「チャルメラ」の高級版?「極のチャルメラ」のとんこつラーメン

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ」。「極のチャルメラ」という「チャルメラ」ブランドの新商品ですが、見た感じ全然「チャルメラ」っぽさがないですね。あのおじさんがパッケージのどこにもいません。どちらかというと、「明星 バリカタ 濃厚とんこつ」とか「明星 ラーメンの底力 バリカタ極細麺と濃厚とんこつ」など、今まで出ていた明星のノンフライとんこつラーメンに近い気がしますす。一応、袋麺の「明星 ノンフライチャルメラ 豚骨 5食パック」の派生のようなのですが、パッケージの見ためではそんな感じはあんまりしません。果たしてどんな一杯なのでしょうか。



商品概要

品名:明星 極のチャルメラ バリカタ極細麺と濃厚とんこつ
メーカー:明星食品
発売日:2017年11月6日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく・あとのせかやく)
定価:税込230円
取得価格:税込248円(ローソン)

栄養成分表

1食100g(めん70g)あたり
エネルギー:383kcal(めん・かやく300kcal スープ83kcal)
たん白質:12.7g
脂質:11.7g
炭水化物:56.8g
ナトリウム:3.3g(めん・かやく1.1g スープ1.2g)
ビタミンB1:0.15mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:170mg



焦がしニンニクのほんのり効いた濃厚ながら臭みのないとんこつスープ

スープは「乳化感の強いポークエキスをたっぷりと使用した、濃厚でまろやかなとんこつスープ」で、「焦がしニンニクでアクセントを付けて、パンチのある味わいに仕上げ」たとのこと。ニンニクの風味の効いたとろみのある濃いとんこつスープです。濃厚ながらとんこつ臭はまったくなく、焦がしニンニクも主役になるほど強いわけではありません。やはり以前から出ていた「明星 バリカタ 濃厚とんこつ」などに近い印象のスープとなっています。臭いとんこつを食べたい人にはおすすめできないですが、濃厚なとんこつラーメンが食べたいけど臭いのは嫌だという人には向いているスープだと思います。個人的にはもっと尖った味で勝負して欲しかったところです。

バリカタ食感と粉っぽさ、生麺食感を併せ持つ極細ストレート麺

麺は「ラーメン店の粉っぽい麺質を表現した、硬め・極細・ストレートで歯切れが良いバリカタ麺」とのこと。明星食品お得意の、博多麺らしさの強い極細ストレート麺です。バリカタかため食感でありながら、博多麺らしい粉っぽさとか、生麺のようなしっとり感を併せ持つ麺で、相変わらず他社の追随を許さないすごい麺です。日清食品やヤマダイなど、おいしいノンフライ極細麺を作るメーカーは他にあるものの、ここまで生麺っぽい麺は他にないです。明星食品は日清食品グループに属する会社ですが、極細ノンフライ麺の技術は共有してないんだと思います。最近はカップヌードルリッチのフカヒレスープとかで、似たような技術を使っているように思うんですけどね。ほんとこの麺は素晴らしい。この麺というだけでこの商品は食べる価値があると思います。

具の量に不足感はなくニラが面白い存在だが、ネギが少ないのは物足りない

具は「チャーシュー、キクラゲ、ネギ、紅生姜チップの先入れかやくに、ニラ、切りゴマのあとのせかやく付き」とのこと。チャーシューは高価格帯商品としては小さくて、麺職人や麺づくりのチャーシューよりはちょっと良いくらいの品質かと思います。税別230円の商品に使われるチャーシューとしては役不足ですかね。キクラゲは結構たくさん入っていて食感も良いです。紅生姜チップは他の先入れ具と一緒に入っており、生姜が苦手な人もいるのでできるなら他の具とは別袋にしてもらいたかったころですが、それほど目立っている存在でもなかったので、ギリギリセーフかなと思います。そしてニラがおそらくこの商品の具で最も特徴的なもので、きちんとニラの味もしていて面白い存在でした。でもやっぱりとんこつにはニラよりネギが良いんじゃないですかね。ニラが入っている影響か、ネギの量はかなり少なくて物足りなかったです。ニラとキクラゲがそれなりに入っているため、具量に不足感はなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
今回「極のチャルメラ」の新商品を食べましたが、チャルメラっぽさは皆無でした。パッケージも中身もまるでチャルメラ要素がないです。今まで出ていたどんぶり型のとんこつラーメンを焼き直した感じです。今回はニラという新しい具が入ったものの、それだけでガラッと商品イメージが変わってチャルメラらしくなったとは思いませんでした。チャルメラではなくいつもの明星のとんこつラーメンです。極細麺は相変わらず他社の追随を許さず、これだけで食べる価値のある商品ですが、いつもの尖っていないとんこつスープに新鮮味はなく、もっと攻めて欲しかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加