10年を迎える今回の「ミルクシーフード」はチーズ入り

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル ミルクシーフードヌードル」。「カップヌードル」シリーズの新商品です。すっかり冬の風物詩となった「ミルクシーフード」は今年で10週年を迎えるそうで、元のシーフードヌードルですらカップヌードルの中では後発と思っていたのに、その派生が10周年。どうりで私も年取るわけだ。このブログでは同じシーフードヌードから派生した「レッドシーフード」はやたら食べてるくせに、ミルクシーフードはまだ1回しか食べてないんですよね。今回久々となります。昔食べた時の記憶は、やたら口の周りや口の中がベタベタしたってのが強烈なんですが、今回もそうなのでしょうか。また今回から加わるチーズがどうなのかも楽しみです。



商品概要

品名:カップヌードル ミルクシーフードヌードル
メーカー:日清食品
発売日:2017年10月16日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込127円(イオン)

栄養成分表

1食81g(めん60g)あたり
エネルギー:396kcal(めん・かやく315kcal スープ81kcal)
たん白質:9.0g
脂質:19.3g
炭水化物:46.5g
食塩相当量:3.8g(めん・かやく1.7g スープ2.1g)
ビタミンB1:0.83mg
ビタミンB2:0.30mg
カルシウム:137mg



甘いミルクシーフードのスープに半溶けのチーズは味に変化とアクセントを生む

スープは「おなじみのミルクシーフードスープにチェダーチーズ風キューブが溶け込んだ、チーズの風味が豊かなコク深い味わいのスープ」とのこと。シーフードヌードルの味に、ミルクの甘さを強く感じるスープ。久々に食べましたが、相変わらず口の周りや口の中がベタベタしてくるこってりスープで、シーフードヌードルの味もそれなりに感じるものの、バランス的にはミルク要素が強いです。かなり濃厚ですね。これに今回はチーズが加わるわけですが、完全にチーズを溶かしてしまうとチーズの味はそれほど存在感なくなるものの、半溶かしくらいで食べると、口にチーズが入ってきた時の味はなかなかパンチがあります。ミルクにチーズなので合わないわけないんですが、やっぱりおいしいです。甘さが強いスープにチーズが加わることで、味に変化とアクセントが生まれるのが良いと思います。もともとのミルクシーフードの味をどう思っているかによって評価が変わってくると思いますが、私はもともとのミルクシーフードの味よりチーズが加わった今回の味の方が好きです。

いつものカップヌードルの細い油揚げ麺

麺は、「カップヌードルならではの、しなやかでつるみのある麺」とのこと。いつものカップヌードルの油揚げ麺です。スープにとろみが強く、麺がスープをよく拾います。スープが濃いため他の味のカップヌードルのように麺の味自体はそれほど感じませんが、スープをよく絡めて口へ媒介するのが今回の麺の主な仕事かなと思います。麺食べ終わるとスープがごっそりなくなくなるほどよく絡みます。あとはカップヌードルらしさを表現するための存在ですかね。ラーメンではなくヌードル。カップヌードルシリーズの中でも特に洋風なスープなので、ラーメンっぽくないカップヌードルの麺はイメージ的にもよくマッチしています。

スープの濃さやチーズでコストが割かれている割には頑張っている具

具は「チェダーチーズ風キューブ、キャベツ、たまご、イカ、カニ風味かまぼこ、ネギ」とのこと。チーズはスープのところで触れましたが、溶かし切るよりも半溶かしぐらいがチーズの存在をきちんと感じられて良いと思います。普通のシーフードヌードルに比べるとミルクの入ったスープやチーズにコストが割かれているため具は少ないですが、カニカマは少なくなっているものの、イカやたまごの量はよく踏ん張っています。ネギはだいぶ少なかったです。スープの濃さやチーズが加わっていることを考えれば、今回の具は頑張っているのではないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
毎年ミルクシーフードを楽しみにしている人は多いと思いますが、今回のチーズ入りはなかなか良かったように感じました。甘いスープにアクセントが加わり、飽きがこない構成になっています。こってりすぎて口の周りや口の中がベタベタするのは相変わらずでしたが、このベタベタこそミルクシーフードという感じもします。具もスープやチーズにコストを割いた割にはそれなりににぎやかな量で、カップヌードルシリーズらしくレベルの高い商品でした。おいしかったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加