「UFO極太」の変わり種新作は牛すき焼

今回のカップ麺は、日清食品の「日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 牛すき焼味+卵黄ソース」。UFO極太シリーズの新作は「牛すき焼味+卵黄ソース」。なんかこのシリーズは面白い味がたくさん出てますね。以前は「炭火焼肉」という味が出ていましたが、今回はすき焼。この焼そばの味から離れていく感じは、明星食品の一平ちゃん夜店の焼そばと被っている気がします。同じグループ会社で奪い合いしていて大丈夫なんでしょうか。そんな余計なお世話な心配はともかくとして、今回のUFO極太は果たしてどんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:日清焼そばU.F.O.ビッグ極太 牛すき焼味+卵黄ソース
メーカー:日清食品
発売日:2017年9月11日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・卵黄ソース)
定価:税込205円
取得価格:税込192円(イオン)

栄養成分表

1食159g(めん130g)あたり
エネルギー:719kcal
たん白質:11.8g
脂質:32.8g
炭水化物:94.2g
ナトリウム:2.3g
ビタミンB1:0.68mg
ビタミンB2:0.87mg
カルシウム:214mg



牛肉と白菜のよく出た甘いたれに、これまた甘くてまろやかな卵黄ソースが加わる

たれは「牛肉と白菜のうまみが溶け込んだ甘辛いすき焼だれ」で、「まろやかな味わいの卵黄ソース」が別添とのこと。甘い味付けのすき焼味のたれです。牛肉の香りが強く漂い、白菜の風味も付与されていて、この白菜が決定的にすき焼らしさを出しています。とても甘い味のたれに、さらにまろやか風味の卵黄ソースが加わることですき焼らしさは増すのですが、ちょっと甘み過多な印象になります。このシリーズらしく、かなりデフォルメされたすき焼味に仕上がっていました。わかりやすい味で良いと思いますが、この甘さは好みの分かれるところなのではないでしょうか。私はちょっと途中から飽きてきちゃったかな。もうちょっとキリッとした割り下のほうが好みです。

いつものUFO極太の太いストレート油揚げ麺

麺は、「コシのある食感と抜群の食べ応えが特長の極太ストレート麺」とのこと。UFO極太シリーズのいつもの太いストレート油揚げ麺です。今回のたれが甘さを強く押し出してくるので、これだけ太い麺でもきちんとバランスは取れていました。麺とたれの相性はなかなか良いのではないかと思います。ただ甘さがかなり強いので、麺量が多いことがネックになって持て余してしまいました。この甘さで大盛はちょっと厳しい。いや私が年取ったってことなのかもしれませんけどね。

最近日清が多用する大豆ビーフ

具は「大豆ビーフ、キャベツ」とのこと。最近日清は大豆ビーフ使いまくっていますね。「日清 日本めし スキヤキ牛めし」で使われていたものと同じタイプです。よく噛みしめると牛肉とは食感がちょっと違うものの、牛肉の味がきちんとつけられているため、雰囲気はよく出ています。本物の牛肉を使うことでコスト的に少ない量しか使えないくらいなら、この大豆ビーフの方がずっと良いと思います。大豆ビーフは素晴らしいですが、全体的には麺の量が多いのに具は少ないいつもの焼そばタイプ商品と同じ状況となっています。なんですき焼なのにキャベツなんだろうと思いますが、きっと焼そばらしさを体現する唯一のパーツということなんでしょう。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
すき焼らしさをデフォルメしたたれが印象的な焼そばで、牛肉や白菜の味とともに、たれと卵黄ソースの甘さが特徴的でした。この甘みの強さは好みの分かれるところではありますが、非常にわかりやすいすき焼味なのは好感持てました。私は残念ながら麺量が多いこともあって甘すぎな味が途中から飽きてきてしまいましたが、こういう味が好きな人もたくさんいると思うので、うまくハマれば大満足な商品なのではないでしょうか。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加