白えびラーメンは富山ではそれほど一般的なメニューではなさそう

今回のカップ麺は、寿がきや食品の「全国麺めぐり 富山白えびラーメン」。「全国麺めぐり」シリーズの商品です。このブログ2回目の登場で、前回は2015年4月発売でした。今回は麺が新しくなり、かやくも見直されたとのこと。白えびのラーメンは富山県でもそれど供されているお店は見当たらず、一般的な認知を得ている種類のラーメンではないようですが、富山グラックで有名な「麺処いろは」には、「ブラック」の対する「白」のメニューとして存在しているようです。今回の商品がそこのラーメンをイメージしているのかはわかりませんが、前回のこの商品からどう変化しているのか楽しみです。



品名:全国麺めぐり 富山白えびラーメン
メーカー:寿がきや食品
発売日:2017年9月18日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(液体スープ・後入れかやく入スープ・かやく)
定価:税別218円
取得価格:税込235円(ローソン)

栄養成分表

1食104g(めん65g)あたり
エネルギー:340kcal
たん白質:9.8g
脂質:10.4g
炭水化物:51.9g
食塩相当量:6.1g(めん・かやく1.8g スープ4.3g)
カルシウム:103mg



えび殻の風味を強く感じるあっさりしお味のスープ

スープは「富山県産白えびのパウダーを使用し、白えびをはじめとした魚介に豚骨・鶏ガラスープを合わせた、味わい深い塩ラーメンスープ」とのこと。えびの殻っぽい風味を強く感じるあっさりしお味のスープです。えびの身やみその味は感じられず、えびの殻一辺倒な風味です。白えびと他の種類のえびの味の違いを私はよくわかっていないですが、あんまり白えびである意味はないような、普通のえびの味です。他に押してくる味がないので、少し化学調味料の味が目立ってしまっているように思います。この味は前回発売時のスープとそれほど変わらないのではないでしょうか。確かにえびの味はするものの、深みがなくて少し物足りない印象です。

重量感が増して食べ応えが強くなった新しいノンフライ麺

麺は「もっちりとした食感で表面が滑らかなつるみのあるノンフライめん」とのこと。中細のノンフライ麺です。以前までの麺はもっと細くて軽い食感だったのですが、今回の麺は重量感が増し、食べ応えが強くなりまいた。正直、私は以前までの麺の方が好みです。スープとの相性を考えた場合にも、今回のスープはえびの味こそ強いものの、味の濃さというよりは風味で勝負しているスープなので、前回までの主張の小さい麺の方がスープとはあっているように感じました。この麺だと、今回のスープよりももう少し濃いめのものの方があっていそうです。

糸唐辛子は面白いが、全体的には物足りない具

具は「チャーシュー、ネギ、白ネギ、フライドオニオン、糸唐辛子」とのこと。前回発売時と比べると、「フライドネギ」がなくなっているようです。印象的には前回までと大差ないように思います。前回の方が糸唐辛子が少し目立っていたかなとは思うものの、大きな差はないのではないでしょうか。基本的には全体量はかなり貧弱で、価格に比して特にチャーシューがペラペラで安っぽいです。糸唐辛子は面白い存在ではあるものの、それほど大きな存在感はなかったですね。小えびで良いので少し入っていて欲しかったんですが、まったく入っていなかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
まずいというわけではないので★3にしましたが、価格の割に満足感は大きくなかったので、少し★2も考えました。えびの殻の味の強いスープはそれなりに飲みごたえあるものに仕上がっていましたが、麺との相性が前回より少し落ちているように思え、また具の貧弱さも相まって、少し定価218円が高いと感じてしまう一杯でした。白えびラーメンというのは他社では見ない商品で面白いと思うので、もう少しブラッシュアップした商品を食べてみたいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加