「本気盛」の海鮮チゲ味は3回目の登場

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 本気盛 海鮮チゲ味」。東洋水産の定番「本気盛」シリーズの新商品です。このブログでは3回目の登場で、前回は2015年に発売されていました。当時とは栄養成分が変化しているため、内容物は多少違うものと思われます。過去2回はハンサム氏が食べていて、今回私オサーンは初めて食べます。本気盛の麺にみそベースのスープということで、今回は安定した味を期待できる一杯なのかなと思います。キムチも本気盛ではよく使われており、この手の味は本気盛だと馴染んでいる味なんじゃないですかね。ワクワク感は残念ながらないですが、王道な味に期待です。



商品概要

品名:マルちゃん 本気盛 海鮮チゲ味
メーカー:東洋水産
発売日:2017年9月18日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込127円(イオン)

栄養成分表

1食98g(めん80g)あたり
エネルギー:429kcal(めん・かやく361kcal スープ68kcal)
たん白質:12.1g
脂質:16.4g
炭水化物:58.3g
ナトリウム:2.4g(めん・かやく1.1g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:215mg



みそ味のスープにしっかりとキムチと海鮮が効いた「海鮮チゲ味」スープ

スープは「味噌をベースに、魚介とポーク・チキンを加え、キムチの旨味を利かせたチゲ味のスープ」とのこと。キムチの風味のよく出たみそベースのスープです。キムチとともに海鮮系の味も太く効いており、まさに「海鮮チゲ味」です。辛さはほとんど感じられず、これなら辛いのが苦手な人でも普通に食べられるんじゃないでしょうか。パッケージが赤いからという理由で辛いものを求めて買うと肩透かしになると思います。事前に想像した通り、かなり安定した味ですね。こってりとまではいかないもののそれなりに太い味がしており、本気盛らしさもしっかり出ています。特に奇をてらっておらず驚くようなおいしさはないですが、海鮮チゲのイメージを外す味でもなく、買った人はそれなりに満足できる味なんじゃないでしょうか。王道味ですね。

いつもの本気盛の太麺と今回のスープとの相性は良い

麺は「なめらかで太めの丸麺」とのこと。いつもの本気盛の少し平たくて太い油揚げ麺です。私はこの麺が好きではないことは何度もブログで書いていますが、今回のようなみそ味のスープとはしっかりマッチする麺です。この麺がハマる数少ないパターンじゃないかと思います。それでも同じ東洋水産の「でかまる」の麺の方がずっとスープとマッチしておいしいんじゃないかと思いますが、おそらくこの麺を使うことが「本気盛」シリーズのアイデンティティなのでしょうがないところですね。スープと麺の相性は良かったです。

かに風かまぼこにFDキムチ、海鮮系の具も充実

具は「かに風かまぼこ、いか、えび、FDキムチ、ネギ」とのこと。前作ではかに風かまぼこにの他にホタテ風のかまぼこが入っていましたが、今回はそれはなく、かに風かまぼこのみとなっています。なかなか具は賑やかな構成で、本気盛らしい具だくさんとなっています。かに風かまぼこは食感がふっくらしていて、かなり質が良いです。FDキムチはさすがのシャキシャキ食感でした。FDはかなり大きな武器ですよね。他にエビやイカといったシーフード系の具も充実していて、具についてはまったく文句なく素晴らしいと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「海鮮チゲ味」のカップ麺と聞いて思い浮かぶそのまんまの味といった印象で、特に驚くような部分はないものの、安定したおいしさでした。王道の味ってやつですね。本気盛のいつもの麺もスープと好相性で、具の充実ぶりも目立っており、買って損のないレベルにある商品だと思います。もうちょっと冒険して欲しいなと思ったり、辛さ弱すぎるだろうと思ったりもするものの、誰もがそれなりに満足できる一杯を目指すとこういう味になるのかなと、納得できるものではありました。良い商品だと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加