リンガーハットが台湾ラーメンをちゃんぽんにアレンジした一杯

今回のカップ麺は、エースコックの「リンガーハットの台湾ちゃんぽん」。リンガーハットとエースコックのコラボはもうすっかりお馴染みになりました。お店と同じように具にも国産野菜を使用するこだわりのシリーズとなっています。最近のこのシリーズはタテ型商品が多かったので久々のどんぶり型かな。エースコックはお店タイアップの手駒が結構多くて、とび辛スパイスにこだわっているココイチもそうですよね。ココイチも私大好きでよく行くので、エースコックはよくわかっていると勝手に思っていますw 今回はお店のメニューにはない味で、人気の台湾ラーメンをちゃんぽんにアレンジした一杯とのことです。リンガーハットは好きでよく行くのですが、「野菜たっぷりちゃんぽん」以外はあんまり食べたことがなく、お店のメニューの「ピリカラちゃんぽん」とどう違うのか判別できません。でもしっかり食べてみたいと思います。



商品概要

品名:リンガーハットの台湾ちゃんぽん
メーカー:エースコック
発売日:2017年8月7日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:4袋(液体スープ・粉末スープ・かやく2袋)
定価:税別240円
取得価格:税込213円(イオン)

栄養成分表

1食91g(めん65g)あたり
エネルギー:375kcal(めん・かやく281kcal スープ94kcal)
たん白質:7.8g
脂質:12.9g
炭水化物:57.0g
ナトリウム:2.2g(めん・かやく1.0g スープ1.2g)
ビタミンB1:0.25mg
ビタミンB2:0.21mg
カルシウム:192mg



おいしい長崎ちゃんぽんだが台湾ラーメンらしさはない

スープは「鶏・豚をベースに魚介や醤油の旨みを加え、ラー油を利かせたピリッと辛い台湾ちゃんぽんスープで」、「ウーシャンの香りと唐辛子の辛みが食欲をそそり、最後まで飽きの来ない味わいに仕上げ」たとのこと。ベースのちゃんぽん味は台湾ラーメンではなく完全に長崎ちゃんぽんのスープですね。いつものこのシリーズのスープに比べるとちょっとあっさりめな感じがしました。これにラー油が加わります。辛さはホントピリ辛程度。辛いものが極端に苦手でなければだれでも食べられるレベルの辛さかと思います。中国の香辛料であるウーシャンは、スパイス感として少し感じられるものの、独特な風味ではなく、あんまり気にならないというか、そんなに存在感がありませんでした。このスープに台湾ラーメンらしさはないんじゃないですかね。強いてあげるとラー油を使って辛いところが台湾ラーメンらしさなのですが、これはお店のピリカラちゃんぽんとどう違うんだろうと不思議に感じるレベルです。「ピリカラちゃんぽん」として出すならばまったく文句ないですが、これを「台湾ちゃんぽん」という商品名にするのは、台湾ラーメン人気にあやかったんじゃないかと訝ってしまいます。ちゃんぽんとしてはきちんとおいしいですが、台湾ラーメンを期待すると肩透かしです。

長崎ちゃんぽんらしい太麺で麺自体に強めに味付けがされている

滑らかで適度な弾力を持つ太めんで」、「スープと相性の良い、ちゃんぽんらしいめんに仕上げ」たとのこと。どんぶり型ですが油揚げ麺です。太くて食べ応えのあるちゃんぽんらしい麺ですが、少し縮れが強いのでそこは少し違うのかなと思います。油揚げ麺なのでしょうがないところですね。スープはピリ辛部分を含めても押しがちょっと弱めなので、今回の太麺だと麺が勝ち気味ですが、そもそも麺が強いのが長崎ちゃんぽんの特徴なので、それほど違和感はありませんでした。麺自体に濃いめに味付けが施されていることが、太麺でもそれなりにスープとバランスを保てる要因でしょうか。油揚げ麺臭もそれほど感じません。いつかノンフライ麺でもちゃんぽん麺を食べてみたいところですが、製法的にこの太麺をノンフライ麺にするのはなかなか難しいのではないかと思います。

キャベツともやしのシャキシャキ感はこのシリーズの大きな武器

具は「程良く味付けした肉そぼろ、色調の良いかまぼこ、人参、シャキシャキとした食感の良いもやし、キャベツ」とのこと。このシリーズの素晴らしさは何と言ってもシャキシャキ感の強いキャベツ!国産野菜を使用しているのですが、国産野菜だからというわけではなく、おそらく具としての製法が他のカップ麺で使われているキャベツとはだいぶ違うのではないかと思っています。もやしも他製品に比べてシャキシャキしています。野菜へのこだわりを強く感じますね。肉そぼろはそれほど存在感なかったですが、ピンクのかまぼこは長崎ちゃんぽんの象徴的な具として彩りを加えていました。ラー油でスープが赤いのでいつもより目立たないんですけどね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
「台湾ちゃんぽん」とのことでしたが、台湾ラーメン的な要素はピリ辛なラー油だけで、ほぼ台湾ラーメンらしさはありません。リンガーハットの長崎ちゃんぽんを食べたくて買うならば期待を裏切らないと思いますが、台湾ラーメンの味を求めるならばかなり物足りない味でしょう。どんぶり型且つ国産野菜を使っているとは言え、油揚げ麺使用で定価税別240円と高額なのも少し気になるところ。長崎ちゃんぽんとしてはおいしいですが、そんなに高評価はできませんでした。「ピリカラちゃんぽん」として出したならば印象はもうちょっと違ったかなと思います。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加