コーンにじゃがいもにバターの、売りが盛りだくさんな「でかまる」の新商品

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン」。東洋水産の大盛ブランド「マルちゃん でかまる」シリーズの新商品です。今回は「じゃがバター風味コーン塩ラーメン」という、いろんなものを詰め込んだ味となっています。「でかまる」の季節商品の定番味である「コーン塩バター味」に、じゃがいもが加わった感じでしょうか。以前には「じゃが塩バター味」も出ており、こちらにはコーンも入っていたのでこれに近いのかもしれません。売りが盛りだくさんなこの商品、食べるの楽しみです。



商品概要

品名:マルちゃん でかまる じゃがバター風味コーン塩ラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2017年11月6日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・バター風キューブ)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食115g(めん90g)あたり
エネルギー:539kcal(めん・かやく451kcal スープ88kcal)
たん白質:9.7g
脂質:25.8g
炭水化物:67.0g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.7g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.38mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:230mg



しお味のベースにバター風キューブでほんのりバター味が加わるスープ

スープは「ポーク・チキンをベースに、野菜と魚介の旨味を加えた、コクのある塩バター味」で、「バター風キューブを使用し、本物のバターを溶かした時の臨場感を演出し」たとのこと。しお味ベースのスープで、野菜の味がよく出ています。バター風キューブはスープ量に比してそれほど大きくないため、味も控えめです。盛りだくさんな商品名の割には、スープにそれほど特徴的な味があるわけではなく、以前の「じゃが塩バター味」の時のようなホタテの強さがあるわけでもなかったです。このスープならば、もう少しバター風キューブが主張してきて良かったと思います。商品名を見てこの商品買う人は、もうちょっとガッツリとしたバターの味を望むのではないでしょうか。バター風キューブは溶かし切らずにスープ表面に残して食べる方が、バター味をきちんと感じられて良いのではないかと思います。

いつもの「でかまる」の丸麺ではないがスープとのバランスは良い

麺は「スープのりが良く、なめらかな食感の、丸刃で切ったやや太めの油揚げ麺」とのこと。中太の油揚げ麺です。いつもの「でかまる」の麺に比べると切り口は丸くなく、少し平べったく感じます。どこからが丸くてどこからが平打ちなのか、麺の形状の定義はよくわかっていないので申し訳ないですが、今回は私にとっては丸麺と感じなかったです。スープが濃いめなので、太めの油揚げ麺でもしっかりバランスは取れています。丸麺とは感じなかったものの、麺量が多くて食べ応えもあるので、問題なく「でかまる」らしさを発揮している麺でした。

皮付きポテトが味も食感も素晴らしい

具は「ポテト、コーン、ねぎ、ごま」とのこと。ポテトは大きめにカットされた皮付きのものでおいしいです。皮もきちんと味と食感で表現できていました。量もそれなりにきちんと入っていて、これはかなり優秀な具ではないでしょうか。そしてもう一方の雄コーンも、いつもの「コーン塩バター味」に比べるとさすがに量は少なかったものの、しっかりたくさん入っていました。シャキシャキはしておらず、ちょっと粘り気食感のコーンで、私にとっては好きなタイプのコーンでした。きちんとポテトとコーン両雄並び立っていました。あとはゴマですが、ややメインを張る味が弱いスープの中にあって、ゴマの香ばしい風味はかなり活きていたので、もうちょっと量があるとさらに良かったですかね。パセリでパンチを効かせても良かったかも。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
具の皮付きポテトとコーンはきちんと商品名の「じゃがバター風味コーン塩ラーメン」を体現できていました。一方でスープは具に比べると弱く感じられ、一本主役になる味があって欲しかったです。大盛商品のスープ量の割にバター風キューブが少ないように感じました。溶け切らせずに表面に浮かせて食べるのが良いです。ドカンとバター味が強く効いてくれていれば、「でかまる」らしい食べ応えある一杯になったのではないかと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加