ブタキム+油そばの強力タッグ

今回のカップ麺は、エースコックの「スーパーカップ 大盛りブタキム油そば」。「スーパーカップ」シリーズの新商品で、コンビニ限定発売となっています。以前に1度同じ商品が出ていますが、当時とは栄養成分等が異なっているため、多少手が入っているようです。当時のブタキム油そばは、スーパーカップらしい味の強さが印象的で、当時★6の高評価としました。おそらく当時の味からそれほど変わっていないものと思いますが、前回とてもおいしくてまた食べたかったので、今回改めてレポしてみたいと思います。



商品概要

品名:スーパーカップ 大盛りブタキム油そば
メーカー:エースコック
発売日:2017年10月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(麺ほぐし香味油・仕上げシーズニング・かやく)
定価:税別230円
取得価格:税込245円(ローソン)

栄養成分表

1食154g(めん130g)あたり
エネルギー:735kcal
たん白質:12.8g
脂質:36.0g
炭水化物:89.9g
ナトリウム:2.4g
ビタミンB1:0.55mg
ビタミンB2:0.45mg
カルシウム:324mg



ベースの豚の太さに、キムチとガーリックの強く効いたインパクトあるソース

ソースは「キムチを炒めたような香りとラードベースの香味油が食欲をそそり」、「ブタキムらしいガツンと利いたガーリックが特長的な醤油ベースのシーズニングを加えることで、やみつきになる味に仕上げ」たとのこと。ベースのラードによる豚の太さと、強いキムチの味が特徴のソースとなっています。ガーリックがかなり強く、臭いも強いため、時と場所を選ぶと思います。豚、キムチ、ガーリックという強い味が重ねられており、全体としてもインパクトの強い味でした。まさに「ブタキム」の味そのもので、定食屋の濃い味の豚キムチにそのまま麺を絡めて食べるような感じがしました。前回と比べてカロリーや脂質等、減っている部分が多いんですが、味についてはそれを感じさせない強いインパクトがありました。相変わらずとてもおいしいソースです。

切り口の丸い太麺と強いソースの相性はとても良い

麺は「適度な弾力と滑らかさを併せもった丸刃のめん」とのこと。丸い切り口の太い油揚げ麺です。スーパーカップの売りである「カドメン」ではないものの、切刃の丸い麺で食感が良く、スーパーカップのイメージにピッタリの食べ応えある麺でした。この手の太麺は角麺が使われることが多々ありますが、角麺だと変に麺が主張してくるのに対し、丸麺だと自然な印象になるのが良いと思っています。これだけ麺が太くても、先述したように強力なソースとあわせるため、むしろこれくらい太くないとバランスが取れないですね。これでもやや強いソースが前にくる構成ではありますが相性はバッチリ、油そばらしい麺でもありました。

具は少ないが豚肉と白菜キムチで豚キムチらしさはきちんとある

具は「程良く味付けした豚肉、白菜キムチをメインに、色調の良いねぎと唐辛子を入れ」たとのこと。具量はカップの大きさや価格を考えるとちょっと物足りないです。ただ、カップ焼そばタイプの商品の具は、麺量が多くなりコストがそちらに割かれることから、どうしても貧弱になってしまう傾向にあります。今回税別230円で、一般的な大盛焼そばタイプの商品より高いため、できればもう少し頑張ってもらいたかったところですが、ソースのインパクトが強いので許容レベルかと思います。豚肉と白菜キムチは少ないものの存在感消えるレベルではなく、豚キムチらしさはきちんとキープしています。白菜キムチがきちんとキムチらしい食感があり、味もきちんとキムチだったのは良かったです。なにげにネギが結構入っています。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
前回の「ブタキム油そば」と同じ★6としました。スーパーカップらしいこってり感と食べ応え、そして豚キムチそのものの味の強さで、今回も高評価。非常に食べ応えがあっておいしかったです。スーパーカップを買う人はきっと、こってり感の強い味の商品をたくさん食べたいという思いで選ぶケースが多いはずなので、そういう人に対し期待を裏切らない商品を作るというのは大切なことだと思います。スーパーカップのイメージにぴったりな商品なので、キングオブスーパーカップの称号を贈りたいですね。オマエ何様よと思われそうですがw

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加