ローソンのトナリ辛激タンメンはセブンの蒙古タンメン中本のライバル?

今回のカップ麺は、明星食品の「トナリ 辛激タンメン」。ローソン限定商品です。「東京タンメン トナリ」はつけ麺の名店「六厘舎」系列のタンメンの専門店で、東京やその周辺に複数店舗を構える人気店です。トナリは以前にもカップ麺で、日清食品から「日清有名店が推す一杯 トナリ 濃厚タンメン」が販売されていました。今回はメーカーを替え、明星食品からの新商品です。日清も明星も同じグループ会社ですけどね。激辛系のタンメンと言えば、カップ麺ではセブン&アイグループで売られている「蒙古タンメン中本」が有名ですが、今回はセブンのライバルであるローソンの限定商品ということもあり、中本のことは相当意識して作られた商品なのではないかと思われます。トナリならネームバリュー的にも中本に負けないですしね。果たして中本の対抗馬となる商品なのか、食べてみたいと思います。



商品概要

品名:トナリ 辛激タンメン
メーカー:明星食品(ローソン限定商品)
発売日:2017年6月13日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(後入れ液体スープ)
定価:税込216円
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食112g(めん80g)あたり
エネルギー:507kcal(めん・かやく401kcal スープ106kcal)
たん白質:10.2g
脂質:20.5g
炭水化物:70.5g
ナトリウム:2.0g(めん・かやく0.7g スープ1.3g)
ビタミンB1:0.50mg
ビタミンB2:0.39mg
カルシウム:262mg



激辛スープの奥に感じる甘さがおいしい

スープは「ポークと魚介のきいたスープに、ニンニク、赤唐辛子、赤・白味噌、豆板醤、生姜を加え」たとのこと。とんこつベースにみそ味で、唐辛子などの辛さが盛大にのってきます。辛激タンメンというだけあって、結構辛いです。激辛の範疇と言って良いと思います。ライバル?中本のカップ麺に比べると辛さは多少劣りますが、それでも十分辛いです。そして辛さの奥でじわじわ主張してくるスープの甘さが大きな特徴で、みそや豆板醤の甘さに加え、おそらく(具の)野菜の甘さも加わっていると思われます。甘さが強く感じられるのは中本のカップ麺も同様ですが、こちらトナリの方がその甘さをより強く実感できます。ただ辛いだけじゃない、甘みによって強力な旨さのあるスープで、これはかなりおいしいです。激辛でありながらタンメンらしさは全然失っておらず、この甘さはちょっとクセになりそうです。これは中本に十分対抗しうるスープ、辛さだけに囚われないのなら、むしろ勝っている部分が多いスープじゃないでしょうか。

実際のお店同様に豪快な太縮れ麺を使用!

麺は、縮れのある平打ちの太い油揚げ麺です。カップ麺中本の麺はそんなに太い麺ではなかったので違いがハッキリしているのは良いと思います。実際のお店の麺も、平打ちの太縮れ麺で、かなり豪快なイメージがあります。スープが辛さを含めてかなり強力なので、麺がこれくらい太くても十分バランスが取れていました。そして縮れているため、スープをよく拾うのも功を奏していました。辛さが猛威を振るうスープの中で麺にも猛々しさがあり、相性バッチリでしたね。私は正直、太い油揚げ麺というのはどうも好きではないのですが、今回のスープにならむしろ太麺は大歓迎ですね。

野菜たっぷりでタンメンらしさがある具

具は、キャベツ、チャーシュー、ニンジン、もやし、ニラ、キクラゲ。最も目立っていた具は量の多いキャベツで、甘みが辛いスープの中でとても良く映えていました。カップ麺のキャベツってカップ麺ではたいがいのものに入っている便利屋的な材料なんですが、あんまり効果的な使い方はされていないようにも見えます。でも今回のキャベツはかなり効果的でした。あとはニラやもやしもそれなりに目立っていて、風味こそそれほどでもなかったですが、食感に変化をもたらすという点では効果があったと思います。野菜たっぷりで、中本のカップ麺に比べてタンメンらしさがきちんと出ていました。チャーシューはかなり細かい上に薄っぺらくて、これはあまり存在感なかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★★☆☆☆☆(6)
激辛の範疇に入る辛さのスープは、辛さの奥に感じる甘さがクセになる味わいで、平打ち太麺との相性も良かったです。また、野菜が効果的に使用されており、激辛商品ながらタンメンらしさもしっかりあり、優秀な一杯でした。今回ローソンの限定商品ですが、セブンの人気商品である蒙古タンメン中本に十分対抗できる商品なのではないかと思います。中本の辛さアップ版である「北極」と比べてしまうと、さすがに辛さが北極の方がだいぶ上になってしまいますが、野菜の多さ、スープの完成度ではこちらトナリが勝っているように感じました。素晴らしい商品なので、これは中本と同じように継続して販売してもらいたいですね。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加