「麺LABOひろ」はミシュランガイド掲載の焼鳥店出身の方のラーメン店

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 ラーメンぴあ 麺LABOひろ監修 鶏そば醤油」。「ラーメンぴあ」というムック本の推奨ラーメン店「麺LABOひろ」監修による商品です。「麺LABOひろ」は、東京目黒にあるラーメン店で、2016年にオープンしたまだ歴史の浅い店ですが、ミシュランガイドに掲載された焼鳥店「やき鳥まさ吉」出身の方が開業したというかなり珍しいお店となっています。焼鳥店出身だから鶏を使っているのかはわからないですが、「鶏そば」が看板メニューのようです。開業間もなくカップ麺になるからには相当な実力のお店なんでしょうね。カップ麺も食べるのが非常に楽しみです。



商品概要

品名:明星 ラーメンぴあ 麺LABOひろ監修 鶏そば醤油
メーカー:明星食品
発売日:2017年10月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(後入れ調味油)
定価:税込205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食92g(めん75g)あたり
エネルギー:418kcal(めん・かやく357kcal スープ61kcal)
たん白質:9.7g
脂質:18.0g
炭水化物:54.3g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.8g スープ1.6g)
ビタミンB1:1.06mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:115mg



甘めのしょうゆ味に強い鶏油と鴨のアクセントが特徴のスープ

スープは「チキンエキスをベースに、宗田節、煮干、昆布などの魚介だしを合わせた、コクのある醤油スープ」で、「別添の調味油で鶏油と鴨肉の風味が加わり、鶏の旨みが詰まったスープのおいしさがさらに引き立」つとのこと。鶏の香りが強い、ちょっと甘めのしょうゆ味のスープです。鶏はかなり厚く、鶏油がふわっと香るのが心地よいです。食べていて鶏以外にも後を引く風味を感じて、この味は何なんだろうと思っていましたが、上記の商品説明を見て納得、鴨肉なんですね。鴨肉の味が、鶏が強い中でしっかり効いています。これは芸が細かい。しょうゆは一本強い香りがあるものの味としてはやわらかめ、魚介も控えめで、鶏油と鴨が前に出てきていました。カテゴリとしては鶏なんですが、単なる鶏のスープじゃないぞという意気を強く感じました。鶏油とともに、しょうゆの甘さと鴨の香りが印象的でした。

しっとりなめらかで上品な食感の油揚げ麺

麺は「お店の麺をイメージした、しなやかでありながら、しっかりとした食感の中細麺」とのこと。しっとりなめらかで上品な食感が特徴の中細油揚げ麺です。この麺は以前もしお系の別の商品で使われていた麺と思われますが、ノンフライ麺と見紛うレベルの上品な麺で、繊細な味のスープと相性がとても良いです。ノンフライ麺の技術がよくピックアップされますが、油揚げ麺も細麺に関しては技術が着実に向上しているのを感じます。油揚げ麺でありながら油揚げ麺臭が前に出てこず、ちょっと生麺っぽい風味が感じられます。麺の主張がそれほど強くないため、鶏主体のスープともよくマッチしていました。この麺おいしいなぁ。単に私が細い麺が好きというだけの可能性もありますが、すごく良い麺だと思います。

具の総量は少ないが、蒸し鶏はカットが大きく食べ応えがある

具は「蒸し鶏、メンマ、ネギを組み合わせ」たとのこと。具の総量は他のお店再現商品同様、ちょっと少ないです。蒸し鶏は少し大きめのカットで、量はそれほど多くないものの、1つ1つには食べ応えがあります。きちんと鶏の食感を感じられるのも良かったですね。メンマは少し小さめの上、量も少ないのは残念ではあるものの、しょうゆ味のスープとよく合っていました。鶏もメンマももっと食べたかったですが、スープと麺がかなり高品質なので諦められるレベルではないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
新進気鋭のお店の再現商品ということで期待して食べましたが、期待以上においしい一杯でした。鶏油の強いスープに、しょうゆの甘さと鴨の味で奥深いスープだと感じるとともに、ノンフライ麺と見紛う上品な食感の中細麺がスープと抜群の相性を見せていました。実際のお店のラーメンはどれほどおいしいんだろうと、妄想が膨らむ一杯に仕上がっていると思います。私なんか自慢じゃないですが結構な天邪鬼なので、「ぴあ」という文字を見ただけで、みんながもてはやすなら自分はいいやと思ってしまうんですが、今回はきちんと飛びついておいて良かったです。ぴあさん変な先入観持ってごめんなさいw

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加