:サッポロ一番 田子ノ浦部屋監修 醤油ちゃんこラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年11月13日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋
定価:税別180円
取得価格:税込105円(イオン)

栄養成分表

1食86g(めん55g)あたり
エネルギー:306kcal(めん・かやく261kcal スープ55kcal)
たん白質:7.7g
脂質:10.6g
炭水化物:45.0g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.6g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:227mg



あっさりめのしょうゆ味ながらガーリック、ジンジャーで派手めな味に仕上がる

スープは「チキンのうまみに、ガーリックやジンジャーをきかせた、かつお節エキスのうまみが特徴の、後味のすっきりとした醤油ちゃんこ風スープ」とのこと。あっさりしょうゆ味のスープで、ちゃんこ鍋っぽい鶏の味がしっかりしています。鶏油やかつおの味も効いており、その上でガーリックやジンジャーといったパンチのある味が加わることで、あっさりな割には派手さもある味に仕上がっています。鍋らしくありながらラーメンスープらしさもある、なかなか飲ませるスープだと思います。ちゃんこ鍋と言っても色んな味があるんでしょうが、やっぱり鶏の味がしっかりていると、いかにもちゃんこ鍋らしくて安心します。

太めで強い縮れのある油揚げ麺

麺は「もっちりとした粘りのある食感で、スープによく合う存在感のある中太ちぢれ麺に仕上げ」たとのこと。かなり縮れの強い中太の油揚げ麺です。縮れの強さでスープをよく拾うため、麺が太くてもスープとバランスはきちんと取れています。これたぶん縮れていなかったらだいぶ麺が勝ってしまうバランスになるのではないかと思います。安価商品なのでしょうがないですが、麺の質感にそれほど特徴的なものは見出だせず、どこにでもありそうな汎用的な麺のように感じます。外国食品の店で売っている鍋用の油揚げ麺みたいな感じで、逆にこういうのがちゃんこ鍋に入れる麺っぽくて良いのかもしれないですね。

鶏肉そぼろの生姜味と切り胡麻、黒胡椒は味の大きな決め手となっている

具は「キャベツのシャキシャキとした食感、鶏肉そぼろのうまみが食欲をそそり」、「切り胡麻の香ばしい風味がスープのおいしさを引き立て、粗挽き黒胡椒がその味わいにピリッとしたアクセントを与え」、「椎茸と人参を加えて、彩りよく仕上げ」たとのこと。具の全体量は少ないです。しかしながら鶏肉そぼろにつけられている生姜の味がかなり目立っていて、小さいそぼろなのに地味にすごいです。そして、切り胡麻と黒胡椒の味もスープにアクセントを加えていました。量は全然なのに、味を決定づける具の存在感の強さでした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
あっさりめのしょうゆ味に、ちゃんこ鍋らしくしっかりした鶏の味の効いたスープ。ガーリックとジンジャーで決め手をもたせ、あっさりな割には華やかな味で好印象。具の鶏そぼろの生姜味や、切り胡麻、黒胡椒のアクセントも特徴的な一杯でした。変わり種のしょうゆラーメンとして、スーパーで見かけたら選択肢に入れて良い商品だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加