「どん兵衛」の「創作系うどん」第4弾はグリーンカレーうどん!

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん」。「日清のどん兵衛」の新作で、「創作系うどん」シリーズの第4弾となります。今まで出た日清のどん兵衛の創作系うどんシリーズは以下の通り。

・「日清のどん兵衛 ギョーザラブうどん
・「日清のどん兵衛 カルボナーラうどん
・「日清のどん兵衛 明太子クリームうどん

いずれもなかなか奇抜な商品となっており、今回の「グリーンカレーうどん」が正統派に見えますよね。いやさすがに見えないか。グリーンカレーのラーメンはたまに見かけるものの、うどんというのは面白いですよね。今回の創作系うどん、果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:日清のどん兵衛 グリーンカレーうどん
メーカー:日清食品
発売日:2017年10月23日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別205円
取得価格:税込221円(イオン)

栄養成分表

1食93g(めん70g)あたり
エネルギー:416kcal(めん・かやく343kcal スープ73kcal)
たん白質:7.5g
脂質:17.2g
炭水化物:57.8g
食塩相当量:6.5g(めん・かやく2.4g スープ4.1g)
ビタミンB1:0.24mg
ビタミンB2:0.31mg
カルシウム:139mg



ココナッツの甘い香りとスパイス感のあるグリーンカレースープ

スープは「コクと香り豊かなココナッツミルクに、コリアンダーやクミンなどの21種の本格スパイスを加えた、奥深い味わいのスープ」とのこと。ココナッツミルクの甘い香りを最初に感じるグリーンカレースープです。辛さはピリ辛程度。ココナッツの甘い香りが強い割には実際感じる味の甘さはさほどなく、強めのスパイスでキリッとして比較的誰でも食べやすい味なのかなと思います。よく外国食品のグリーンカレーを買うと強い甘さにびっくりすることがありますが、このスープは甘さは最低限に抑えられ、日本人の口にあうようにチューニングされていました。うどんのつゆとしては十分奇抜ですが、グリーンカレーのスープとしては本格感と食べやすさを両立した味に仕上がっています。かなりおいしいスープでした。

ノーマルどん兵衛よりひと回り太くて食べ応えのある油揚げ麺のうどん

麺は「どん兵衛ならではのもっちりとしたつるみのあるうどん」とのこと。普通のどん兵衛に比べるとひと回り太く、食べ応えのある油揚げ麺のうどんです。存在感の強い麺で、今回のココナッツミルクの香りとスパイス感の強いスープと互角に渡り合い、しっかりうどんらしさを強調しています。グリーンカレーなのにきちんとうどんになっているのは素晴らしいと思います。奇抜な組み合わせなのに、グリーンカレーとうどんの相性はとても良いと感じました。それほど縮れがないため、スープを拾いすぎないところがうどんらしさを保っている秘訣なのではないでしょうか。いやーうまいです。

ブロッコリーやマッシュルームといった、グリーンカレーに寄せた具の構成

具は「ブロッコリー、マッシュルーム、ネギ、赤唐辛子」とのこと。ブロッコリーとマッシュルームというのは面白い組み合わせですね。どちらもグリーンカレーとしては用いられることのある具ですが、うどんの具としてはあまり聞きませんよね。もう麺以外は完全にグリーンカレーに寄せていますね。ブロッコリーはちょっと水っぽくて、茹ですぎたブロッコリーといった感じでしたが、ブロッコリーらしさはきちんとあります。赤唐辛子は緑のスープの中で色合いが良く、ピリッとしか辛さが甘い香りの中で映えていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
グリーンカレーとうどんの組み合わせ、なかなか良かったです。下手にうどんに寄せず、麺以外はグリーンカレーに振ったバランスが勝因ではないかと感じました。ココナッツミルクの甘い香りとスパイス感のある骨太のグリーンカレーに対し、太い麺のうどんがきちんとバランスを保っていて、本格グリーンカレーなのにきちんとうどんで素晴らしかったです。これは創作うどんの中でも秀逸な一杯だと思います。かなりおいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加