今度のノンフライ汁なし麺は横浜家系汁なし麺!

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン」。全て別々のブランドシリーズではありますが、サンヨー食品のここのところの連続したノンフライ汁なし麺の発売としては第3弾ということになります。これまでの2作「サッポロ一番 街の熱愛グルメ 広島式汁なし担担麺」「サッポロ一番 ご当地マシマシ タレ濃いめ&麺大盛 東京油そば」はともにかなりハイレベルな商品だったので、今回も期待大です。今回「汁なし!!」という新シリーズで登場なので、いよいよ本格的に腰を据えて汁なしノンフライ麺を作っていくという意志の現れでしょうか。今後も楽しみです。ひとまず今回は横浜家系ラーメンを汁なし麺に落とし込んだもので、これはいかにもおいしそう!期待が高まります。



商品概要

品名:サッポロ一番 汁なし!!横浜家系豚骨しょうゆラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年7月10日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(あといれ特製調味だれ・かやく・焼のり)
定価:税別220円
取得価格:税込192円(イオン)

栄養成分表

1食100g(めん70g)あたり
エネルギー:410kcal
たん白質:7.6g
脂質:15.1g
炭水化物:61.0g
ナトリウム:1.6g
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.58mg



汁なし麺でもきちんと横浜家系の味

たれは「横浜家系のスープを、豚骨のうまみに鶏油のコクと香りを合わせた、汁なし用の豚骨しょうゆだれにアレンジし」たとのこと。今回汁なし麺ですが、たれはきちんと家系ラーメンしています。太めのとんこつに鶏油が微かに香り、しょうゆ味と相まってしっかり家系ラーメンの味です。家系ラーメンを汁なしラーメン化するのは初めて見たし初めて食べましたが、なんかすごく汁なし麺と相性が良いんじゃないかと思います。なかなかおいしいです。欲を言えばもっとインパクトの強い味、とんこつが太かったりこってり感があったりするともっと良かったですが、試みとしては間違っておらず、各社追随してもらいたい味だなーと思います。実際、そんな広がりはないものの、家系の味で汁なし麺を出しているお店もあるみたいですね。これはぜひとも食べてみたい。

弾力がある多加水ノンフライ麺

麺は「つるみとしっかりとしたコシのある、太ちぢれのノンフライ麺」とのこと。家系ラーメンと聞いて思い浮かべる麺に比べると細い気はするものの、中太のノンフライ麺です。個人的には中太ってよりは中細麺な感じだと思います。コシがあって弾力の強い多加水麺タイプの麺で、麺としての主張は強め。でもノンフライ麺なので油揚げ麺臭がなく、多少麺が強くてもたれの味を崩さない強みがあります。今回は濃いめのたれで、強い麺とのバランスはバッチリでした。やっぱりノンフライ麺は油揚げ麺よりずっと汁なし麺に向いていますね。ちょっとクセになる味わいです。

焼のり以外は物足りない具

具は「肉そぼろのうまみが食欲をそそり、横浜家系ラーメンの特徴である、ほうれん草と焼のりを使用し」たとのこと。具はちょっと貧弱でしょうか。ほうれん草、焼のりという家系ラーメンの基本はきちんと押さえていますが、ほうれん草はかなり少なめで存在感ありません。前回の記事でほうれん草たっぷりのペヤング鉄分MAXを食べているから余計そう感じるのかもしれません。そしてコスト的な理由でしょうが、肉そぼろというのはあまり家系っぽくないですね。これも量が少ない。焼のり入れて力尽きちゃった感じですかね。ノンフライ麺商品とは言え定価220円ということを考えると具は物足りない印象でした。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
実際はブランドシリーズが異なっているとは言え、勝手にサンヨー食品のノンフライ汁なし麺シリーズ第3弾と位置づける今回の商品も、ノンフライ麺であることをしっかり活かせた良品でした。濃いたれと主張の強い多加水ノンフライ麺の相性が良く、クセになる味わいでしたね。せっかくの家系ラーメンなので更なるパンチが欲しかったところではあるものの、満足度の高い商品だと思います。このノンフライ汁なし麺シリーズは今後もどんどん続けていって欲しいです。今回のような創作麺も良いですが、焼そばも同じ感じで出して欲しいし、博多焼きラーメンの小金ちゃんもサンヨー食品から製品化されているので、これもノンフライ麺化して欲しいですね。どんどんノンフライ汁なし麺の世界を広げていってもらいたいものです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加