「きのこ庵」の久々の新商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 きのこ庵 2種のきのこうどん」。「きのこ庵」シリーズの新商品は久々でしょうか。久しく新商品は出ていなかったように思います。今回「うどん」と「そば」の2種類新商品が出たので、どちらも食べてみたいと思います。まずはうどんから。定価180円で、コンビニよりもスーパーで見かける商品となっていて、おそらく定価販売ではなく、ある程度ディスカウントして販売されることを念頭に置いた商品かと思われます。



商品概要

品名:サッポロ一番 きのこ庵 2種のきのこうどん
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年10月30日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食66g(めん50g)あたり
エネルギー:292kcal(めん・かやく230kcal スープ62kcal)
たん白質:4.7g
脂質:11.2g
炭水化物:43.2g
ナトリウム:1.3g(めん・かやく0.4g スープ0.9g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:199mg



あっさりながら太い昆布が特徴的な関西風のうどんつゆ

つゆは「瀬戸内産煮干しや利尻昆布、かつおのうまみをきかせ、淡口しょうゆですっきりとした味わいに仕上げたうどんつゆ」とのこと。しょうゆの味が前に出てこない、あっさり味のつゆです。淡口しょうゆ使用でしょうゆの色の黒さが抑えられており、関西風のつゆですね。味はあっさりしているものの、思いのほか昆布に太さがあって、ベースの強さを感じます。あっさりダシ系の味に魅力を感じていない私でもわかる、強く感じる昆布が特徴的でした。微かに鼻に抜けるかつおの風味を感じ取れましたが、つゆ主役は昆布です。これくらいわかりやすい味にしてくれると、うどんの魅力をわかっていない私でもきちんと味を理解できるのでありがたいです。おいしいつゆでした。

平打ちでしっとり感のある油揚げ麺のうどん

麺は「もっちりとしてボリューム感のある太麺」で、「うどん特有のツルミとボリューム感をだした食べ応えのある麺」とのこと。平打ちで太めの油揚げ麺のうどんです。どん兵衛や赤いきつねに比べると横にひと回り太く、どん兵衛の麺に近いしっとり感のある麺でした。太い麺なので油揚げ麺臭を強めに感じるものの、うどんの場合、油揚げ麺臭がおいしさにつながる場合が多いように思います。油揚げ麺臭も含めて、昆布の太いあっさりつゆとよくマッチしていました。ただ麺量がちょっと少ないですかね。定価180円あたりで手に入れるとするなら、ちょっと物足りない量だと思います。太い麺であることも含め、あっという間に食べ終えてしまいました。

細かいぶなしめじと細切りのしいたけがたくさん入っている

具は、「ぶなしめじ、しいたけ、かき卵、ねぎの組合せ」とのこと。細かいぶなしめじと細切りのしいたけがたくさん入っています。さすが「きのこ庵」という名前だけあって、きのこはなかなか充実しています。味はしいたけの方が強く出ていて、昆布だしのつゆの中でしいたけの香りがよく映えていました。ぶなしめじは細かいものがたくさん入っているため、麺を啜る度に口の中に入ってきて、食感として存在を主張していました。どちらのきのこも、この一杯の中で大きな役割を担っていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
定価180円の商品としてはボリューム感に欠けるものの、昆布だしのしっかりしたつゆと、ぶなしめじとしいたけの量は満足できるもので、おいしい一杯でした。定価は180円ですが、おそらくある程度ディスカウントされることを想定していると思われ、安く手に入るならばそれだけ価値が高まる商品かと思います。香りのしいたけ、食感のぶなしめじの役割分担がきちんとしていて、よくできた商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加