「出前一丁」をまぜそばにアレンジした一杯

今回のカップ麺は、日清食品の「出前一丁まぜそばカップ」。8月14日に発売された商品で2週間前のものとなりますが、最近やっと見つけたので食べてみたいと思います。袋麺の定番「出前一丁」のカップ麺版として、今までもいろいろとアレンジされた商品が出てきました。今回は「まぜそば」にアレンジした一杯となります。以前にも「からっ! 出前一丁まぜそば」という商品が出ていたようですが、このブログでは未食です。出前一丁と言えばごまラー油の味が特徴的で、今までのカップ麺商品もそこは大事にされてきているので、今回のまぜそばでごま油がどう活かされているのか、楽しみに食べたいと思います。



商品概要

品名:出前一丁まぜそばカップ
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月14日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末ソース・特製ごまラー油・仕上げのお酢)
定価:税別180円
取得価格:税込113円(イオン)

栄養成分表

1食113g(めん90g)あたり
エネルギー:551kcal
たん白質:10.5g
脂質:29.0g
炭水化物:61.9g
ナトリウム:1.6g
ビタミンB1:0.44mg
ビタミンB2:0.55mg
カルシウム:154mg



出前一丁らしさとまぜそばのこってり感を演出するごま油の使い方が秀逸

ソースは「『出前一丁』ならではのしょうゆ味の粉末ソース」に、「麺によく絡む『特製ごまラー油』」と「さっぱりとした風味のお酢」が別添とのこと。しょうゆ味のあっさりめのソースに、ごま油の風味が効いた構成。ごま油によってこってり感が出ています。出前一丁らしい味をきちんと出しつつ、まぜそばのこってり感も演出する、これはなかなか上手なごまラー油の使い方なんじゃないでしょうか。これにお酢を加えることでいっそうまぜそばらしさが増すとともに、出前一丁の新しい味も作り出しているように感じました。ベースの味自体は出前一丁らしく?ちょっとチープな味なんですが、ごま油とお酢の使い方がよく練られていると思います。出前一丁らしい味でもあり意外性のある味でもあります。おいしい。

「出前一丁」らしい中細油揚げ麺

麺は「コシのある中細ウェーブ麺」とのこと。出前一丁らしい中細の油揚げ麺ですが、出前一丁じゃなくても似たような麺は多いですよね。出前一丁のイメージ通りの麺で良いと思います。ごま油とお酢が効いてインパクトある味ではあるものの、しょうゆ味のソースにはそれほど強い主張がないため、細い麺できちんとソースとバランスが取れていました。ごま油とお酢のキレを活かすために、麺が水分を多く含んでしまわないうちに早めに湯切りをし、硬めの食感で食べるのが良いのではないかと感じました。

焼そばタイプらしく具は少ない

具は「キャベツ、チャーシュー、炒りごま」とのこと。量は焼そばタイプの商品だけあって少ないです。チャーシューは細切れタイプであんまり目立っていませんでしたが、肉感自体は悪くないです。キャベツはそこそこの量。そして出前一丁の特徴のひとつである炒りごまは、他を削ってでももっと量が欲しかったかな。ごま油と炒りごまのダブルパンチで、より出前一丁らしさが増して良かったのではないかと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
麺や具に特筆するところはありませんが、ごま油とお酢の使い方がとても上手でした。ごま油は出前一丁らしさをきちんと出しつつも、まぜそばらしいこってり感を出すのに貢献しており、いつもの味なのに何か新鮮。また、お酢が出前一丁の味と意外な相性の良さで、これも出前一丁をまぜそばらしく仕上げるのに大きな効果があったように思います。全体的にはチープな味なんですが、きちんと練られた味の構成でおいしかったです。これはなかなかの良品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加