博多一双はとんこつ臭の強さとクリーミーな味が特徴の新進気鋭のラーメン店

今回のカップ麺は、サンヨー食品の「サッポロ一番 博多一双 濃厚豚骨ラーメン」。ローソン限定商品です。ローソン限定商品なんですが、このブログを書いている時点ではローソンHPにこの商品の紹介ページはなく、博多一双のフェイスブックでこの商品がローソン限定であることを知りました。なのでローソン限定は確かです。店前から漂う強いとんこつ臭と、濃厚クリーミーなスープが特徴のこのお店、博多ラーメンの新進気鋭の有名店です。実は私オサーン、今月下旬に福岡・長崎に出張の予定なんですが、とんこつ臭のするラーメンが大好きなので、このお店はぜひ行ってみたいと思っておりました。そんな折にこの商品に巡り会い、ちょっと運命めいたものを(勝手に)感じております。お店に行く前の予行演習的に食べられるのはとても良かったと思っています。どんな味なのでしょうか楽しみです。



商品概要

品名:サッポロ一番 博多一双 濃厚豚骨ラーメン
メーカー:サンヨー食品
発売日:九州:2017年5月30日(火) 全国:6月6日(火)
麺種別:油揚げ麺
かやく・スープ:1袋(仕上げの小袋)
定価:不明
取得価格:税込216円(ローソン)

栄養成分表

1食100g(めん70g)あたり
エネルギー:457kcal(めん・かやく352kcal スープ105kcal)
たん白質:10.6g
脂質:21.0g
炭水化物:56.3g
ナトリウム:2.8g(めん・かやく1.0g スープ1.8g)
ビタミンB1:0.33mg
ビタミンB2:0.59mg
カルシウム:470mg



重厚かつマイルドなとんこつスープ

スープは「じっくりと炊き上げた、濃厚でクリーミーな味わいの豚骨スープ」とのこと。かすかに感じられるとんこつ臭と豚脂の風味に、濃厚クリーミーな味わいが特徴のスープです。牛乳入っているんじゃないかと思わせる、重厚でマイルドな味です。お店のスープは泡立っていて「豚骨カプチーノ」と呼ばれているそうですが、さすがにカップ麺でそのスープの泡立つ見た目は再現できていないものの、お店の味のクリーミーさは十分に伝わってくるスープでした。とんこつ臭と豚脂の風味もきちんと感じられたものの、実際のお店は結構ものすごいとんこつ臭で知られており、とんこつ臭とマイルドな味のギャップを楽しめることが魅力のひとつのようなので、とんこつ臭の再現はもっと頑張って欲しかったですね。でもとんこつ臭はネガティブ要素ととられることも多いので、敢えてやらなかったのかもしれませんね。いずれにせよ、分厚いクリーミーさを前面に出すことにより、オリジナリティあるスープに仕上がっていました。タテ型としてはかなりおいしいとんこつスープではないでしょうか。

博多ラーメンの麺とは違う、少しだけ太くてやらわかみのある麺

麺は中細の油揚げ麺で、ストレートに近い形状です。確か以前サンヨー食品はもっと細い油揚げ麺を作っていた気がしますが、今回は博多ラーメンらしい細さとまではいかないものの、それなりにきちんと細い麺です。実際のお店の麺は少し平打ちで加水が多めの麺で、一般的な博多ラーメンの麺の極細麺とは違うようなので、この麺は結構いい線いっている再現性の高い麺なんだと思います。食感はバリカタ的なものではなく、サッポロ一番製品の麺のように少しやわらかさがあります。このあたりも、しなやかな麺を供するというお店のこだわりなのかもしれないですね。それでも普通に細いので油揚げ麺臭はそれほど目立たず、スープの味を邪魔していませんでした。

キクラゲたくさんはうれしい

具は味付豚肉、キクラゲ、ねぎ。豚肉はよくタテ型カップ麺に入っているハムみたいな食感のやつ。この表現このブログでは結構よく使っていますが、よくよく考えてみると皆様に果たして伝わっているのかどうかw キクラゲはたくさん入っていて、硬めの食感がとても心地よかったです。キクラゲがたくさん入っていてくれるのはうれしい。しょうゆラーメンのメンマと同じポジションな感じしませんかね。ネギもとんこつスープと相性の良い具なので、もうちょっと入ってて欲しかったです。

オススメ度(標準は3です)

★★★★★☆☆☆☆☆(5)
お店のような強いとんこつ臭とはいきませんでしたが、それでもそこそこ感じられるとんこつ臭や豚脂の風味に加え、「カプチーノ豚骨」と呼ばれる強いクリーミーな味わいがあり、オリジナリティのあるスープでした。タテ型とんこつラーメンとしてはなかなかのレベルにある商品だと思います。いつも言っている気がしますが、願わくばどんぶり型ノンフライ麺でもぜひとも出してもらいたいところです。

スポンサーリンク

 カテゴリ
ブログランキング
  • このエントリーをはてなブックマークに追加