大黒食品の赤いヤツ!

今回のカップ麺は、大黒食品工業の「うま辛 麻辣麺 大盛り」。先日ドン・キホーテをフラついていて見つけた今まで見たことのなかった商品で、これは新商品か!と思い購入しましたが、新商品ではなく2016年発売の模様。パッケージが地味な大黒食品の商品としては珍しく鮮烈なパッケージで、このパッケージで思わず手に取る人は多いんじゃないでしょうか。実際私が見ている前で一人買い物かごに入れていました。やっぱりパッケージって大事ですよね。このブログではあまり多くレビューしていない大黒食品の商品ですが、見るからに辛そうなパッケージのこの商品、果たしてこの赤いヤツは3倍速いのか。楽しみです。



商品概要

品名:うま辛 麻辣麺 大盛り
メーカー:大黒食品工業
発売日:2016年6月1日(水)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体スープ・かやく)
定価:税別190円
取得価格:税込88円(ドン・キホーテ)

栄養成分表

1食121g(めん85g)あたり
エネルギー:499kcal(めん・かやく434kcal スープ65kcal)
たん白質:10.2g
脂質:24.1g
炭水化物:60.2g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.8g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.19mg
ビタミンB2:0.18mg
カルシウム:183mg



辛さとシビレが高レベルで共存する真っ赤な激辛スープ

スープは「『麻(マー)』中国花山椒をたっぷり使ったシビれる辛さと、『辣(ラー)』唐辛子のピリピリする辛さを合わせた、コクのある辛さを追求したうま辛スープ」とのこと。唐辛子由来の色で真っ赤になったスープです。色々激辛カップ麺を今まで食べてきましたが、これはかなり赤いです。味も、唐辛子の辛さと花椒のシビレがしっかり共存しており、最強レベルとは言いませんがなかなかの辛さです。間違いなく激辛レベル。唐辛子も花椒も高レベルだと思います。かなり思い切った辛さに振ってきていますね。辛さ以外の味は特に印象には残りませんが、大黒食品の商品で店頭で100円程度で売られると考えれば、これで十分じゃないでしょうか。この思い切りはなかなかすごいです。激辛好きの人は一度食べるべきなんじゃないでしょうか。

麺の主張の弱さがスープの辛さとシビレを引き立てる

麺は「うま辛スープと相性のよい中細麺」とのこと。中細で少し縮れのある油揚げ麺です。あまり大黒食品の商品を食べないのでよくわかりませんが、おそらく大黒食品の商品全般で使用されている汎用麺かと思われます。特にこれといった特徴のない麺ではあるものの、細めで主張が小ささによってスープが前に出てくる形になり、辛味やシビレを引き立てているように感じました。このバランスが意図的に狙ったものなのかはわからないですが、辛い商品でスープにバランスを振ったのはすごく良いのではないかと思います。量が多くて食べ応えがあり、辛い商品と長時間格闘する喜びもなかなかのものです。

具の貧弱さは価格を考えるとしょうがないところ

具は「辛さを彩る『小ネギ』『ひき肉』『レッドベルペッパー』入り」とのこと。予想はしていましたが、具はかなり弱いです。ひき肉とかレッドベルとかほとんど存在を感じません。まぁレッドベルはスープが赤いので色的に同化してしまっている可能性はありますけどね。小ネギだけはやや存在を確認できるものの、これもやっぱり少ないのは間違いなく、具はほとんど入っていないに等しいと感じました。ただ、100円程度で売られることを想定した大盛商品ということを考えれば、これは致し方ないのかなと思います。だいたいこの商品買う人も価格を考えると多くを期待できないことくらいわかってますよね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
辛さとシビレ以外に大きな特徴はないものの、この辛さとシビレの両立はお見事で、隠れた名品なんじゃないでしょうか。私が買ったドンキの担当者も逸品の発掘お見事でした!定価で買うなら★4ですが、大黒食品の商品なのでおそらくどこでも100円程度で買えるものと考えられ、そこを評価し★5としました。真っ赤なスープもインパクトがありました。激辛好きなら一度食べてみて損はないと思います。さすが大黒の赤いヤツ。確かに3倍速かったです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加