宮崎の「辛麺」の再現商品

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ご当地マシマシ 辛すぎて旨い 宮崎 旨辛麺」。宮崎のご当地ラーメンと言えば本来ならとんこつラーメンらしいのですが、最近は「辛麺」が流行っているとのこと。にんにくの効いたしょうゆ味のスープに、大量の唐辛子とかきたまごが特徴のようです。私はこのラーメンの存在を知りませんでしたが、ちょっと調べてみると、宮崎には何件か「辛麺」を出すお店があるようです。飲んだ後の〆の一杯という位置づけのようです。今回の商品はその「辛麺」を再現した商品で、なんだか新たなブームを予感させます。非常に楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 ご当地マシマシ 辛すぎて旨い 宮崎 旨辛麺
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年9月19日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スパイス)
定価:税別205円
取得価格:税別168円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食94g(めん70g)あたり
エネルギー:405kcal(めん・かやく280kcal スープ100kcal)
たん白質:9.5g
脂質:15.8g
炭水化物:56.1g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく0.9g スープ2.0g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:244mg



唐辛子一辺倒のスープ

スープは「ポークエキスをベースに野菜エキスや唐辛子、にんにくを合わせ、しょうゆで味を調え」、「唐辛子の辛さが特徴的なスープに仕上げ」たとのこと。ニンニクの香るしょうゆ味のスープに大量の唐辛子の構成です。上の写真でも分かる通り、とにかく唐辛子が前に出てきます。最強クラスとは言わないものの、激辛レベルのスープなのは間違いありません。ベースとなるしょうゆ味やニンニクの風味はあまり目立たず、もうちょっとニンニクを強くしないと唐辛子一辺倒のスープと感じられてしまいます。実際「辛麺」を食べたことがないのでわからないですが、辛さはこの一杯でかなりのウェイトを占める要素かとは思うものの、それだけだと「辛麺」の再現にはならないんじゃないかと感じました。唐辛子以外も頑張って欲しいスープだったかな。

「サッポロ一番」シリーズの麺に近い、やわらかい食感の中細油揚げ麺

麺は「なめらかでのど越しがよい黄色みを帯びた細麺で、スープがよく絡み」、「しなやかさがありつつも、しっかりとした食感で食べ応えのある麺」とのこと。中細の油揚げ麺です。やわらかな食感で、イメージ的には「サッポロ一番」シリーズの麺に近い印象でした。主張のおとなしい麺なので、バランス的には辛いスープのワンサイドな構成になっています。おそらくより麺を目立たせたいという意図通りなのかなと感じます。実際のお店の麺は、検索した限りだと、細めの多加水麺を使用していっぽいです。太さは良いですが、食感的には今回の麺はちょっと違うのかなと思います。ぜひとも多加水麺でも食べてみたいですね。

かきたまごの黄色が鮮やか

具は「かき卵のふわふわとした食感と風味がスープとよく合い、おいしさを引き立て」、「肉そぼろのうまみが食欲をそそり」、「唐辛子、ねぎを加えて彩りよく仕上げ」たとのこと。かきたまごがかなりたくさんなのは素晴らしいです。真黄色です。唐辛子の赤と合わせ、色合いが鮮やかというか、ど派手ですね。かきたまごの甘さが激辛スープの中で良い箸休め、もしくはアクセントになっていました。肉そぼろやネギも入っていたものの、かきたまごの前では存在感は希薄でした。このわかりやすい具の構成はカップ麺らしくてなかなか良いのではないでしょうか。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
唐辛子で激辛なスープとかきたまごが目立ったわかりやすい一杯で、味的にはもうちょっと頑張れる部分があったのではないかと思うものの、宮崎にはこういうラーメンがあるんだと知ることができただけでも価値のある商品だと思います。唐辛子の赤とかきたまごの黄色がとにかく印象的でした。この商品を機に各地で宮崎「辛麺」ブームが起きると面白いですね。もし行ける場所にできたら一度行ってみたいです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加