カロリーと脂質が少ない今回の沖縄そば

今回のカップ麺は、日清食品の「日清麺職人 沖縄そば」。「日清麺職人」シリーズの新作です。前回紹介した「函館」との同時発売です。「函館」は完全新作でしたが、こちら沖縄そばは昨年にも発売されていました。各社、6月7月あたりに沖縄そばの新商品が活性化するようで、これから暑くなる季節柄、沖縄の南国イメージと相性が良いのでしょうか。夏バテで胃が弱っている時に食べるラーメンとしては、沖縄そばはサッパリしていて油分も少なく、胃に優しいとも言えるでしょう。実際に今回の商品はカロリーが237kcalしかなく、スープに至ってはなんと9kcal!こんな低カロリーのスープ記憶にありません。脂質も1.6gしかなく、この商品は別に健康志向を謳っていないですが、カロリーと塩分だけ見ればかなりヘルシーです。塩分は普通のカップ麺並に入っていますけどね。



商品概要

品名:日清麺職人 沖縄そば
メーカー:日清食品
発売日:2017年6月12日(月)
麺種別:ノンフライ麺
かやく・スープ:3袋(粉末スープ・かやく・紅生姜)
定価:税別180円
取得価格:税込159円(イオン)

栄養成分表

1食71g(めん60g)あたり
エネルギー:237kcal(めん・かやく228kcal スープ9kcal)
たん白質:7.3g
脂質:1.6g
炭水化物:48.4g
ナトリウム:2.5g(めん・かやく0.8g スープ1.7g)
ビタミンB1:0.22mg
ビタミンB2:0.25mg
カルシウム:123mg



かつおだしが一本通ったあっさりスープ

スープは「かつおの香りと豚のうまみをきかせた、あっさりとしただしが特徴のスープ」とのこと。かつおの風味が前面に出たスープです。豚はかなり控えめ、油分もほぼ感じず、とても優しい味わいです。優しい味ではあるけれど、かつお以外がかなり弱いため、かつおも本来ならそれほど強くないんですが、雑味がない分かつおの味がしっかり一本通った形に仕上がっています。極度にあっさりサッパリしているので、普段ラーメンとかカップ麺を食べ慣れていると物足りない向きもあるかもしれませんが、それはこの商品がというよりは沖縄そばのスープ全般に言えることなんじゃないかと思います。その分、ラーメンに入っているソーキがこってりしていたりはするのですが、この商品は残念ながらソーキは入っていませんね。

小麦感のある平打ち麺

麺は「沖縄そばを再現した、手もみ風の白色平打ち太麺」とのこと。太めの平打ちノンフライ麺です。加水が多めで弾力が強いです。そして強力な小麦感!ノンフライ麺なので油揚げ麺臭みたいなものはありませんが、麺自体の味がとても強いです。そしてこれかなりおいしい。他の麺職人シリーズ同様、今回の沖縄そばもあっさりスープに比して麺の存在感が強い構成ですが、180円の商品にしてこれだけ麺の味で満足できるというのは貴重かなと思います。小麦の風味が豊かで、他の麺職人シリーズのしなやかさと粘り気のある麺とはまた全く違う魅力がありました。恐るべし麺職人。

紅しょうがが別添なのは入れるか入れないかの判断が自分でできるので良い

具は「紅しょうが、チャーシュー、たまご、ネギ」とのこと。紅しょうがが別袋で入っていて、入れるか入れないかが食べる人に委ねられているのは良いですね。それ以外はたまごがそれなりに量が入っていました。スープに甘みがないので、たまごの甘さは良いアクセントになっていました。チャーシューは廉価品ではお馴染みのあまり肉感のないもので、ネギも少量でした。紅しょうが以外は麺職人のいつもの水準のあまり充実していない具といったところでしょうか。今回普通のチャーシューが入っているだけでしたが、ソーキっぽい味付けの肉ならもっと良かったのかなと思います。細切れ肉でも甘い味付けの肉だったら、甘みのないスープとの相性が良かったんじゃないかと感じました。この価格帯の商品に多くを望めないのは承知なんですけどね。

オススメ度(標準は3です)

★★★★☆☆☆☆☆☆(4)
小麦感たっぷりの麺はなかなかおいしかったです。かなりあっさりしたスープは麺の脇役に回っている印象でしたが、麺がおいしいので悪くないです。全体的に甘みが足りず少し単調な味という感じもしましたが、これからの暑くなったり湿気が増したりする時期に向けて、サラッと食べられる味なのはこれはこれで良いんじゃないかと思いました。塩分以外はかなりヘルシーな構成というのも、気軽に食べられる一つの要素となるでしょうか。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加