夏の暑さを吹き飛ばしてくれるカルビ味に期待

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 ピリ辛カルビ味焼そば」。コッテリ系商品でしょうか、赤いパッケージがいかにも焼肉らしいですね。定価180円の具の弱い傾向にあるカップ焼そばなので、大きな期待はできないものの夏の暑さを吹き飛ばしてくれる味に期待です。



商品概要

品名:サッポロ一番 ピリ辛カルビ味焼そば
メーカー:サンヨー食品
発売日:2017年6月26日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(液体ソース)
定価:税別180円
取得価格:税込194円(マックスバリュ)

栄養成分表

1食108g(めん85g)あたり
エネルギー:460kcal
たん白質:10.5g
脂質:18.6g
炭水化物:62.7g
ナトリウム:1.9g
ビタミンB1:0.34mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:222mg



焼肉らしいインパクトに欠けるソース

ソースは「本醸造濃口醤油をベースに、豆板醤とコチュジャンの辛みとうまみを合わせ、ガーリック風味をきかせた辛口焼肉風ソース」とのこと。ピリ辛しょうゆ味のソースなんですが、これ焼肉風なんでしょうか。あんまり焼肉っぽさはなく、ちょっと辛いくらいしか特徴がないように感じます。コチュジャン由来と思われる甘みみたいなものは多少感じるのですが、それほど強いわけではなくインパクトに欠けます。全体的にインパクトが小さく、やや安っぽい味になってしまっているように感じました。焼肉風とのことなのでもうちょっと濃い方が焼肉らしくなったんじゃないですかね。焼肉的な要素はあるんですが押しが弱すぎて焼肉らしさに欠ける感じがしました。

コシのある細い麺

麺は「表面に張りがあり、適度なコシとしなやかさが特徴」の、「ソースがよく絡み、食べ飽きのしない、ちぢれ細麺」とのこと。中細で縮れのある油揚げ麺です。ソースの押しが弱いのでやや油揚げ麺臭は感じられてしまいますが、弱いソースに対して主張の小さい細い麺で、バランスはそれほど悪くなかったのではないかと思います。コシが強めにあって、細麺ながらフニャフニャな感じにならなかったのは良かったと思います。カルビ味なんて聞くと、コッテコテのソースに太麺みたいなイメージを抱きますが、弱いソースに細麺というのはだいぶ意外な感じがします。

唯一の焼肉らしさを発揮する牛肉チップ

具は「牛肉チップのうまみ溢れるおいしさとキャベツのシャキシャキとした歯応えの食感が相性抜群」とのこと。ちょっと細かいし量も少ないんですが、それでもこの牛肉チップはこの商品唯一の焼肉らしさを発揮していました。口にの中に入れて噛みしめるときちんと牛肉の味がしていました。カルビというよりは薄くてしゃぶしゃぶの肉みたいな食感でしたけどね。それでもあるとないでは大きな違いだと思います。キャベツも量が少なかったですね。ソースの押しが弱いし牛肉もそんな入っているわけではないので、キャベツだけ量が多いとバランスが悪くなるのでこれくらいで良いとは思いますが、180円の商品としてももう少し全体的なボリュームは欲しかったところ。

オススメ度(標準は3です)

★★★☆☆☆☆☆☆☆(3)
パッケージの赤い色からイメージする鮮烈な印象は、残念ながら味では感じられませんでした。ピリ辛のしょうゆ味のソースで、多少コチュジャン由来の甘みは感じられるものの、それが焼肉の味とは結びつかず、個性に欠けました。具の牛肉チップは唯一の焼肉らしさを示すパーツではあったものの、量が少ない上に細かくて、これだけではカルビ味としては不十分と感じました。おいしくないわけではなかったのでこの評価としましたが、もうちょっと焼肉らしさや個性が欲しかったですね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加