糖質を抑え食物繊維を加えたライザップカップ麺の第4弾商品

今回のカップ麺は、明星食品の「RIZAP 醤油豚骨ラーメン」。製造は明星食品。ファミマ&ライザップのコラボカップ麺第4弾になります。糖質をカットして食物繊維を加えていることろが特徴のシリーズとなります。今まで出てきたのは「辛味噌」「生姜醤油」「辛豚骨」で、今回初めて辛い系の味から離れた醤油豚骨となっています。無化調系のパンチのないスープには辛い味をつけるのが物足りなさを補う定石という一面があり、糖質を抑えているライザップ商品では辛味をつけることがおいしさの秘訣かと思いましたが、でも今までの商品を見てみると、スープで特に糖質を抑えているような形跡はなく、あくまで麺の糖質を抑えることを主眼に置いているようなので、今回スープに辛味がなくなったところでそれほど影響はないのかもしれません。さてさてライザップ第4弾商品、どんな味なのでしょうか。



商品概要

品名:RIZAP 辛豚骨ラーメン
メーカー:明星食品
発売日:2017年7月18日(火)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:1袋(後入れ液体スープ)
定価:税込225円
取得価格:税込225円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食78g(めん54g)あたり
エネルギー:279kcal(めん・かやく210kcal スープ69kcal)
たん白質:12.0g
脂質:13.7g
糖質:17.5g
食物繊維:23.3g
ナトリウム:2.3g(めん・かやく0.5g スープ1.8g)

糖質が50%カットされ、食物繊維が多く含まれているのが特徴。糖質が抑えらている割には全体カロリーは小さくなく、特にスープのカロリーは一般的なタテ型カップ麺の水準くらいはあります。あくまで抑えるのは糖質であって、脂質やカロリーを抑えるところに主眼が置かれていないのが他のダイエット系カップ麺とは大きく異なるところかと思います。テレビとか見ていても糖質ダイエットしている人がガンガン肉を食べているのを見ますよね。糖質のみの制限によって、食べるのを我慢している感じにならないのが逆に良いのかもしれないですね。ご飯が大好きな私には厳しいですが。



上の写真撮影時は、底にあった粉末状のスープがうまく混ざっていなかったため、色的にはちょっと薄くなってしまいました。しっかり底までよくかき混ぜてから食べることをおすすめします。

太いとんこつが特徴の濃いめのとんこつしょうゆスープ



スープは「たっぷりの豚骨エキスとにんにくを加えた醤油豚骨スープ」とのこと。上の画像を見てもらえるとわかるかと思いますが、びっしりと油が浮いており、またとんこつしょうゆの分厚さも感じる色合いで、とても何かを制限しているスープには見えません。おそらく実際に何も他のカップ麺と変わらないんだと思います。制限しているのは麺だけだと思います。そして味もきちんととんこつの太さを感じることができ、しょうゆの濃さと相まって結構本格感のあるとんこつしょうゆスープに仕上がっています。これだけ食べているととてもダイエット系商品とは思えません。とんこつ感が強いのが大きな特徴で、同じ明星食品の他商品よりもむしろこちらの方がこってり感が強いです。こういうまったく我慢していない味に仕上げるのは狙い通りなんじゃないでしょうか。

甘みの少なさを極細にして麺の存在感を弱めることでカバー

麺は「食物繊維を加えた細めのノンフライ麺」とのこと。極細の部類に入るノンフライ麺です。博多ラーメンの麺を思わせる麺で、今回の太いとんこつしょうゆ味のスープと合わせると多少存在感は弱めかなと思います。ただ麺単体としてはとてもおいしい麺で、タテ型でよくここまで作れると感心してしまいます。この前第3弾商品として出ていたどんぶり型商品の「辛豚骨」と似たような食感の麺で、ちょっとボソボソしていて粉っぽさがあり、確かに糖質を抑えていることが見て取れる甘みの少なさですが、極細麺としてはかなりレベルの高い麺となっています。本格的なとんこつスープと合わせて食べてみたいですね。甘みの少なさを麺を極細にして存在感を弱めることでカバーする手法をとっているものと思われます。

2種類の肉が入った食べ応えのある具

具は、味付豚肉、チャーシュー、ネギ。2種類の肉が入っていることが大きな特徴となっています。肉感のあるチャーシューと一般的なダイス肉です。本来ならすべて肉感のあるチャーシューを使いたかったのかもしれませんが、チャーシューの少なさによる肉感の物足りなさを、ダイス肉の肉量で補う作戦に出ています。結構な食べ応えがあり、作戦は大成功なんじゃないでしょうか。糖質は抑えているのに肉の食べ応えがあるという、狙い通りなんだと思います。全体具量がそれほど多いわけではないのですが、肉の食べ応えは結構なものです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
なんだか色々と狙いが透けて見えて、そしてどれも功を奏しているという、ちょっとうれしいような悔しいような。糖質は抑えているのに食べ応えはある、我慢している感じは一切しない味に仕上がっています。おそらく糖質を抑えているのは麺のみで、スープはなかなか分厚いとんこつしょうゆ味となっています。とんこつの存在感があってとてもおいしかったです。糖質を抑えている麺は粉っぽさがあって極細麺としてはかなり優秀で、他の商品でも食べてみたいと思えるデキです。また2種の肉を使うことで肉感と食べ応えをうまく両立できていることも特徴的で、とてもよくできている一杯でした。個人的には今までのライザップカップ麺で今回がいちばん好きです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加