今回の一平ちゃん夜店の焼そばはおにぎりの具の定番ツナマヨ味!

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば ツナマヨ味」。毎度おなじみの明星一平ちゃん夜店の焼そばの変わり種新作です。このあと大盛タイプが改めて発売されるところまでが最近のテンプレですw 今回はツナマヨ。ある程度何に合わせても定番の味ですよね。ツナマヨと言えばおにぎりの具だったり、もしくはパンに挟んでるのを思い浮かべます。でもよくよく考えてみるとツナマヨの元祖ってサラダじゃないですかね。サラダの上にツナがのっていて、これにマヨネーズをかけて食べる。このサラダの食べ方はツナマヨとは呼ばれませんが、逆にツナマヨの入ったおにぎりはツナサラダ味でもあるような気がします。かなりどうでも良い話ですけどね。それでは食べてみたいと思います。



商品概要

品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば ツナマヨ味
メーカー:明星食品
発売日:2017年8月7日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(ソース・ふりかけ・マヨネーズ)
定価:税別180円
取得価格:税込148円(イオン)

栄養成分表

1食113g(めん90g)あたり
エネルギー:534kcal
たん白質:10.1g
脂質:26.6g
炭水化物:63.5g
ナトリウム:1.4g
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:179mg



ツナマヨ味としてはツナが弱いソース

ソースは「チャーシューと魚醤の旨みが詰まった醤油だれに、ガーリックやジンジャーなどの香味野菜で味を調え」、「たれとオイルにツナマヨの風味を加えた、コクのあるソース」に、「一平ちゃん夜店の焼そば特製のプレーンマヨネーズ」が別添とのこと。ツナマヨの風味が付けられたしょうゆ味のソースです。ソースだけちょっと舐めてみた時は、おぉ!これはいける!と思いましたが、麺と合わせてしまうとそれほどインパクトはなかったですかね。ややあっさり気味にツナマヨの味がして、でも別添のマヨネーズで結局マヨネーズのひとり勝ちな展開になるいつもの夜店の焼そばって感じです。もうちょっとツナ風味頑張ってくれればだいぶ良かったと思うんですけどね。まずくはないんですが、ツナマヨ味!という字面のインパクトほど味に主張はなかったように思います。

カップ焼そばとしては細い油揚げ麺

麺は「しなやかで食べやすい麺」とのこと。カップ焼そばとしてはかなり細めの油揚げ麺です。しお焼そばでよく使われている麺ですね。主張の小さいはずの細い麺ではあるのですが、今回はソースとの相性なのか油揚げ麺臭が強めに感じられます。今回の麺は麺自体に味付けが為されておらず、ソースの押しの弱さも相まってどうしても油揚げ麺臭が前に出てしまいます。油揚げ麺の匂いは気になる人には気になるし、気にならない人にとってはまったく気にならないものなので、これでいいと思う人もたくさんいると思います。私はあんまり得意な味ではなかったです。

「ツナマヨ風味フレーク」ってなんだろう?

具は「彩りがよく、食感のアクセントになるキャベツ」に、「ツナ風味フレークときざみのりを組み合わせ」たふりかけが別添とのこと。「ツナ風味フレーク」の正体は何なんだろうと思って原材料をあたってみましたが、書いてるのは「ツナマヨ風味フレーク」。これって原材料として書いて良いものなのだろうか。そこで今度は「フレーク」を辞書で調べてみました。「薄片状にした食品、もしくはコーンフレーク」とのことなので、今回のフレークはコーンということで良いのだろうか。でもその場合、全材料名は「コーン」であるべきと思うんですが、どうなんでしょうかね。正体がツナだったら「ツナ風味」とは書かないですよね。そもそも「ツナ風味」とは何で味付けをしたものなのかも明示されておらず、なかなかミステリアスというか、正体不明なものですね。噛み締めてみるとツナっぽい感じは出ていました。

オススメ度(標準は3です)

★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2)
ツナマヨの風味がもっと強く出ていたら、油揚げ麺臭を感じる度合いが小さくなって、もっとおいしく感じられたかもしれませんが、今回私にはちょっと厳しい味でした。油揚げ麺臭が気にならない人ならば違った評価になるかなと思います。ソースがツナマヨ、具もツナマヨ、そしていつもどおりのマヨネーズ付きで、徹底的にツナマヨにこだわったのは面白いところでした。今回はいつにも増して私の好みが強く出てしまった評価なので、評価は気にせず食べてみることをおすすめします。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加