東京幡ヶ谷にあるミシュランガイド掲載の有名店「金色不如帰」の再現商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「金色不如帰 濃厚貝だし醤油そば」。ローソン限定商品です。「金色不如帰」は東京幡ヶ谷にある有名店で、ミシュランガイドに連続で掲載されているお店としても有名です。この店のラーメンは以前にもサンヨー食品のどんぶり型カップ麺として販売されており、今回の「醤油そば」はそのタテ型版といったところでしょうか。今回同時発売の「裏 極にぼ」は完全な新作のようです。以前どんぶり型で出ていた「醤油そば」は、貝だしが非常に強くておいしかったので、廉価版である今回の一杯にも強い貝だしを期待したいですね。楽しみです。



商品概要

品名:金色不如帰 濃厚貝だし醤油そば
メーカー:サンヨー食品(ローソン限定)
発売日:2017年10月24日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食97g(めん70g)あたり
エネルギー:426kcal(めん・かやく331kcal スープ95kcal)
たん白質:8.7g
脂質:17.7g
炭水化物:58.0g
ナトリウム:2.6g(めん・かやく0.8g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg



貝押しのわかりやすい味のスープ

スープは「貝の奥深いうまみが感じられる淡麗系醤油味に仕上げ」たとのこと。雑味の少ないすっきりとしたしょうゆ味のスープに、強烈に貝だしが効いています。特にあさりの味が強く感じられ、舌の横にくるほろ苦い味がとても心地よいスープとなっていました。以前のどんぶり型の時もおいしかったですが、今回もしっかりおいしいです。どんぶり型のスープと違って、「仕上げの小袋」に入っている油に少しバターっぽい風味があり、一方でどんぶり型のスープと比べると、多少単純化された味となっているように思います。貝押しなのは相変わらずで、価格を考えると十分にわかりやすくおいしいスープだと感じました。タテ型商品のスープとしてはかなりよくできていると思います。油揚げ麺と合わせる場合、スープの味の機微はなかなか伝わってこない場合が多く、それならわかりやすい味に置き換えてしまおうという意図があるように感じました。もちろんまったくの推測ですがw

全粒粉入りの中細油揚げ麺

麺は、小麦中に全粒粉を5%使用した中細油揚げ麺。全粒粉入りの中細油揚げ麺で、白い麺の中に全粒粉が入っているのがきちんと確認できます。やわらかい食感の麺で、ちょっと細いですが、イメージ的には「サッポロ一番塩らーめん」の麺に近いのかなと思います。形状的にはお店の麺に寄せている印象ですが、食べてみるとサンヨー食品らしさ全開の麺といった印象でした。油揚げ麺としての主張は強くないため貝だししょうゆスープの味を邪魔しておらず、スープと麺の相性は素晴らしかったです。この麺ならどんなあっさりスープでもきちんとスープを立てて相性良さそうです。

しょうゆ味のスープとよくあうメンマがたくさん入っている

具は、味付豚肉、メンマ、ねぎ。豚肉は量はそれなりに入っているものの、それほど肉感を感じないタイプ。以前のハムっぽいやつに比べるとだいぶマシなようにも感じますが、コスト抑え気味の肉といった印象です。メンマはカップの形状に比してかなりたくさん入っており、しょうゆ味のスープとよくあっています。私なんか単なるメンマ好きですが、しょうゆ味のスープとメンマってほんとよくあいますね。ちょっと意外なほどメンマがたくさん入っていたのはうれしかったです。お店再現ものとしては、具のボリュームは十分なのではないかと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
「金色不如帰」のどんぶり型商品で出ていた「醤油そば」と比較すると、スープの貝だしのキレは多少劣っていましたが、価格を考えれば十分な味のスープで、わかりやすい貝押しとすっきりしたしょうゆ味が特徴のおいしい一杯でした。油揚げ麺ながら強く主張してこない麺がスープとよくマッチしており、また具の大量メンマもしょうゆ味スープとよくあっていて、完成度の高い商品だと感じました。この貝の強さはなかなかお目にかかれないレベルで、間違いなく食べて損のない商品だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加