今回で5回目となる夏の定番「レッドシーフードヌードル」

今回のカップ麺は、日清食品の「カップヌードル レッドシーフードヌードル」。毎年の夏の恒例商品として、今回で5回目の登場となります。今回はこの前記事にもした初登場の「汁なしシーフード」との同時発売。先輩としての貫禄を見せてもらいたいところです。前回発売時はこのブログで★6を付ける高評価な一杯でした。多少、昨年出たものとは栄養成分等に違いが見られるので、昨年とまったく同じものが今回も出てきたというわけではないようです。当然ながら今回も期待しています。それにしてもカップヌードルの他の味に比べて、シーフードヌードルはアレンジされる機会が多いですね。「ミルクシーフード」もそうですし、今回も「汁なしシーフード」が新たに出てきた。そして再来週には「イカ墨ブラックシーフード」なんてものまで登場します。人気の高さに加えてアレンジのしやすさって部分もあるんでしょうね。



商品概要

品名:カップヌードル レッドシーフードヌードル
メーカー:日清食品
発売日:2017年7月17日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:なし
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食75g(めん60g)あたり
エネルギー:348kcal(めん・かやく308kcal スープ40kcal)
たん白質:9.3g
脂質:14.7g
炭水化物:44.6g
ナトリウム:1.9g(めん・かやく0.8g スープ1.1g)
ビタミンB1:0.82mg
ビタミンB2:0.24mg
カルシウム:96mg



辛さでシーフード味が際立つスープ

スープは「ポークと魚介のうまみをきかせたシーフードスープに、唐辛子、粗びき黒こしょうで辛味のアクセントを加えた "辛うまスープ"」とのこと。基本的にはシーフードヌードルの特徴であるちゃんぽん風のイカをメインとしたシーフード味を踏襲しつつ、唐辛子の辛さでインパクトを出しているスープです。昨年も食べていますが、私の記憶が確かならば・・・(古)、これ昨年のよりだいぶ辛くなっているように感じます。昨年はピリ辛程度と記憶しているのですが、今年のはその域はだいぶ超えているように感じます。私の味覚が辛さに弱くなっただけでしょうか。激辛ってわけではないのですが、子供に食べさせるには心配になる辛さではあります。でもこの辛さが良い!スープがパワーアップしています。そして昨年のスープ同様、辛味によりシーフードの旨みがかえって際立つ印象を受けます。辛くて旨味も強いシーフードスープで相変わらずおいしいですね。

スープと麺のバランスは外さない「カップヌードル」シリーズ

麺は「カップヌードルならではの、しなやかでコシとつるみのある麺」とのこと。カップヌードルのいつもの細い油揚げ麺です。コシのないフニャフニャな麺ですが、適度に油揚げ麺臭と麺自体の味があり、スープの味の邪魔をしない程度に存在感を発揮しています。スープと麺のバランスは良く、このバランスの良さはカップヌードルシリーズに共通する特徴です。ラーメンとは違う食べ物、カップヌードルならではなんですよね。最近では似たような食感の麺が他社からPB商品などで出ていて以前に比べると独自性はなくなりましたが、スープと麺のバランスを外してこないところもカップヌードルの強みかと思います。

基本的にはシーフードヌードルと同じ構成の具だがイカがちょっと少なイカ

具は「イカ、キャベツ、たまご、カニ風味かまぼこ、ネギ」とのこと。構成は普通のシーフードヌードルと同じです。量も概ね似たようなものかと思いますが、イカがちょっと少ないですかね。ノーマルシーフードの方が大きいイカが入っていたように思いますが、単なる個体差なのかもしれません。ただ賑やかな印象なのは共通していて、カニ風味かまぼこやたまごの甘さがシーフードのおいしさを底上げしていました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
今回で5回目の登場となるレッドシーフードでしたが、昨年出ていたものよりも辛さが増しているように感じられ、辛いものが好きな人でも満足できる一杯なのではないでしょうか。もともとのシーフードヌードルの一本線の通った味の強さに加えて、辛さもきちんと存在感を出したことによって、スープの旨みや甘みまで増幅されたように感じました。「シーフードヌードルの変わり種」、「季節限定シーフード亜種」にとどめておくにはとてももったいないと感じる一杯でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加