「SPICE DELI」シリーズ第2弾は人気のシビレ系担々麺とパクチーの組み合わせ!

今回のカップ麺は、エースコックの「SPICE DELI 痺れる辛さのパクチー入り担担麺」。流行りというより定番化してきたシビレ系担々麺と、これまた流行りというよりすでに定着化したパクチーを組み合わせた商品です。パクチーがたくさんのったシビレ系の担々麺というのは最近のトレンドでもあり、汁なし担々麺を中心に多く見かけるようになってきました。私も一度担々麺の専門店で食べたことがあります。

「SPICE DELI」シリーズは今回が第2弾の商品で、1作目は昨年7月に発売された「SPICE DELI 酸味と辛味の酸辣湯麺」でした。酸辣湯麺に続いて担々麺、流行を押さえている感じがしますね。第1弾商品が出た時はその後ぽんぽん新商品が続くのかと思っていましたが、約1年ぶりというのはちょっと長かったですね。いかにも消費者受けしそうなシリーズなので、今回の商品の売れ行き次第では今度こそぽんぽんと新商品出てくるかもしれないですね。



商品概要

品名:SPICE DELI 痺れる辛さのパクチー入り担担麺
メーカー:エースコック
発売日:2017年6月12日(月)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:2袋(調味油・スパイス)
定価:税別205円
取得価格:税込216円(ファミリーマート)

栄養成分表

1食91g(めん70g)あたり
エネルギー:400kcal
たん白質:10.6g
脂質:15.7g
炭水化物:54.1g
ナトリウム:2.1g(めん・かやく0.7g スープ1.4g)
ビタミンB1:0.26mg
ビタミンB2:0.28mg
カルシウム:192mg



シビレが前に出た爽やか系担々麺スープ

スープは「唐辛子や花椒といった香辛料をしっかり利かせた味噌ベースの担担麺スープで」、「別添のスパイス・調味油を加えることで、クセになるスパイシーな辛さと痺れがさらに引き立ち、最後まで飽きのこない味に仕上げ」たとのこと。みそベースの担々麺スープで、エースコックお得意の練りゴマの強さは今回の商品では感じません。目立つのはやはりシビレで、強烈とまではいきませんが主張は強め。唐辛子の存在もきちんと感じますが、辛さはそれほどでもなくピリ辛程度でしょうか。辛さよりもシビレが前に出ていますね。担々麺としては重厚感のないライトなスープなので、シビレとあわせてこれから夏に向けて良さそうな爽やかな辛さのスープでした。

スープの邪魔をしない中細油揚げ麺

歯切れの良さと適度な硬さが特長の角刃の中細めんで」、「適度な味付けをおこない、スープと相性良く仕上げ」たとのこと。硬めの食感の中細油揚げ麺です。担々麺の麺といえばもうちょっとやわらかいものを想像しますが、私はこれくらい歯応えがある方が担々麺にはあっているんじゃないかと思っています。重厚感の小さいスープとは言え香辛料の存在感は強いので、今回の油揚げ麺と合わせても油揚げ麺臭は感じず、スープの邪魔をしていなかったのは良かったです。また食感は強めなので、スープのスパイスに負けていなかったのも評価ポイントだと思います。

パクチーの量は主役だけあってかなり多い

具は「程良く味付けした肉そぼろ、シャキシャキとした食感の良いチンゲン菜、風味豊かなごま、色調の良い唐辛子、パクチー」とのこと。シビレスープとともにもう一方の主役となるパクチーですが、後入れタイプで食感を残したまま食べることができます。それなりに量が入っていて、さすがに生のパクチーほどではないもののきちんとパクチーの風味が感じられます。主役としての存在感は申し分ないと思います。ただ、シビレスープの中に入ってしまうと多少おとなしくなってしまい、これ違うスープならもっとパクチーの味が目立ってたなぁと感じます。この商品が「痺れる辛さのパクチー入り担担麺」という名前なのでシビレスープとパクチーを切り離すことは不可能なのはわかってはいるのですが、生に比べると風味の強くないパクチーを活かすならこの味ではないんじゃないかと思ってしまいます。他の具で目立っていたのは白ごまでしょうか。スープに練りごまの味は強く感じませんでしたが、具の方のごまは噛んだ時の香ばしさがアクセントとしてなかなか良かったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
きちんとシビレ系担々麺の味になっていて、パクチーもしっかり風味を出している、商品名に違わない商品であることは間違いないです。担々麺としては重厚感がなく、シビレとパクチーで爽やかな印象を持つ味で、これから暑い時期にピッタリな味なのではないかと思います。しかし他のシビレ系商品と比べてシビレが強いわけではなく、パクチーもシビレスープが作用してかとりわけ目立つというわけでもなく、インパクトとしてはやや弱いのかなと思います。おいしいんだけどちょっと物足りなさの残る味といった感じでした。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加