サッポロ一番袋麺をアレンジした「BESTレシピ」シリーズ第5弾

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ」。サッポロ一番の袋麺を使うレシピをカップ麺に応用した「BESTレシピ」シリーズの第5弾商品になります。このシリーズで今まで扱ったてきたサッポロ一番の味は、「みそラーメン」が2つ、「塩らーめん」が2つで、この2つとともに3強の一角と思われる「しょうゆ味」がまだ使われたことがないんですよね。そろそろ「しょうゆ味」の出番かと思っていたものの、3回目の「みそラーメン」の登場。しかも豚キムチというオーソドックスな味。そろそろネタが切れてきたのでしょうか。今までのこのシリーズの商品は、袋麺の味を色濃く残してきていましたが、今回は豚キムチという結構激しいイメージの味なので、サッポロ一番みそラーメンの味の原型が残っているのでしょうか。



商品概要

品名:サッポロ一番 みそラーメン BESTレシピ 豚キムチ タテビッグ
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年10月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:税別205円
取得価格:税込218円(セイコーマート)

栄養成分表

1食95g(めん72g)あたり
エネルギー:426kcal(めん・かやく340kcal スープ86kcal)
たん白質:8.3g
脂質:19.5g
炭水化物:54.3g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.7g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:213mg



豚キムチとしてはやさしい味のスープ

スープは「袋めん『サッポロ一番 みそラーメン』の味わいをベースに、キムチ風味のオイルを加え、豚キムチ風みそラーメンスープに仕上げ」た、「深みのあるみそのうまみ、香味野菜の風味、ポークエキスのうまみに、豚キムチの風味が合わさったみそラーメンスープ」とのこと。キムチの味の効いたみそ味のスープです。一般的な豚キムチのカップ麺に比べると味はおとなしめだと思います。辛さはほとんどありませんが、それなりにキムチの香りの強さはあるので、食べる場所は選んだ方が良さそうです。豚キムチとしてはおとなしいものの、それなりの強さのある味ではあるため、サッポロ一番みそラーメンの原型を留めているかと問われるとギリギリといったところ。サッポロ一番みそラーメンより豚キムチの要素の方が強いですね。ちょっとやさいし豚キムチ味で、きちんとおいしいスープでした。

スープよりも麺にサッポロ一番らしさを感じる

麺は「なめらかさとつるみが特徴の中太ちぢれ麺」とのこと。サッポロ一番みそラーメンの雰囲気のよく出た油揚げ麺です。少し太めの麺ですが、油揚げ麺臭の強さはなく、豚キムチとしてはおとなしいスープとの相性も悪くありません。今回はスープにそれほどサッポロ一番らしさがなかったため、この麺が最もサッポロ一番みそラーメンらしさを感じる部分でした。昔から食べている麺と似た食感の麺で、ある種の安心感を抱く人はたくさんいるのではないでしょうか。実際の袋麺の麺にはみそが練り込まれているのに対し、カップ麺には配合されていないため、まったく同じ麺という訳にはいきませんが、それほど意識できる部分でもないので、近いものは十分感じられると思います。

豚肉とキムチがきちんと入っていて味も良いが、もっと量は欲しかったところ

具は「豚肉のうまみとキムチの酸味、辛み、食感がスープのおいしさをいっそう引き立て」、「ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。豚肉はそんなに多くは入っていないものの、きちんと豚肉らしさを感じられる味と食感でした。キムチはきちんと白菜らしい食感と強い味があってなかなか良かったですが、こちらはもっと量が欲しかったところ。ネギは結構たくさん入っていました。それほど大物の具は入っていないので、全体的にもう少しボリュームは欲しかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
やさしい豚キムチ味に、上品なサッポロ一番の麺の相性は良く、全体的なデキとしてはなかなかの商品だと思います。ただ、「BESTレシピ」シリーズの商品としては、サッポロ一番みそラーメンのスープの雰囲気が消えかかっているのはちょっと気になりました。だからおいしくないというわけではなく、十分おいしかったのですが、あくまで袋麺の味わいを残したアレンジ商品として、もっとサッポロ一番らしさにはこだわって欲しかったところではあります。あと、次はぜひ「サッポロ一番しょうゆ味」のアレンジを作ってもらいたいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加