大ヒット商品「カップヌードルナイス」シリーズの新しい味

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル ナイス 濃厚! キムチ豚骨」。大ヒット商品の「カップヌードルナイス」シリーズの新商品で、今回は「キムチ豚骨」味です。ノーマルのカップヌードルシリーズのレギュラー商品にはないとんこつスープというのはなかなか面白いですね。9月11日の発売のなので少しフライングのレポになります。世間的には大ヒット商品なのに、私オサーン的にはイマイチそこまでハマらなかったシリーズです。というのも、健康志向商品なのに「濃厚」だということを売りにしているのですが、そんなに濃厚でしたかね?というのが正直な感想で、健康志向商品らしい薄っぺらな味とは感じなかったものの、「濃厚」と宣伝するほどのスープではないように感じていました。私の舌なんてアテにならないものです。今回は「キムチ豚骨」ということで、結構面白そうな味で楽しみですが、「濃厚」というところには再び噛みついていこうと思います。



商品概要

品名:カップヌードル ナイス 濃厚! キムチ豚骨
メーカー:日清食品
発売日:2017年9月11日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込184円(セイコーマート)

栄養成分表

1食58g(めん40g)あたり
エネルギー:178kcal(めん・かやく133kcal スープ45kcal)
たん白質:9.4g
脂質:6.6g
糖質:19.1g
食物繊維:15.8g
ナトリウム:1.8g(めん・かやく0.5g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.12mg
ビタミンB2:0.20mg
カルシウム:138mg



一般的な「濃厚」ではないが他の健康志向商品に比べると濃いめのスープ

スープは「クリーミーな豚骨スープをベースに唐辛子の辛みとキムチのうまみをきかせたピリ辛濃厚豚骨スープ」とのこと。とんこつ臭とか本格的なとんこつ感は一切感じない、ライトなとんこつスープです。あくまでクリーミーさを持たせたベースとしての味で、主役はキムチかなと思います。キムチは辛さはほとんどないものの、キムチらしい風味がきちんと感じられます。しかし、これを「濃厚」というのは少し違和感があり、薄いとも思わないけど別に濃くもないスープに感じられます。カロリーや糖質を抑えているのに頑張っている味というところに価値があるとは思いますが、一般商品比べて濃厚とは感じません。実はこのスープって、他のカップヌードルシリーズと比べてもスープ単体のカロリーが低いわけではなく、むしろノーマル味やシーフード味と比べて高カロリーです。その割にそれほど厚みがなく感じられるのは、おそらく麺が影響しているものと思われます。続きは麺の項で。

ノンフライ麺使用で油分が溶け出さないためスープにあまり厚みがないように感じる

麺は、「レタス約4個分相当の食物繊維をたっぷりと練り込んだ『カップヌードル ナイス』専用のノンフライ麺」とのこと。カップヌードルの麺に近い食感を保ちながらノンフライ麺化した、カップヌードルナイス専用麺です。麺自体はとてもよくできていると思いますが、ノンフライ麺化したことでその影響を受けているのは麺自体ではなく、スープなのではないかと思います。油揚げ麺の商品は一般的に、ノンフライ麺の商品よりもスープのカロリーが低く、麺から溶け出す油分を考慮した上でスープを作っているものと思われます。しかし今回はノンフライ麺なので、その溶け出す油分がありません。結果として、スープのところで触れたように、油分が少ないため少し厚みがないと感じるスープになっているように思います。今回の商品はカップヌードルのスープとしてはカロリーは高いものの、一般的なノンフライ麺商品のスープほど高カロリーで濃厚には作られていないため、ちょっと貧弱に感じられてしまいます。普段ボロクソに言っている油揚げ麺ですが、時には大事になるということですかね。

カップヌードルらしい賑やかな具の構成

具は「味付豚ミンチ、キムチ、キクラゲ、ネギ、唐辛子」とのこと。上の完成写真では「味付豚ミンチ」が写っていないですが、3個ほど入っていました。具はなかなか充実しています。肉は3個でしたが、キムチやキクラゲが賑やかで、カップヌードルらしい豊富さだと思います。これだけ入っていると健康志向の商品としては満点じゃないでしょうか。カップヌードルにキクラゲというのはなかなか新鮮で良かったです。キムチは少しカットが小さくて食感的にはイマイチですが、口に入れた時に強く感じるキムチの味が良かったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
健康志向商品としては十分「濃厚」と言え、178kcalという少ないカロリーの中でよく頑張っている商品だと思います。そこは素直に賞賛したいのですが、これを一般的なカップ麺商品と比べて「濃厚」と言うことには少し違和感が残る一杯でした。スープ単体だけ見れば他のカップヌードルシリーズよりカロリーが高く、あながち間違ってはいないのですが、合わせる麺がノンフライ麺だと溶け出す油分がないため、どうしても濃厚感では劣るように思います。「濃厚」の使い方はあくまで健康志向商品の枠内に留めるべきで、この商品がその枠を超えて濃厚とは思えませんでした。ツラツラ文句を綴ってきましたが、低カロリーなのによくできている商品には間違いないのでこの評価で。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加