明星おなじみの「大砲ラーメン」シリーズ

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 大砲ラーメン 赤とんこつ」。明星食品お馴染みの「大砲ラーメン」シリーズの一杯です。先日、久留米の大砲ラーメン本店に初めて訪れましたが、店のそばまで行った段階ですでに漂うとんこつ臭、そして実際食べてのとんこつの威力に圧倒され、ほんと心から良い店だと思いました。それに比べて明星の大砲ラーメンは、高価格帯のどんぶり型商品含めてとんこつの威力が弱いため、大砲ラーメンの再現性はあまり高くないという認識を持っています。今回の商品もおそらくあんまり大砲ラーメンっぽくはないんだろうなと思いつつ、食べてみたいと思います。今回は「赤とんこつ」という商品名で、お店のラーメン「呼び戻しレッド」を再現した商品となっています。



商品概要

品名:明星 大砲ラーメン 赤とんこつ
メーカー:明星食品
発売日:2017年9月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(後入れ調味油)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食102g(めん75g)あたり
エネルギー:475kcal(めん・かやく372kcal スープ103kcal)
たん白質:11.6g
脂質:21.9g
炭水化物:57.8g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.9g スープ1.6g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.38mg
カルシウム:125mg



大砲ラーメンの再現商品のはずだがとんこつ臭は再現されていない

スープは「コクのある濃厚なとんこつスープに、『大砲ラーメン』で提供されているレシピを再現したにんにく風味の特製ラー油を合わせ」た、「とんこつ、にんにく、辛味のバランスが良い、パンチのあるスープ」とのこと。ライトなとんこつに、ニンニクの効いたラー油を加える構成。とんこつスープに実際の大砲ラーメンのような重厚なとんこつ臭は感じられず、ラー油を加えることで濃厚感のあるスープにはなるものの、とんこつ自体にそれほど厚みは感じられません。ニンニクの入ったラー油はなかなかのインパクトで、ニンニクの主張が強めです。辛さはピリ辛程度。大砲ラーメンだと思って食べるととんこつの厚みがかなり物足りないものの、大砲ラーメンを抜きに考えれば、ニンニクラー油中心の香ばしい味として楽しむことができると思います。

細めでストレートに近い油揚げ麺

麺は「お店の麺をイメージした中心が硬めの細麺」で、「濃厚スープとしっかりと絡」むとのこと。細めで縮れの小さい油揚げ麺です。博多麺のようなストレート感はないですが、実際の「呼び戻しレッド」の麺も大砲ラーメンの看板メニューである「昔ラーメン」の麺とは違う少し縮れた麺のようなので、再現性はそれなりにあるんじゃないかと思います。油揚げ麺臭の小さい麺で、スープの邪魔をしていなかったのは良かったと思います。ただ、せっかく明星食品には最強のノンフライ麺の技術があるのに、タテ型商品とは言え、お店再現系の商品で油揚げ麺を使ってしまうのはどうなんだろうなぁとちょっと思ってしまいます。明星食品はタテ型でもノンフライ麺を多用してるんですけどね。なぜここで使わないのだろうか。

たまごの甘さとゴマの香ばしさがスープの中で映えている

具は「挽肉、タマゴ、ネギ、ゴマを組み合わせ」たとのこと。挽肉やたまごはそれなりに入っていて賑やかな印象です。特にたまごは、甘さがスープの中でよく映えていました。実際のお店にこういうたまごは入ってないですけどね。そしていちばん特徴的だったのがゴマで、かなり香ばしく、ライトなとんこつスープとよくマッチしていました。お店再現カップ麺の具はたいがい充実していないものですが、この商品はお店再現系の割には具が充実していたと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
大砲ラーメンの呼び戻しスープを再現できているとはとても思えず、再現商品としてはかなり物足りない商品です。一方で、再現商品であることを横に置けば、ニンニクの効いたラー油がメインのそれなりにおいしい一杯とも言えるものの、やはり物足りなさが勝る印象。今度10月9日に「明星 久留米で生まれて80年。豚骨ラーメン」という商品が発売になるようで、こちらはちょっと期待できそうで楽しみです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加