「大黒屋」の串かつソースを使用した「なにわの焼そば」

今回のカップ麺は、ヤマダイの「ニュータッチ 大阪なにわの焼そば」。新商品ではありませんが、ヤマダイの定番、「ニュータッチ」シリーズの商品です。定価は170円ですがこの値段で店頭で見かけることはなく、おそらく100円強程度で売られることを想定した商品と思われます。「なにわの焼そば」というご当地焼そばが実際あるわけではなく、ソースに「大黒屋」の串かつソースを使用したヤマダイオリジナルの商品のようです。つい先日「浅草ソース焼そば」の記事を書いたばかりですが、こうやって特徴のあるカップ焼そばが多く出てくれるのはうれしいですね。串かつソースを使った焼そばは果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:ニュータッチ 大阪なにわの焼そば
メーカー:ヤマダイ
発売日:2016年6月19日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(後入れ液体ソース・かやく・ふりかけ)
定価:税別170円
取得価格:税別118円(卸売スーパー)

栄養成分表

1食125g(めん100g)あたり
エネルギー:538kcal
たん白質:9.1g
脂質:18.5g
炭水化物:83.8g
ナトリウム:1.6g



「大黒屋」の串かつソース使用で甘みの強いこってりソース

ソースは「(株)大黒屋の串かつソースを使用した、調理感のある焼そばソースで」、「ビーフエキスやガーリック、スパイス等を使用し、コクのある風味豊かな味わいに仕上げ」たとのこと。串かつソース使用で甘みが強く、酸味のキツさがない丸い味のソースです。キツさはないながらも味は濃いめで、甘さが前に出たこってり感のある味に仕上がっています。これは結構独特な味ですね。言われなければ「串かつソース」使用とはわからないですが、この甘めの味は少し病みつきになります。PB商品の安価な焼そばが多く存在する中で、店頭価格でそれらと張り合える価格ながらもきちんと差別化した商品を出すことは、なかなかすごいことだと思います。

しょうゆを練り込んだ太油揚げ麺

麺は「モッチリとした弾力のある食感にしょうゆを練りこんだ味付け麺」とのこと。麺は他のニュータッチシリーズの汁なし系商品で使用されている麺と同じ、しょうゆの練り込んだ太麺です。ソースのこってり感が結構強いので、この太い麺でバランスが取れています。ソースと麺の相性は良いです。私の好み的には、もうちょっと麺が細くて、ソースの味が前に出てくる方が良い気がしますが、これで十分おいしいです。浅草もなにわも同じ麺が使いまわされており、麺に個性がないのを気にする向きもあるかもしれませんが、店頭で100円強で売られている商品と考えれば妥協できる点でしょう。他社も多かれ少なかれ使いまわしですよね。廉価商品にもかかわらず麺量が多く、食べ応え十分なのも素晴らしいのではないでしょうか。

花かつおと甘いソースがかなりの好相性

具は、「かやく(キャベツ、薄切り肉)、ふりかけ(花かつお)」とのこと。いちばん目立っているのは花かつお。かつお節の風味が甘いソースとかなり良いマッチングでした。この値段でよく花かつお入りましたね。素晴らしいと思います。また、地味に肉が入っているのもポイントが高く、ラーメンのチャーシューよりも実は焼そばの細切れ肉の方が大事なんじゃないかと思っています。どんなに少なくてもカップ焼そばに肉が入っているかどうかで評価がまったく変わると考えているのは私だけではないハズ。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
ニュータッチの汁なし商品らしく、ソース、麺、具とすべての面で平均点の高い一杯でした。大きな爆発力はないのですが、甘いソースはクセになる味で、花かつおとの相性がとても良かったです。また、地味に肉が入っているのも高ポイント。ニュータッチの他の焼そばともきちんと差別化できていたのは良かったのではないでしょうか。気楽に買える価格ありながら、明らかにPB商品等とは違うデキで、満足度の高いカップ焼そばだと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加