「麺魚」なんと真鯛ラーメン専門店!

今回のカップ麺は、東洋水産の「マルちゃん 縦型ビッグ 麺魚 濃厚鯛だしラーメン」。東京墨田区のラーメン店「真鯛らーめん 麺魚」のラーメンを再現した商品です。魚介ラーメン専門店ではなくて真鯛ラーメン専門店ですよ!鮮魚系のラーメンは最近脚光は浴びているものの、ラーメンとしてはマイナーな部類に入る味だけでお店を開こうとするその意志の強さ、ちょっと尊敬します。築地市場の仲卸の経験のある店主さんだそうで、魚の中でも特に鯛に思い入れがあったんでしょうね。ピンポイントなこだわり、とても好感が持てます。ぜひ一度行ってみたいお店です。お店の一杯は濃厚な鯛だしのスープとのことで、いやーぜひともスープにご飯をぶっこんでみたいw 鯛にこだわったお店のカップ麺、果たしてどんな感じなんでしょうか。とても楽しみです。



商品概要

品名:マルちゃん 縦型ビッグ 麺魚 濃厚鯛だしラーメン
メーカー:東洋水産
発売日:2017年6月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(特製スープ)
定価:205円(税別)
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食102g(めん70g)あたり
エネルギー:433kcal(めん・かやく342kcal スープ91kcal)
たん白質:10.9g
脂質:16.5
炭水化物:60.1g
ナトリウム:2.9g(めん・かやく1.1g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.31mg
ビタミンB2:0.35mg
カルシウム:164mg



鯛だしがガツンとくる濃厚こってりスープ

スープは「鯛を中心とした魚介系のだしに、鶏白湯を合わせた濃厚な鯛だしスープ」で、「ゆずや燻製したチャーシューなどの香りを利かせ」たとのこと。少しとろみのある鶏白湯スープで、分厚い鯛だしが効いています。鯛だしスープは今までカップ麺でもそれなりに数出ていますが、基本的にはあっさり和風だし的な使われ方がほとんど。今回のスープは鯛だしを使いながらかなり濃厚こってりしたものに仕上がっています。鶏白湯は鯛ほど前には出てこず、とろみ以外は脇役に徹している印象。後味にゆずや燻製風味があって変化も感じられ、鯛だしの強さと飽きのこなさを両立していました。鯛が丸みを持ちながらもガツンとくる感じ、これはちょっと今まであまり経験したことない味でおいしかったです。

THE本気盛の麺

麺は「なめらかでコシのある、太めの角麺」とのこと。太くて縮れの強い油揚げ麺です。色こそ白っぽいですが、THE本気盛の麺という感じで、太くてかなり押しの強い麺です。今回はスープが濃厚なので油揚げ麺臭はほとんど感じませんでしたが、この麺自体に何か麺の風味とかがあるわけではなく、ただ太いだけというか、正直あまりこの麺がスープに対し何か貢献できているようには思いませんでした。お店の麺も太めの麺だそうなのでそれなりに再現している感じではあるのかもしれませんが、ただ太いだけではなく、麺らしい味がちょっと欲しいかな。スープの味の邪魔をしているわけではなかったですが、麺が何も役に立っていない印象でした。もうちょっと小麦感とかあるとだいぶイメージ変わると思うんですけどね。

細切れ豚肉がきちんと豚肉の味がしていておいしい

味付豚肉、チンゲン菜、ねぎ」とのこと。お店のラーメンにはスモークされた薄切りのチャーシューが山盛りで入っているんですが、いやはや画像を見るとこれがとてもおいしそう。今回は普通の豚肉ですが、スモークの部分はスープで表現されていました。あとはチンゲン菜。これもお店で入っている具です。全体的に量はそれほど多くないですが、スープも含めてお店の味を再現しようとしているのは窺えました。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
鯛がガツンと効いたスープはかなりおいしかったです。鶏白湯は下支えとなり、後味で香る柚子と燻製風味も心地良く、実際お店で食べてみたくなる味でしたね。ただ、本気盛シリーズによく使われていそうな縮れた太麺がどうにも野暮ったい印象で、食感や存在感の割に味に寄与していないというか、麺らしい味が伝わってこないのが残念でした。スープが素晴らしいので、ぜひともノンフライ麺で食べてみたくなる味でした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加