希少な大盛の沖縄そば!

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん でかまる 沖縄そば」。「でかまる」シリーズの新作で、以前にも1度でかまるの沖縄そばは出ていました。沖縄そばは夏になると各社新商品を投入してきますが、明星食品と今回の東洋水産が特に沖縄そばに力を入れている印象があります。でかまるの商品なので大盛、沖縄そばみたいなあっさり系スープでの大盛商品は結構貴重な存在です。世間的なニーズにあっているのかはよくわかりませんが、夏バテした大食漢の人が食べるのには良いのかなぁと思います。大食漢の人はよく食べるので夏バテしにくいような気もしますが、おそらくそれは偏見でしょう。今回はどんな味に仕上がっているのでしょうか。



商品概要

品名:マルちゃん でかまる 沖縄そば
メーカー:東洋水産
発売日:2017年7月24日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく2袋)
定価:205円(税別)
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食109g(めん90g)あたり
エネルギー:515kcal(めん・かやく462kcal スープ53kcal)
たん白質:12.0g
脂質:24.9g
炭水化物:60.7g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく0.9g スープ1.9g)
ビタミンB1:0.37mg
ビタミンB2:0.37mg
カルシウム:208mg



かつおと昆布が強めに効いた、でかまるらしい濃いめのスープ

スープは「ポークとチキンをベースに、かつお節と昆布の和風だしを利かせたスープ」で、「アクセントに七味唐辛子加え」たとのこと。ベースの豚に、かつおと昆布のだし、特にかつおが太く感じられ、沖縄そばとしては濃いめの味に仕上がっています。さすがでかまる、でかまるらさしさが出ていますね。フロントにくるかつおの強いだしに、下支えするしっかりした昆布が効いていて、骨太な味わいはこってり好きな人でもそこそこ楽しめるのではないかと思います。アクセントに七味唐辛子を加えたとのことですが、これはそれほど強くなかったですかね。じっくり味わうと感られるものの、サラッと食べちゃうと流してしまう味でした。基本的にはオーソドックスな沖縄そばと言え、やや高めの塩分が気になりはするものの、誰が食べても沖縄そばとわかる安定した味なのではないでしょうか。

うどんのような太い麺

麺は「歯ごたえのある幅広の角麺」とのこと。幅広のうどんのような太い油揚げ麺です。かんすいが入っているのでうどんではないのですが、限りなくうどんに近い麺で、いつものでかまるの中太丸麺とはだいぶ違う形状です。うどんのような麺ではあるものの、赤いきつねに比べると厚みがあり、食べ応えがあります。今回、スープも沖縄そばとしては強めなので、バランスは悪くなかったです。でかまるなのでさすがに量が多く、あっさりな沖縄そばとは思えない満腹感に満たされました。でもあっさり系な沖縄そばで大盛というのはあんまり需要がない気がするんですが、どうなんでしょうか。

味付き豚肉の量は素晴らしい

味付豚肉、たまご、かまぼこ、ねぎ、紅生姜」とのこと。肉とネギの入った小袋に、肉のみが入った小袋が足されています。おそらく他のカップ麺でも使う小袋に、でかまる用にもう一袋肉を加えたということなんのだと思います。さすがに加えただけあって、肉の量はなかなか多いです。甘く味付けされた肉でソーキっぽさを出しているのですが、ソーキっぽさは足りないものの甘い味とかつお主体のスープの相性は良いです。たまご、ねぎ、かまぼこあたりは沖縄そばの定番の具で、他社の沖縄そばカップ麺でもたいがい入っていますね。彩りがとても良かったです。紅生姜は苦手な人がいるので別添にするのが良いと常々思っていますが、今回は最初から入ってしまっているため、選択の余地はありません。ただ、今回の紅生姜はそれほどど強く主張してくるわけではないので、苦手な人でも食べられる許容範囲かなと思います。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
大盛タイプの沖縄そばということで、いつものでかまるの王道的なこってり系商品に比べるとニッチなとこを狙ってきている商品でした。あっさりな沖縄そばの割には、かつおと昆布の強いでかまるらしい味に仕上がっており、こってり好きな人でもある程度満足できる仕上がりなのではないかと思います。味付き豚肉の量がきちんと多かったのはでかまるの面目を保つに十分でしたね。食べ応えありました。難を言えば紅生姜が最初から入ってしまっているため取捨選択の余地がないところですが、それほど強く主張してくる味ではなかったため許容範囲と判断しました。沖縄そばなのに食べ応え重視の独自性を感じる商品でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加