ワンタンの入った「マルちゃんごつ盛り」シリーズの新作!

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん ごつ盛り コク塩ワンタンラーメン」。大盛カップ麺の王者「マルちゃんごつ盛り」シリーズの新作です。「ごつ盛り」シリーズでワンタンが入っているのは、ごつ盛りしょうゆ味と同じ構成ですね。安価商品なのにワンタンが入っていて、今回もかなりのコスパの良さが期待できそうです。主張の強い油揚げ麺と、主張が控えめ傾向のしお味スープの組み合わせに多少の不安は感じますが、楽しみな一杯です。



商品概要

品名:マルちゃん ごつ盛り コク塩ワンタンラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2017年10月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末スープ・特製油)
定価:オープン価格
取得価格:税込131円(セイコーマート)

栄養成分表

1食117g(めん90g)あたり
エネルギー:585kcal(めん・かやく490kcal スープ95kcal)
たん白質:12.2g
脂質:31.1g
炭水化物:64.0g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.8g スープ1.7g)
ビタミンB1:1.46mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:221mg



鶏油のふわっと感じる鶏の風味が特徴のスープ

スープは「鶏の旨味を強く利かせた、クリーミーで濃厚な塩味のスープ」で、「特製油付き」とのこと。鶏の味のしっかりしたスープです。鶏油が強く効いていて、ふわっと感じる鶏の味が大きな特徴となっています。鶏油が使われているためこってり感があり、ごつ盛りらしい味わいとなっていました。スープ自体はそれほど奥行きを感じないしお味なんですが、とにかく鶏油が強く押されており、鶏の味とこってり感を満喫できます。大盛安価商品なのでおそらくスープにコストを多く割くことは難しいと思われる中、ある意味割り切った鶏油押しなのではないかと感じます。鶏油しか語ることがないのにおいしいスープ、これはかなり素晴らしいことなのではないかと思います。

中細油揚げ麺使用でしお味スープとのバランスはとても良い

麺は「なめらかで歯切れが良く、弾力のある麺」で、「オニオンとガーリックで風味を付け、スープとの相性を良くし」たとのこと。中細の油揚げ麺です。油揚げ麺臭はあるんですが、中細麺なので主張はそれほど強くなく、しお味のスープとよくマッチしています。食べる前に懸念していた油揚げ麺としお味スープのマッチングの悪さは杞憂に終わり、普通に相性の良い組み合わせでした。大盛商品で食べ応えを重視するとどうしても太麺にしたくなるものだと思うのですが、そこを敢えて細い麺にしていることが、ごつ盛りシリーズの良いところだと感じています。

4個のワンタンによるボリューム感と、鶏油の勝ったスープの中で映えるごまの風味

具は、「ワンタン、味付挽肉、ごま、ねぎ」とのこと。ワンタンは4個入っていました。東洋水産のワンタンらしい皮の勝ったものではあるのですが、それでも廉価大盛カップ麺でワンタンがキッチリと4個入っていることに価値を感じます。なかなかのボリュームでした。そしてワンタン以上に価値を感じたのがごまの存在で、鶏油だけならやや単調に感じてしまうだろうスープの中で、このごまがきっちり風味を効かせていることで、飽きがこず食べ切ることができました。ごまはほんと素晴らしいですね。ワンタンでボリューム感を出しつつ、ごまで味もアップさせ、よくできている具でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
鶏油の風味がとても心地よいスープで、具のごまとの取り合わせもよく、素晴らしい一杯でした。中細麺使用でしお味スープとのバランスも良く、また4個入ったワンタンでボリューム感もあり、突き抜けた味てはいないのだけどケチのつけるところもない商品。廉価大盛商品としてはとてもよくできていると思います。コスパ最強クラスの商品で間違いないです。ライバルとなるPB商品には負けないという、強い意志を感じる商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加