すだちポン酢と焼そばの相性はいかに

今回のカップ麺は、明星食品の「明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢醤油味」。いつもネタ的な面白い商品を出してくる一平ちゃん夜店の焼そばの変わり種新商品です。今回は「すだちポン酢」。正統派と奇抜の中間くらいですかね。ありそうでなさそうで、でもやっぱり見たことないかなという味でしょうか。普通のソース味に隠し味ですだちの香りをつけるくらいならありそうですが、この商品は多分そんなのではなくて、堂々主役を張っているものと思われます。果たして焼そばとすだちの相性はどんなものなのでしょうか。楽しみです。



商品概要

品名:明星 一平ちゃん夜店の焼そば すだちポン酢醤油味
メーカー:明星食品
発売日:2017年7月3日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(液体ソース・マヨネーズ)
定価:税別180円
取得価格:税込138円(イオン)

栄養成分表

1食120g(めん90g)あたり
エネルギー:547kcal
たん白質:9.4g
脂質:27.0g
炭水化物:66.6g
ナトリウム:1.7g
ビタミンB1:0.35mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:149mg



すだちポン酢が強いソース

ソースは「鰹とポークの旨みがベースの醤油だれにすだちポン酢を加え、すだちの風味を効かせたオイルを合わせ」た、「香り立ちがよく、コクと旨みのある醤油味のソース」に、「一平ちゃん夜店の焼そば特製のプレーンマヨネーズ」が別添とのこと。すだちポン酢は隠し味どころではなく完全にメインの味で、強烈なすだちの風味と酸味が効いています。こりゃ思ったよりすごいな。これにマヨネーズが加わるわけですが、すだちポン酢とマヨネーズの相性は可もなく不可もなくといったところでしょうか。個人的にはマヨはない方がスッキリして良かったとは思いますが、マヨが味を壊しているというほどではなく、一平ちゃん夜店の焼そばのアイデンティティを保つためには入れるのもしょうがないかなといったところ。何でもマヨ入れるスタイルはなんとかならないんですかね。一平ちゃん夜店の焼そばといえばマヨとふりかけだと思っていますが、今回のようなマヨではなく常時ふりかけ入れるスタイルにする方がいろいろ合わせやすいと思うんですけどね。

少し細めで硬い油揚げ麺

麺は「しなやかで食べやすい麺」とのこと。中細の油揚げ麺です。塩焼そばに使われるタイプの一般的なカップ焼そばの麺より細くて硬い麺です。今回すだちの味のソースでそれなりに主張が強いですが、バランスを考えるといつもの麺よりこっちの細いタイプの方が良いと思います。油揚げ麺としては特有の風味が小さく、すだちの風味を壊していないのは良かったと思います。私はどんな時でも油揚げ麺は細麺の方が好きなのであまり参考にならないかもしれないですけどね。

量が多くてもキャベツはキャベツ

具は「キャベツを当社比30%増量した、たっぷりの仕様」とのこと。確かにキャベツの量ちょっと多いでしょうかね。でも正直、カップ麺のキャベツって食感がないしイマイチなんですよね。甘さは際立つので塩け一辺倒の味のスープやソースの場合は役に立ちますが、でもキャベツはキャベツなんですよね。なんかアリバイで入れた感がして、やっぱりキャベツだけだと寂しいです。やっぱり一平ちゃん夜店の焼そばならふりかけが欲しいところですかね。もっと賑やかさが欲しいです。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
鮮烈なすだちの味はなかなかインパクトがあって良かったですが、一平ちゃん夜店の焼そばらしさであるところのマヨネーズは相性的にはそれほど良いとは思えず、すだちを活かす方法はもっと別にあったんじゃないかと感じてしまいました。いや別に相性が悪いとまではいかないんですよ。可もなく不可もなくなんですが、お得意のふりかけあたりで、もっとおいしくする方法があったんじゃないかなぁというところと、そろそろ全てにマヨネーズ入れるってのもどうなのかなぁと感じずにはいられませんでした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加