3種のチーズとチキンラーメンのコラボレーション

今回のカップ麺は、日清食品の「チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ」。チキンラーメンが来年に発売60週年を迎えるにむけた記念商品として、タテ型ビッグサイズの「チキンラーメンビッグカップ から揚げレモン&ペッパー」との同時発売です。この商品は3種のチーズとチキンラーメンの組み合わせ。3種類のチーズとはなかなか豪華ですね。チェダーとモッツァレラのキューブ状チーズに、ゴーダの粉チーズという構成。この商品は以前にもタテ型ビッグサイズで「チキンラーメンビッグカップ 3種のチーズ」として出ていました。当時食べたのはハンサム氏で、それほど評価は高くなかったのですが、今回は果たしてどうでしょうか。



商品概要

品名:チキンラーメンどんぶり トリプルチーズ
メーカー:日清食品
発売日:2017年8月14日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(粉チーズ)
定価:税別180円
取得価格:税込116円(イオン)

栄養成分表

1食85g(めん80g)あたり
エネルギー:392kcal(めん・かやく359kcal スープ33kcal)
たん白質:9.9g
脂質:17.1g
炭水化物:49.7g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく0.8g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.27mg
ビタミンB2:0.41mg
カルシウム:175mg



白いチーズがモッツァレラ、少し赤みのかかったチーズがチェダーです。黄色いのはチーズではなくコーン。これに粉チーズとしてゴーダチーズが加わります。



いつもより薄いチキンラーメンのスープ

スープは「国産チキンを100%使用した、ローストしょうゆ味の元祖鶏ガラスープ」とのこと。味はいつものチキンラーメンのスープなんですが、なんかいつもよりだいぶ薄い気がします。これはチーズの味を活かすためなんでしょうか。スープであまり書くことはないので、味については具のところで書きたいと思います!

いつものチキンラーメンより薄い色

麺は「しょうゆベースのチキンスープで味付けした、香ばしい『チキンラーメン』の麺」とのこと。チキンラーメンのスープの味は基本的に麺につけた味が溶け出したものなので、スープの味が薄かったことと連動し、いつもより色が薄いように感じました。食感はいつもどおりです。

3種のチーズの違いははっきりわかる

具は「チェダーチーズ、モッツァレラチーズ、コーン、ネギ」に、「ゴーダチーズ」の粉チーズが別添とのこと。3種のチーズが入っていることが今回のチキンラーメンの最大の特徴。まずはそれぞれ食べてみると、3種のチーズの味の違いがハッキリわかります。特にモッツァレラチーズがおいしかったですね。食べ初めに3種の違いを楽しみ、そして食べ進めていくうちにどのチーズもスープに溶けるので、3種合わさった味を楽しむ。これはなかなか良いのではないかと思います。ただ個人的な好みで言うと、チキンラーメンのスープとチーズってあんまり合わないんじゃないか感じました。今回、いつもよりだいぶチキンラーメンとしての味が薄く、もちろんチーズの味を前面に出すためだと思われますが、ひょっとするとスープとチーズの相性を考えた部分もあるのかもしれませんね。楽しい一杯ではありますが、結局チキンラーメンはやっぱりチキンラーメンのまま食べるのがいちばんおいしいんじゃないかという、いつもどおりの結論に至ってしまいます。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
以前のチキンラーメンシリーズなら、どれを食べても基本的にはチキンラーメンの味という感じでしたが、最近は変わり種として試行錯誤している様子が窺えます。今回の商品に関しては、チキンラーメンの味を抑えることでチーズの味を前に出し、普通のチキンラーメンの味とは違いますよというのを強調しています。3種のチーズはそれぞれにしっかり味の特徴が出ており、味をきちんと楽しめます。また時間経過とともにすべて溶けたスープもまた違う趣があります。ただ基本的にチキンラーメンとチーズの相性が微妙で、やっぱりチキンラーメンはそのままがいいと感じてしまいます。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加