サッポロ一番袋麺「塩とんこつらーめん」のカップ麺版

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 塩とんこつらーめんどんぶり」。サッポロ一番袋麺でも発売されている「塩とんこつらーめん」のカップ麺版です。袋麺としてはみそ、塩、しょうゆ味のようなメジャーな存在ではないように思いますが、果たしてどんな味なのでしょうか。どんぶり型のカップ麺は、PB商品や大手ではないメーカーから安い商品がたくさん出ているのに対し、この商品は定価180円。フリーズドライの野菜が特徴のようで、それら廉価商品と差別化できているのかに注目したいところです。



商品概要

品名:サッポロ一番 塩とんこつらーめんどんぶり
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年10月10日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(粉末スープ・かやく)
定価:税別180円
取得価格:税込99円(イオン)

栄養成分表

1食80g(めん60g)あたり
エネルギー:354kcal(めん・かやく283kcal スープ71kcal)
たん白質:7.1g
脂質:14.6g
炭水化物:48.5g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.7g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg
カルシウム:224mg



胡椒とゴマの効いた味のバランスの良いとんこつスープ

スープは「とんこつエキスに香味野菜や昆布、魚介を加え、胡椒で味を引き締め、切り胡麻で豊かな味わいに仕上げ」たとのこと。ライトなとんこつ味に、胡椒の効きとゴマの風味が特徴のスープです。本格的なとんこつスープではなく、色んな味のするスープの中でベースとしてとんこつが横たわっている印象。とんこつスープであることはそれほど意識できません。少し香ばしい野菜の味に胡椒とゴマの風味がほどよく感じられ、サッポロ一番らしいやさしい味ながら、色んな要素のバランスがよく取れているスープとなっています。なにか強い特徴的なものがあるわけではないんですけどね。胡椒とゴマで、食べ終えてもちょっと後を引く味に仕上がっていました。

サッポロ一番の他の味に比べると弾力とつるみで存在感の強い油揚げ麺

麺は「ツルミとコシのあるもちっとしためん」とのこと。中太で縮れのある油揚げ麺です。噛んだ時の弾力と表面のつるみが特徴で、他のサッポロ一番商品に比べて存在感の強い、ちょっとゴツい麺となっています。やさしい味のスープなので、食べる前はこの麺だとちょっと存在感強すぎるのではないかと思いましたが、胡椒とゴマの風味でスープとのバランスはきちんと取れていました。バランスを取る上手さはサンヨー食品のお家芸だといつも思っています。ほぼハズしてくることはないですね。ホント上手です。

フリーズドライの野菜はさすがの食感

具は「チンゲン菜、キャベツ、白菜、コーン、ニンジンの5種の野菜を彩りよく組み合わせた、フリーズドライ製法の具材」とのこと。フリーズドライの5種類の野菜が入っています。さすがに普通の乾燥野菜に比べてシャキシャキ感がだいぶ違います。いちばん目立っていたのが白菜で、歯を立てるとちょっと沈む、白菜らしい食感をきちんと再現できていました。また、チンゲン菜の風味も良かったです。地味にコーンのちょっともちっとした食感も印象的。フリーズドライを使い、おざなりな具ではないというところがキラリと光っていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
全体的に無難なデキに仕上がっている一杯で、敢えてこの商品を選ぶインパクトはないものの、選んだならそれなりに満足できるといった印象でした。フリーズドライの野菜の食感はきちんと際立っていて、このあたりに、他の廉価商品ではなくこの商品を選ぶ価値があると思います。定価180円で、今回はスーパーで100円以下で購入しましたが、いつもこの価格で買えるならなかなか優れた商品と言えるのではないでしょうか。買い置きしておいても家族の誰からもクレームが来ない、万能選手的な存在だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加