「中華そば 四つ葉」は埼玉県比企郡川島町の行列ができる人気店

今回のカップ麺は、エースコックの「一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば」。「中華そば 四つ葉」は、埼玉県比企郡川島町にある淡麗系しょうゆラーメンの人気店です。川島町ってどこだ?と思って調べてみましたが、川越の先、運転試験場で埼玉県民には有名な鴻巣の近くなんですね。私は数年間埼玉県民だったんですが、川島町という存在を初めて知りました。川島町の皆様申し訳ありません。さて地理的な把握を終えたところで、この場所で人気店というのはなかなかすごいですね。東京近郊のお店だとどうしても鉄道駅がそばにあるかが重要になってきますが、駅はそばにないのに行列がすごいとか。これはよっぽどのおいしさなのでしょう。今回のカップ麺もかなり期待できそうな雰囲気がありますね。楽しみです。



商品概要

品名:一度は食べたい名店の味 四つ葉監修の一杯 行列必至の中華そば
メーカー:エースコック
発売日:2017年8月28日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体スープ)
定価:税込205円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食94g(めん70g)あたり
エネルギー:407kcal(めん・かやく323kcal スープ84kcal)
たん白質:10.5g
脂質:17.3g
炭水化物:52.2g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく0.9g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.28mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:198mg



こだわったしょうゆの存在感と鶏油の風味でオリジナリティある味に仕上がっているスープ

スープは「チキンをベースにオニオンやガーリックでアクセントを加えた醤油スープで」、「複数種の醤油とたっぷりの鶏油を含んだ液体スープを加えることで、醤油のコクとキレや鶏の旨み・甘みを感じることのできる一杯に仕上げ」たとのこと。鶏油の風味がふわっと漂う、しょうゆ味のスープです。しょうゆは香りが強くてキリッと引き締まった印象で、こだわっている感じがよく出ています。そして何と言っても鶏油の存在。鶏油の風味がこの味の肝で、これがあることで、しょうゆのこだわった香りと合わせてオリジナリティ溢れる味に仕上がっています。時間が経っても熱々で食べられるのもこの鶏油の効果かと思われます。いやーこれうまいですよ。説明がなかなか難しいですが、ただのしょうゆ味のスープではないことはひとくち食べてすぐわかるかと思います。地味に後味としてほんのり感じる玉ねぎの存在感も特徴的です。お店の一杯も食べてみたくなる味ですね。

油揚げ麺ながら中身の詰まった中華そばらしい麺

麺は、「滑らかで歯切れの良い細めんで」、「味付けを施し、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。中細の油揚げ麺です。硬めの食感で、ほぐれの良さも特徴。油揚げ麺としては密度が高く、中身の詰まった中華そばらしい麺です。硬めの食感が鶏油の効いたスープの中でも適度に存在を主張していました。油揚げ麺臭はそれほど感じず、スープの味を邪魔している感じもありません。今回のスープとかなりの好相性・好バランスですね。エースコックのしょうゆ系やしお系のスープのタテ型商品でたまに見かける麺だと思いますが、しょうゆ味のスープとの相性がすごく良いと感じています。

2種類の肉が入っていてお店再現商品にしては豪勢な印象

具は、「焼豚、鶏肉そぼろ、メンマ、ねぎを加え仕上げ」たとのこと。チャーシューが入っている上に鶏そぼろまで入っているとは、タテ型のお店再現商品としてはなかなか奢っていますね。どちらの肉も単体としては物足りない感じではあるのですが、両方あわさるとカップの中で肉が目立つ印象になります。お店のチャーシューは今流行りの生ハムみたいな見た目の赤いチャーシューで、あれの再現はカップ麺ではさすがに無理ですよね。そしてメンマが今回のしょうゆ味とのスープと相性が素晴らしく、量もそれなりに入っていてとても良かったと思います。やっぱしょうゆラーメンにはメンマだよなぁ。いつも言っている気がしますがw

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
独特なしょうゆの香りと鶏油の風味でオリジナリティのあるしょうゆ味スープに仕上がっていて、お店のラーメンはどんな味なんだろうと想像が膨らむ一杯でした。とてもよくできているスープだと思います。油揚げ麺ながら中華そばらしい麺や、2種類の肉、そしてスープと相性の良いメンマと全体的なレベルも高く、間違いなく良品と言って良い一杯だと思います。いやーこれはお店に行って食べてみたいですねぇ。このカップ麺を食べる限り、きっとかなりおいしいお店なんでしょうね。いつか行ってみたいと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加