ニュータッチの大盛シリーズ「満福食堂」のみそ味商品

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 満福食堂 スタミナ味噌ラーメン」。前回レポした「とろみ醤油ラーメン」から引き続き、ヤマダイニュータッチの大盛廉価シリーズ「満福食堂」の商品です。今回はみそ味で、しょうゆ味と同じように、他社廉価商品やPB商品の商品と渡り合える実力があるのか確かめてみたいと思っています。パッケージを見た感じ、「スタミナ味噌」や「辛い味噌味」との言葉が並び、「とろみ醤油ラーメン」に比べるとだいぶわかりやすい味のようなイメージを持ちましたが、果たしてどんな味の一杯なのでしょうか。



商品概要

品名:ニュータッチ 満福食堂 スタミナ味噌ラーメン
メーカー:ヤマダイ
発売日:2017年4月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(後入れ液体スープ・かやく)
定価:税別150円
取得価格:税込108円(ラルズマート)

栄養成分表

1食133g(めん90g)あたり
エネルギー:533kcal
たん白質:12.7g
脂質:21.5g
炭水化物:72.2g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.4g スープ2.1g)



みそ味にラー油とガーリックでパンチのあるわかりやすい味

スープは「白味噌と赤味噌をブレンドした味噌に、野菜の調理感と、ラー油で辛味を付け、さらにガーリックで味に深みを出したスタミナ系の辛味噌スープ」とのこと。みそのパンチとともに、ラー油の辛さとガーリックの風味が強く効いているスープです。まさに「スタミナ」系のスープ。辛さはピリ辛程度ですが、とてもにわかりやすいハッキリした味で好感持てます。ただ、前面に出てくるキレのあるタイプの味ばかりで、後方の下支え的な味があまりなく、はっきりした味の割には深みがない印象で、このあたりは廉価商品なのでしょうがないといったところなのでしょうか。味の強さの割にこってり感がなく、そこはみそラーメンとしては少し物足りないです。パンチがあってなかなか良い味なんですけどね。

太い油揚げ麺がスープより強くて前に出てきてしまうバランス

麺は「食べ応えのある太さが特徴の、新開発のフライ麺」とのこと。前回の「とろみ醤油」と同じ、縮れの強い太油揚げ麺です。しょうゆ味の時はスープのとろみとベースの鶏や豚の太さのおかげでこの太い麺でもスープと麺のバランスが保てていましたが、今回はパンチのある強いスープでも、下支えが弱くて深みのないスープのため、合わせると麺がだいぶ前に出てきてしまっている印象。スープと麺のバランスはあまり良くありませんでした。スープ結構おいしいのでこれはちょっと残念。このスープと合わせるなら麺はもうひと回り細い方が良さそうです。食べ応え重視の商品にしようとするとどうしても太麺を使いたくなるのでしょうが、麺量がしっかり多いので細くしても食べ応えは十分なんじゃないかと思います。

ニラとフライドガーリックのパンチがすごい

具は、「ニラ、フライドガーリック、粒状大豆たん白、唐辛子チップ」とのこと。強力なパンチを彩るニラとフライドガーリック。特にニラの匂いはかなり強烈で、これは食べる場所を選ぶかなと思います。フライドガーリックもしっかり存在を主張しており、「スタミナ」の商品名以上に激しい一杯になっていました。廉価大盛商品でここまで徹底的にやってくれるのはうれしいですね。今回はニラがそれなりに量が入っていて、カップの大きさは麺量に対して不足感は否めないものの、他の大盛系商品に比べるとだいぶ良いです。ひき肉を模した粒状大豆たん白は、この激しいスープの中で食べると味がよくわかんなくて、なんとなく肉っぽく感じます。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
スープだけ飲むなら前回の「とろみ醤油ラーメン」よりこちらの方がおいしいと思うんですが、如何せん、麺とのバランスが良くなかったのが残念。辛みとガーリック、そしてニラを加えて廉価商品ながら結構徹底的にスタミナラーメンを作っているのはかなり好印象で、麺さえ何とかしてくれたら★5にしていました。量と太さで強い食べ応えを実現したかった意図があると思うので、もしこの麺を使うならもう少しスープに深みがあった方が良いですね。みそなのでとんこつでしょうか。麺は残念なものの、基本的には廉価商品なのにかなり頑張っているおいしい一杯で、他社廉価商品やPB商品とも五角以上の実力だと感じました。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加