「にんにく」と「ラー油」を使ったキャラの濃い味の共演

今回のカップ麺は、日清食品の「日清のどん兵衛 辛旨そば にんにくラー油仕立て」。「日清のどん兵衛」シリーズの新作で、前回食べた「豚骨うどん 焦がしにんにく油仕立て」に引き続き、「日清ハロウィントリオ」3品のうちのひとつです。今回は「辛旨そば」で「にんにくラー油仕立て」とのことで、前回同様、かなりの強烈なニンニクが期待できそうです。キャラの濃い「ラー油」まで一緒に連れてきてしまっており、うどん以上に強烈な商品になっているかもしれませんね。基本的にはそういう強烈なのは大歓迎なので楽しみです。



商品概要

品名:日清のどん兵衛 辛旨そば にんにくラー油仕立て
メーカー:日清食品
発売日:2017年9月25日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・仕上げにんにく油)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食89g(めん66g)あたり
エネルギー:379kcal(めん・かやく333kcal スープ46kcal)
たん白質:9.1g
脂質:17.8g
炭水化物:45.7g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく0.9g スープ1.5g)
ビタミンB1:0.29mg
ビタミンB2:0.26mg
カルシウム:119mg



濃いめのしょうゆ味に、ニンニクとラー油が強すぎるくらい強力に効いたつゆ

つゆは「ポークの旨みをしっかりきかせたつゆ」で、「ピリッと辛いにんにくラー油」が別添とのこと。ベースとなるつゆは、濃いめのしょうゆ味に豚脂の旨味の効いていて、魚を効かせた和風だしではないものの比較的オーソドックスな味です。これに加わるのが「にんにくラー油」で、これが今回もまたかなりのクセモノ。売りであるニンニクの強烈さは前回食べた「豚骨うどん 焦がしにんにく油仕立て」に負けず劣らずで、さらにラー油もなかなか強めに効いています。やさしい味の多い「日清どん兵衛」の中にあって、今回も押し出しが強力なつゆになっています。いや、これはつゆなんてものではないですね。スープです。辛さは激辛ではないですが、ピリ辛以上には効いています。濃いめのしょうゆとニンニク、ラー油のハーモニー、なかなかの個性です。前回のうどんのような脂のパンチはないものの、個性の強さはうどん以上です。

しょうゆの濃いつゆとのマッチングは良いストレートの蕎麦

麺は、「どん兵衛ならではの、すすり心地のよい真っすぐなそば」とのこと。いつものどん兵衛のお蕎麦と同じ、ストレートの油揚げ麺です。それなりに蕎麦の風味づけが強いので、濃いスープ(つゆと書くのやめました)の中にあってもそれなりに存在感はあるものの、でも前回のうどん同様、ほぼワンサイドにスープに振り切れているバランスだと思います。うどんの時は、強烈なつゆの前ではどんな麺でも一緒だろう的なことを書きましたが、今回のつゆはしょうゆを強く感じるため、お蕎麦の麺がベストマッチなんじゃないでしょうか。うどんの麺よりも風味がある分、この一杯がきちんとお蕎麦であることを特徴づけていました。

フライドガーリックも強いのに、ニラまで匂いが強い!

具は「フライドガーリック、ニラ、赤唐辛子」とのこと。出ましたフライドガーリック。これだけスープでニンニクを強調しておきながら、フライドガーリックまで使ってくる徹底ぶり。うどんの時と同様、これでもかのニンニク味になっています。そしてさらに今回は、大量のニラまで入っています。これはヤバイです。ニンニクの上にニラまで強烈に香りを主張しています。いや、もうこれは香りじゃないです。匂いです。食べてる本人以外は臭い(「におい」でも「くさい」でもどっちでもいいですw)と感じるでしょう。どん兵衛でこの強さはチョットマズイんじゃないですかね。これはうどん以上に強力。絶対会社とかで食べちゃダメです。家でおとなしく食べるのが無難でしょう。強烈な匂いでメーカーに苦情が殺到してるんじゃないですかね。「うまいけどくせーよ!」的な。でもこの「うまいけど」が大事なポイント。匂いは強烈だけどうまいんですよ。これは前回のうどんもそうでしたが、よくここまでやったと賞賛したいです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
もうどうかしてるレベルでニンニクとニラの匂いが強烈です。匂いの強さを「臭度」というそうですが、おそらく歴代カップ麺の中でも臭度はナンバーワンなんじゃないですかね。時と場所を選んで食べるべきなのはもちろんですが、食べた後も部屋への残り香や、口やお腹に残ることも考慮すべきです。でも臭いけどうまいんだよなぁ。濃いしょうゆ味にニンニクとラー油の効いた構成はなかなかのインパクトで、味の満足度は高いと思います。しかしどん兵衛でここまで強烈な商品を作ってくるとは意外でした。前回のうどん共々、ちょっと歴史的な出来事なんじゃないでしょうかね。そして次回レポは見た目的には真っ黒で「日清ハロウィントリオ」で最もインパクトのある「UFOガーリックイカスミ焼そば」。どん兵衛2つがここまで強力だと、UFOはいったいどんな味になっていることやら。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加